進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

11月の努力目標(再設定)

小学校時代。教室の掲示板に必ず書いてありました。
マスターもぐうたら生活を脱却すべく堂々と皆様に宣言します。
先月の目標は何とか達成いたしました。有難うございます。
今月は、先月の目標に加えて、

 「二千(2000)円札」に言及しているブログに積極的に
 積極的にTB、コメントを掛けて少しでも2000円札への
 理解者を増やす。(すでに10月中旬から実施中)


を目標と致します。

以上、もし破った場合は皆様からのリクエストに答えた罰を
甘受致します。

文字の拡大方法についてはyaikujiさんから丁寧なフォント拡大方法を教わりました。
一応90%にあげてみました。いかがでしょうか。
なお、OSを「XP」に切り替えたところ、マスターのPCでは文字がまた小さく
なりました。前OSでも文字サイズは同じ「小」設定と記憶していますが
皆さんのPCではどういう状態で表示されているでしょうか。
もし、「また小さくなった」と感じられたらご一報願います。
すぐにプログラムを開いて訂正します。

なお、このブログの趣旨に合わないと判断した、コメント・トラックバックは削除いたします。
ご了承願います。
 それでは



2011年2月22日
分類が移行時にスリップしたようなので再設定しました。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

部下運のない上司

マスターの職場で、急にカネを集める事態が起こりました。
とりあえず、一人3000円。もちろんマスターは、二千円札一枚と
千円札一枚を提出しましたが。集金係が「ヤダー。その札やめてよー!」

途方にくれていると、あの二千円札嫌いのマスターの上司(過去記事参照)が
「マスター君。その二千円札両替するよ。」と声を掛けてくれました。
このブログの存在は,以前から勤務先の人にも話しているので、
上司はもはや「二千円札」に関しては「あきらめの境地」になってしまった
のでしょう。本当に申し訳がありません。
「ご恩は仕事でお返しいたします。」と言い切れればよいのですが・・・。

身にしみゆ思わぬ人から情け受け



つづきを表示

PageTop

こんな映画を観た 「灯台守の恋」(画像差し替え)

オフ会のあった土曜日、マスターは午前中に都心に所用がありました。
千葉のはずれに住んでいますので、一度都心まで出かけると帰るのが面倒です。
オフ会も夜から都心で行われます。

こういうときマスターは、時間の都合がつけば、
まったく予備知識の無い映画を観ることにしています。
この映画、日比谷の映画館の前のポスターで初めて知りました。
時間的にも都合がよく、気がつけば受付で2000円札を差し出していました。
結果から見れば、佳作でした。みて損はありません。
灯台とそれにまつわる人間模様は絵になるので、
日本でも「喜びも悲しみも幾歳月」のような名画があります。
しかし、これは「日曜の午後、安楽椅子に揺られながら、自分の本当の父親は
誰だろうと考えるのが趣味。」と他国人にからかわれる「おフランス」の映画です。
このジョークはこの映画でも有効です。
話も、映像もお定まりですが、捨てがたい魅力に満ちています。
ひょっとしたらジャポンの「純愛ブーム」が無かったら
公開されなかったかもしれません。
それでは。

灯台守の恋 [DVD]灯台守の恋 [DVD]
(2007/07/27)
サンドリーヌ・ボネールフィリップ・トレトン

商品詳細を見る

PageTop

オフ会で念願成就(再設定)

タイトルから艶っぽい話を想像された方ごめんなさい。
何のことはない。徹夜カラオケを初体験です。
同じ興味がある人たちなので、二次会、三次会と進みました。
三次会は始発電車待ちのため、カラオケルームに10人くらいなだれ込みました。
皆さん、解放感を感じたのか、夜明けまで歌声が絶えませんでした。
マスターも数曲歌わせてもらいましたが皆さんも歌が上手だし、いろいろな
歌をご存知で為になりました。
かくして、マスターのプロフィールは成就されました。
プロフィールの書き直しをしないといけませんね。それでは。





つづきを表示

PageTop

オフ会に初参加しました(カテゴリ復旧)

マスターがちょくちょく出入りしているサイトのオフ会が開かれることになり、
参加させていただきました。
オフ会そのものも初めてですので、はじめは緊張しましたが、
酒の酔いも廻り、皆さんと有意義なひと時をすごせました。
幹事・参加者の皆さん、ありがとうございました。
とりあえずハンドルネームで呼び合うわけですが、
同じことに興味があるもの同士なので、
すぐに共通の話題を見つけることができました。
この雰囲気、何かに似ていると思いをめぐらしました。
そうですね。マスターの趣味の山登りで、山小屋で一緒になった人たちと
夕食・飲み会を兼ねながら山の話を語らうのとよく似ています。
これからも、こういう催しには積極的に参加してみたいです。




