進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

朝日岳~ジャンクションピーク~大烏帽子山~檜倉山~檜倉乗越 追記あり

この山域は、夏冬問わずルートがはっきりしない熟達者向けです。
決してハイキング気分で入山しないでください。


4月30日
朝日岳山頂より、朝日を拝む。
FI2622077_1E.jpg

天候は今日も持ちそうだ。風は強い。
昨日は雨具でしのげたが
今日は上下ともにヤッケを着込んで出発。

早朝で、雪が締まっており
(昨夜は氷点下に下がり、テントに霜が着き
山頂の水溜りは完全に氷結していた。)
ジャンクションピークまでは夏場並みの
快速で到達。

ここで、群馬側の風景ともお別れ。清水峠側をみる。
FI2622077_2E.jpg


イメージは、これから歩く巻機山への長大な縦走路。
またもや白と青と黒の世界。
FI2622077_3E.jpg


9時30分ごろ。
あれほど強かった風がぴたりと止み、気温が高くなり始める。
顔が日焼けをしているのが自分でも良くわかる。

大烏帽子山へのコル(鞍部)で一休みしていると
山スキーで大烏帽子山から颯爽と下りてきた単独行者と出会う。
今日中に土合まで下山。明日は仕事ということだ。

この厳しい難路(ジャンクションピークの道標による)
を山スキーで滑落もせず通過するとは上には上がいる。

平原上の檜倉山を越える。
池糖群は露出している。まだ14時なので先を急ぐ。

その後、道迷い、踏み抜き、積雪が割れて危険なために
露出している藪コギをしたためか
時間が大幅にかかり、
16時。柄沢山手前の檜倉乗越付近にて
本日の行動を終了。テントを張る。

とても日のあるうちに柄沢山を越す気力は
なくなってしまった。休息をとらねば。
天候は相変わらずよい。
イメージはテントから利根側の山々を望む。
FI2622077_4E.jpg


画像スペースが一枚余ったので
檜倉山の頂上部分の画像を追加します。

FI2622077_5E.jpg

奥に見える池は夏は貴重な水場にもなります。
現在は氷結しています。
周囲は平地が開けていて、幕営適地と思われます。

紺碧の一日(ひとひ)を雪と闘えり

スポンサーサイト

PageTop

土合駅~白毛門~笠ガ岳~朝日岳(画像復旧)

注意。このコースはこの時期、積雪期の経験・装備がなければ
入山しないでください。


4月29日9時ごろ
長い直登を終えて、「松ノ木の頭」に到着
そろそろアイゼン・ピッケルを出します。
イメージはそこからみた白毛門頂上稜線。
白毛

ここまで、土合駅前に建ててある携帯アンテナ
がカバーしているようだ。


やがて、紺碧の空の下樹林帯を終え、いよいよ雪と氷の世界に踏み込む。
夏道は雪に埋まり、雪の上を歩くことになる。
もうすぐ頂上だが、ダイレクトに登るので結構キツイ。
FI2622073_2E.jpg

白毛門頂上着。10時40分頃。
清水峠から谷川岳稜線をバックに記念撮影。
ほとんどの登山者はここでUターン。
FI2622073_3E.jpg

マスター一人、地図・磁石・わずかに残る踏み跡を頼りに朝日岳へ縦走を始める。

何回も積雪を踏み抜きながら14時過ぎ
笠ガ岳に到着。雲は多くなってきたが相変わらずの好天。
直下の避難小屋は例年なら「雪に埋まっている」そうだが、
今年は、ごらんの通りむき出しになっている。
内部はこの手の小屋としてはきれいに保たれている。
FI2622073_4E.jpg

前回登山時(1988年7月)は無かったが、
その後青山学院大学のハイキングクラブ員が
遭難死したのを受けて、1990年に作られたようである。
小屋正面左側のプレートに由来が書いてあった。

「踏み抜き」に悩まされながら、17時にようやく朝日岳山頂着。
山頂周辺は、雪が吹き飛ばされている。
本来ならば、夏場は池糖群のある平原にテントを張るべきだが、
まだ足元が怪しく、風も吹いてきたので、
山頂にテントを張り一夜の夢を結ぶこととする。
FI2622073_5E.jpg

見渡せば白と黒の世界春の宵

PageTop

高崎駅~土合駅(画像復旧)

