進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

インドネシアで2000ルピア札発行

2009年7月だそうです。
ルピア

(以下某サイトの紹介文を引用)
デザインといえば、現1万ルピア以上の紙幣と統一された感じの表裏のデザインと、
全体的には、カリマンタンのイメージを出しているらしく、スカシ(水印)の中にも、
カリマンタンの国民的英雄と言われるアンタサリの肖像が写し出される模様。
裏

裏面はカリマンタンのダヤック族の伝統舞踊が描かれています。。
偽造防止も進化させ、紫外線での反応をしめすロゴも導入し、
障害者用の肌触りで認識できる凹凸コードも見られ、地味ながらも久しぶりの新札である。
(引用終わり)

物知りのマスターでも「カリマンタンの国民的英雄」は知らなかった。失礼。
そもそもカリマンタンと言われても「ドコダッケ。ひょっとしたら『セレベス』と言われた所?。」
↑間違いです。「ボルネオ」だそうです。

で、日本円換算ですがこれが約18円!(間違いではありません。)
日本にも戦後まもなく5円や10円の紙幣がありましたが、
そんな感覚でしょうかね。
ちなみに紙幣はこれ以下の額面だと千ルピアがあるそうですが、
「物価上昇のため」、「硬貨に変更、紙幣は回収中」だそうです。

二、三 インドネシア関係のブログを見ましたが、
例えばスーパーの駐車場の料金が2000ルビアだそうです。
そのほかミネラルウォーター、トイレットペーパー、小型ウェットティッシュ
ゆでとうもろこし それぞれ一個といったところが2000ルピアで買えるそうです。

物価の相関関係が日本とやや違うみたい。
ちなみにカップ麺は3000ルピア、新聞は値切って一万ルピア、
昼食(日本だと数百円程度のもの)も一万ルピアだそうです。

「『英雄さん』に睨まれているようで怖い。」とか
「おつり、2000ルピアですけれどいいですか。(日本と同じ!)」と店で言われた
といった反応が現地邦人のブログに書かれています。

常夏の国で水買う2000ルピア

スポンサーサイト

PageTop

金券屋ははたして安全か

勤務先近くの金券屋で、ビール券10枚を現金と交換。
ビール券を数えるとすぐに現金を渡された。
身分証明関係書の提示を求められる事はなし。
ちょっと!これでは盗品もすぐに交換されてしまうのでは。
現金を扱っているのだから、もう少し慎重にして欲しい。
現金は勿論新札でした。




PageTop

歯科医院で

短期間ですが、歯の治療をしました。
大きなお札を使用。
お釣が千円札で四枚。なんと、これが皆旧札。
ようやく新札に慣れたとおもったのに残念です。
交換スピードが明らかに遅いです。




PageTop

両替機が・・・(画像復旧)

飲み会の幹事をしました。支払いは1万円札でしましたので、
参加者が払った千円札が新旧取り混ぜて10枚ほど手元に残りました。
早速いつもの両替機で2000円札に両替。
と思うと、「ガタガタ・・」と音がして「係員が来ますのでお待ちください。」とディスプレイに表示。
だが、「係員」はさっぱりこない
付設の受話器を取り上げてようやく来訪。
ATMコーナーの裏側をしばらくごそごそとして、
「すいませんが窓口で交換を。」とのこと。
時間が無いので交換はあきらめる。
やはり「新旧取り混ぜ・逆両替」はダメだったのか。
なお、写真の両替機は関係ありません。

両替機

PageTop

新札の流通度(画像不要につき削除)

久しぶりの更新です。
マッタリ進行しましょう。
さて、新札ですが、意外と切り替えが進んでいないようですね。
20年くらい前は確か、一月で財布の中から、伊藤博文
聖徳太子が消え去った記憶があります。
当時、入社して間もない私は、同期会を開催した時、
会計担当をしたのですが、本社の人たちは、皆新札を出したのに
研究所(23区だが外れの方にある)の人は皆旧札を出したのを
鮮明に覚えています。
そんな事を考えていたら、日経新聞にも同様の記事がでていました。
理由は①自販機対応が進まず、新札を嫌がる人が多い。
②クレジットカード、給与振込みの普及で現金の
 使用機会が少なくなった。
ことをあげています。
①は理解できますが、②はどうでしょうか、当時それなりの
会社ならば、すでに給与振込みは当たり前だと思いますが、
中小企業の場合はやはり違っていたのでしょうか。
クレジットカードだって、入社まもなく、学生時代の友人で
金融関係に勤めた複数のひとから、早速勧められて作りました。
でも、大きな買い物以外は昔も今も大概現金を利用しています。
銀行のATMでも、昼休みや給料日には、皆列を作っている事
20年前と同じ。
むしろ、そのATMで相変わらず旧札を吐き続けているのが
問題と思います。2000円札同様、新札のみの払い出し
にすればよいです。

閑話休題。近所に「大和の湯」というスーパー銭湯のような
ものがあります。ここは本格的なサウナや各種風呂がついて
650円という安さなので、しばしば利用させてもらっています。

ここの入場券販売機ははっきりと2000円対応になっています
が、付属の食堂の券売機には明記されていません。
ためしに2000円札を使用したところ、ちゃんと使用できました。
一安心。

PageTop

珍しい(画像復旧)

新札も発行されましたが、
みなさん。入手されましたでしょうか。
私も、3種類とも一旦入手しました。
もっとも、すぐに財布をすり抜けること脱兎の如しです。
さて、すぐにわかるのが新五千円札。色合いが全く違います。
でも、女性に青白い色合いは似合わない。
あれでは「四谷怪談」の「お岩」さんです。
「お岩」さんの方がコブがあるので、製作者
は肖像にすぐにメリハリがついて作りやすかった
でしょうに。

で、早くもマスターはインフルエンザに罹患しました。
39度近い発熱。病院にふらふらになりながら出かけました。
そこでの会計で、2000円札を出すと。
「あら、珍しいですね。」といわれる。

画像は、そういうわけで「四谷怪談」モノを探しました。合掌。
お岩


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。