つづきを表示

PageTop

2000円札が郵便局で両替できた

給料日ということで、公共料金や会費などの支払いをしました。
郵便局でも振込みをする、年賀状を買うといった作業がありました。
さすがに高額紙幣を使うのが明らかなので、二千円には両替せず高額紙幣
を引き出してそのまま使用。
結果、千円札が8枚も手元に残りました。
郵便局で振込みのとき、おそるおそる「この千円札を二千円に両替してくれません
か。」と尋ねたところ、意外にもすぐに両替してくれました。
郵便局も窓口に余裕があるときは言ってみるものです。

新しき札を抱えて師走待つ


PageTop

震災時徒歩帰宅演習 日本橋から千葉市まで 六歩目 最終回(画像復旧)

いよいよ船橋市街に突入します。
14号線を忠実に歩くため、駅のかなり南側を歩きます。
船橋橋を渡ります。
FI2106621_0E.jpg

さらに、国道を歩きます。相変わらず歩道は狭く、しかも自転車に脅かされながらの歩行です。
マスターが子供のころ、自転車は車道だけ走るのを認められていましたが、
事故が多発して、歩道走行が認められました。でも歩道が狭いところまで
認めている現状は問題です。歩行者が危機にさらされています。
FI2106621_1E.jpg

閑話休題。
ここは京成の谷津駅です。いつもは電車から見ますが、地上から見るのは初めて
です。ああ、そろそろ電車に乗りたい。

千葉街道もこの辺までくると、道路は狭いですが周辺に余裕ができます。
古くからの広い中庭を持つ農家が点在するようになります。
この辺までくれば、延焼の恐れも無く一安心でしょう。
農家の中庭や団地の庭・小公園で休めます。
FI2106621_2E.jpg
マスターもそんな小公園で休みました。
近くの自販機からスポーツドリンクを買い、一気飲みをしました。
時刻は13時を廻っています。もうすぐ千葉市に入ります。
結局マスター宅に到着したのは15時近くでした。
のべ、8時間近くでしょうか。水さえ補給できれば、精神が緊張
しているのか食事は不要だと思います。

結局、頭を防護する物(ヘルメット・頭巾・帽子)をかぶり、財布を忘れなければ十分。
いわゆる「防災セット」は不要です。身軽さが命を守ります。
すぐに帰宅するのではなく、ラジオなどの情報を元に、帰宅ルートの被災状況
を頭に入れて、なるべく夜間行動は避けながら、帰宅するのがベストです。
通信が出来ないかも知れないので、家族とは被災時の集合場所、
共同連絡場所を事前に決めておいたほうがよいでしょう。
なお、ラジオはクルマに必ず付いています。
停車中のクルマに頼んで聞かせてもらいましょう。
マスターの登山の経験から言えますが、非常時には皆意外と親切なものです。

最近、首都圏は小さな地震が頻発しています。大地震の前触れでなければ
と思います。それでは。

地震(なえ)備え歩く道端木の実落つ

PageTop

東原亜希 三たび -只ほど高いものはないのでは-

マスターが某駅前をあるいていると、このカードが渡されました。
東原さんは過去記事を読めばお分かりのように、マスターには気になる存在です。
スクラッチして「当り」が出たら、アイクにこのカードを持っていけば
クオカードが貰えるそうです。

でも、それだけで済むのかなー。

「地獄への道は善意で敷き詰められている。」という俚諺を思い出しました。


悴める乙女の手から空ろ紙



PageTop

昔馴染みの店での二千円札

本日、マスターは以前すんでいた市川市の飲み屋に立ち寄りました。
支払いで2000円札を支払うと、ママさんが「あら、マスターさん
相変わらずねー。」と微笑んでくれました。
2000円札はこのように相手に自分を覚えてもらう有力なツールと
なります。
セールス関係の皆さんはぜひ、利用してください。


PageTop

またコメントが消えた

どうなっているんだ。このブログ!
コメントを書いてもサーバーエラーで消えている。
いい加減モルモット扱いはやめて欲しい。


PageTop

2000円はめずらしくありません

本日、駅の近くの中華料理屋で使用。レジでおかみさんが「あら珍しい。」と
言ってくれました。日本から「珍しい。」という声がなくなるまで、マスターは
使用し続けます。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。