連休前半は登山に充てることとした。
白毛門~朝日岳~檜倉山~巻機山という
難コースである。

弁当

上野駅から普通列車で出発。
高崎駅で弁当を買う。店員は「二千円札とは珍しい。」とおお喜び。
構内のコンビニ最悪。
買い物籠を伝票入れ、整理籠に使い客を無視。告発します。

やがて列車は土合駅に到着。
かっては多くのヤマヤが降り立ったものだが、
今では数パーティーのみ。
地下駅からの長いトンネル階段を歩き始める。
256段目にあるベンチ。
FI2622071_2E.jpg

かってはここに目をやるだけで
先輩から「休むな!」と罵声が飛んだものだ。


夜の土合駅。
一晩中明かりをつけているので寝つらい。
マスターはテントを駅前に張り就寝。

FI2622071_3E.jpg


29日朝の土合駅。
本日の第一目標は、左上部に雪嶺をたたえている
白毛門(しらがもん)に遅くても11頃までに到着することだ。
5時半出発。
FI2622071_4E.jpg



やがて木立の中から谷川岳東壁の峻烈な表情が見えてくる。
FI2622071_5E.jpg

これでも今年は雪が少ないのだから大変だ。
天気は快晴。このまま下山までこの天候が続いてほしいと願う。
(続く)

岩と雪碧空に映え谷川岳



2010年5月22日追記
この山行記事へのアクセスがありましたので全記事復旧の予定です。

つづきを表示

PageTop

四月の努力目標

皆さんお元気にお過ごしのことと思われます。
4月となりました。
今月のイメージは「忘れな草」です。
マスターの母がこの歌が好きで、
菅原洋一盤を聞いていました。
今回は倍賞千恵子さんの歌でお楽しみください。
一曲目の「朧月夜」もこの季節にふさわしいです。

今月もマスターは2000円札の広報マンとして活躍します。
皆様、どんどんこのブログの存在を知らない人達にもお声をかけて
2000円札活性化のお手伝いをお願いします。
おかげさまで当ブログもアクセス数が増え続け
延べアクセス数が13万件を超えました。
お立ち寄りいただいた皆様に、改めて感謝いたします。




今月の目標

? 「2000円札」「二千円札」「2千円札」「弐千円札」に言及しているブログに
 積極的にTB、コメントを掛けて、少しでも2000円札への理解者を増やす。 
 
 これは、ポータルサイトのサーチエンジンを利用しています。
 更新順にチェックをしています。当然チェック漏れ・二重マークも
 発生しますが、ご容赦ください。
 「がんばってください」という、手ごたえのある書き込みを
 してくださる方が多く、励みになります。
なお、コメント・TBを不快に感じた方は、当方に無断で削除してかまいません。 

?2000円札に好意的な反応、マスター同様積極使用されている皆さんの
 ブログは、積極的にブックマーク・リンクを張らせていただきます。 

 同好の士を少しでも紹介することにより、2000円札への理解がより
 深まるものと考えています。また、「アンチ派」の皆様には、「怖いものみたさ」
 の欲求を満足させることでしょう。
 2000円札フリークの方は「ブックマーク」「リンク」欄も必ずチェックしてください。
※ なお、「ドブログ」以外のブログの方は、もしご自身のブログに
 私のコメントに対するレスを書き込んだ場合、
 マスターのところへ、見てくれるようにご一報願います。
 2000円札の入手方法については、こちらをクリックしてください。


?記事の内容に関係なくても、最後は自作の俳句で締めます。  
 (例外記事もあります。ご了承ください) 
 最近、句会に投句していません。選句発表は休止します。


なお、このブログの趣旨に合わないと判断したコメント・トラックバックは
無断で削除いたします。迷惑系、広告・宣伝系(アフリエイト)
の事です。ご了承願います。




マスターが在籍していた仙台育英会五城寮の先輩である、

浅野史郎さん のサイト
をご覧ください。


浅野氏の支援団体「みんなの力」のサイトもご覧ください。
浅野氏の肉声が聞けます。

浅野史郎氏が学生時代をすごした大井町を訪問しました。
動画部分をご覧ください。



浅野氏の事実上の出身地であり
12年間の県政をこなしてきた宮城県。その地元紙、
「河北新報」が12年間の浅野県政の過去記事
と「宮城から見た都知事選」の記事をまとめています。
ご覧ください。


「フロンティア精神を持て」との訓示入寮式


つづきを表示

PageTop

Doblog編集部の隠蔽体質について

[関連したBlog]

