進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

長野電鉄で(画像復旧。追記)

さて、避難小屋を出てしばらく歩くと,見覚えのある風景にでる。
どうもこの辺で前回は引き返したらしい。足元はずいぶん前に刈り取られた笹株が連続している。
この笹株に行く手をさえぎられたものと推測。
赤石山手前の登山道脇には以前水芭蕉が花を咲かせていたのだが今回は見当たらず。残念。
かってはなかった中右衛門新道を下る。以前は大沼池にヘッドランプの灯りを頼りに降り、
そこのバンガローの管理人のばあ様に頼み込んで、泊めてもらった。今は営業してないらしい。
帰りの駄賃に志賀高原池巡りをする。
バスにのり、長野電鉄湯田中駅に到着。
学生時代と変わらぬたたずまいに驚くやらあきれるやら。
さて、ここの自動券売機、写真では判らないと思いますが、やはり「2000円札お断り。」
他の高額紙幣はOKなので、一悶着は起こさなかったが、
やはりJRのように券売機を切り替えて欲しい。

自販機


AUTHOR: ○まるたま。○
DATE: 08/04/2004 10:46:04
おじゃまします。私も2000円好きで、ココを見つけたとき思わずブクマいただきました。
が、他のBlogも含め、ほとんど巡回なるものをしない質なので、ここに来たのも3~4回目くらいですぅ。
この前、2000円札を使ったお店で、応対してくれたバイトの方が「おっ。久しぶりに見ました、2000円札♪」とおっしゃったので、
「あまりどなたも使われませんよねー。ここでは、2000円でおつり出されることってあるんですか?」
と、いい機会だと思って尋ねてみたところ、
「いいえ。ありませんね。即入金です。」と困ったように でもきっぱり教えてくれました。
コンビニだったか覚えてないんで残念ですが、
こんな系列では「使ってはいけないわっ。でも、負けないっo(*・-・*)o゛」と
なんだか熱意が湧いた出来事でした。おしまい。

以下拙コメント
[○まるたま。○] さん。コメント有難うございます。
私も[○まるたま。○] さんのブログをブックマークさせて
頂きました。次に2000円札を使用した感想も挙げてくださいね。


(2009年8月19日追記)
折角ブックマークした「まるたま」さんですが、前ブログのメンテに呆れて
まもなく引っ越されてしまいました。過去記事は前ブログに残してありました。)

スポンサーサイト

PageTop

20数年ぶりの野反湖ルートへの挑戦(画像復旧)

三連休を利用して、野反湖~志賀高原のハイキングに出かける。
学生時代、志賀高原で開かれたゼミ合宿の帰り、一人で野反湖へ抜けようとしたが、
道中笹薮がひどく、結局引き返した無念のコースである。

 今回は、時間の都合もあり、逆コースをとる。
長野原草津口駅から、JRバス野反湖行きに乗る。
野反湖の入り口である「野反峠」で下車。
1200円くらいだったが、小銭がなく、2000円をだす。
やはり、バスの両替機は2000円を使えず、仕方なく運転手が
自分の財布の1000円札二枚と「両替」してくれて、バスを降りる。

バスの両替機も2000円対応になれば、関連業界の需要が
喚起されるのに、不便な事である。

写真は野反峠から写した野反湖です。人造湖とはとても思えぬ
雰囲気で、しかも湖畔にはクルマで入れるのに、
施設は山小屋とキャンプ場だけ、マスターのお勧めの避暑地です。
(寒すぎる時もありますが)

nozoriko.jpg

その日は志賀高原に向かう道中の避難小屋に一泊。寒い。
イメージはその小屋の外観です。
扉は壊れているのではなく、押し込み式。
内部は土間、と腐って寝転べない蚕棚形式。
片隅にゴミが散乱。その写真もあるが、さすがに公開をはばかれるので、アップしません。
勿論、もっと綺麗に整備されている無人小屋は沢山あります。
同様に、ここ以下のも。
この小屋には「大高山避難小屋」という名前がついています。

nozoriko2.jpg

PageTop

何やってるのよ!(画像復旧、追記あり)

勤務先で2000円を集金する事になった。(コーヒー代のカンパです。
昼下がりに近くのドトールやスタバから、しばしばコーヒーを取り寄せています。)
その時来た当部の女子社員に、2000円札を渡した所、
「何で、こんな札持っているのよ!」と問い詰められた。
わざわざ両替している旨を話すと「そんな人迷惑な事をするな!」と御立腹の様子。
「犯罪をしているのじゃないのに。」とつぶやくと、
「人を混乱させて立派な犯罪よ!」と言われる。
やれやれ、「日暮れて道遠し」ですな。

さて写真は私の好きな佐藤藍子嬢です。最近は司会者ばかりで
「女優」のほうは同じ事務所の「東大出」に負けています。
藍子様にはこれからも芸道に精進して欲しい。「男遊びも芸の肥やし。」
と言い切るように’成長’すれば、「ご立派!」なのですが。
aiko

(2009年8月17日追記)
2000円札と佐藤藍子嬢の関連性がよくわからない記事です。
申しわけありません。

つづきを表示

PageTop

藁がなくなった(画像重複につき削除)

5月に秋田に出かけたときに拾った「なまはげの藁」、
その後財布に入れていましたが、最近紛失してしまいました。
前にも触れたように、「藁を持っているとお金が貯まる。」そうなので、
その逆になってしまうのではと、心配しています。

PageTop

電気店で

近くの電気店に、特別仕様の延長コードを依頼。
出来上がったので、引き取りに出向く。値段は「2000円で
結構です。」というので、2000円札を出すと、
「お!これは珍しい。」と喜んでくれた。
大袈裟だが、心が通い合いました。



つづきを表示

PageTop