4月に入ってから英文迷惑トラックバックがつくようになった。
数日前には「アクセスカウンター」が止まったままになっていた。

いずれも、現時点では解消されているようである。
しかし、「結果オーライ」ならばすべて善しで良いのだろうか。

迷惑トラックバックも、カウンターストップも、マスターを
初めとしたユーザーが「スタッフブログ」「開発者日記」にて指摘している。
以前は、特に「開発者日記」の場合は、ある程度時期を置いて
(おそらく一時的か根本的な問題なのかを見極めてから)
トラブル状況について確認し、その対応策についても報告していた。
それでも、エンドユーザー相手にしては不満が残るレベルであった。

しかし、今回はどうだろう。
返事ひとつせず、黙って修理する。
こういうのを「隠蔽体質」という。

原発の事故を、「大事には至らなかった」として報告を怠たり、
黙って修理したのと同じことである。

多くの企業が「法的遵守」「CSR」を叫んでいる。
試みに、トラブルがマスコミ沙汰になった企業のサイトを訪ねるが良い。
ほとんどのトラブル企業が「法的遵守」「CSR」を唱えている。
本来ならば有り得ないはずなのに、トラブルは起こった。

NTT DATAもその轍を踏む日が来て、
この「実験ブログ」などこっそり「吹っ飛ばされる」のでは。

丁度「隠蔽体質企業」で、まじめに問題に取り組もうとしたりする人たちが
間違いなく「吹っ飛ばされる」か「辞表提出に追い込まれる」ように。

散る桜無念の想いで見る人も


PageTop

1982年3月に見た映画「ネオ・ファンタジア」「天井桟敷の人々」

「ネオ・ファンタジア」
一部に熱狂的ファンを持つアニメのようだが、
やはり「元祖」は越えられなかったというのが
マスターの見解。
「ボレロ」は面白かったが(細かいことは忘れた)
イメージの子猫の物語などまったく記憶にない。



「天井桟敷の人々」
「これがわからないのは映画好きではない。」
という評価が「定説」だそうだが、
マスターにとっては退屈な二時間だった。

蓮實先生もお勧めだったはず。

「教養主義」が崩壊してよくなったことを
ひとつだけあげれば
「わからない」芸術を「わからない。」と
はっきり言えることが出来るようになったことだ。

(1982年3月15日 文芸坐)

春嵐吹けよわが身はたじろがず


PageTop

郵便局で弐千円札のつり銭がよくでる理由

2000円札サーチをしていると
よく「郵便局での支払いのおつりが2000円札だった。」
という記述を見ます。
そこで、マスターは多忙な皆さんに代わって、
郵政公社に理由をメールで尋ねて見ました。

忘れた頃に返事が返ってきました。
危ないところで「迷惑メール」と思って
削除するところでした。

以下、返事を公開します。(プライバシー部分改変)



PageTop

「占い・診断」サイトに異議あり!

いつの間にかネット上で一定の地位を占めている「占い・診断サイト」。
大方は「お遊び」だが、
果たして、皆さんはサイトの言うがまま
「氏名、性別、居住地、年齢、職業、生年月日・各種履歴」といった
個人情報を「まじめに」入力していますか。


もし、そうだったらすぐに個人情報の入力は、お止めなさい。

もしかしたら、悪意ある誰かが、「占い・診断」を隠れ蓑に
個人情報を取得しているのかも知れません。

そうでなくても「このようなサイトにアクセスする人」を分析するための
データとして利用しているのかも知れません。

個人情報についてはっきりとした取り扱いを表示していないサイト。
確実な連絡先の書いていないサイトで
個人情報を書き込むのは止めましょう。


同時に、これらの「占いサイト」を無邪気に紹介することも止めましょう。
それは赤の他人に不幸をばら撒く行為かもしれません。

「実害がない」という個人情報漏洩に敏感なユーザー・マスコミは
多々あるのに、これら「占い・診断サイト」が野放しで
そこそこの「ファン」がいるのは理解できません。


今日もまたストーブつける異常なり



PageTop

蓮實先生の「映画表現論」のレポートの採点結果(再設定)

三月の初旬、まだ春休みだというのに、キャンパスが一日だけ
大賑わいを見せる日がある。
試験成績の発表日である。
場合によっては留年(当時は年次毎ではなかったので
5年生になることは、進学・就職がフイになる。)もあるので
普段大学に顔を見せない人でもやってくる。

さて、「映画表現論」のレポートだが、
なんと「A」をいただいた。
どう考えても、拙レポートは立派なものではないので
多分、生年に製作または公開された映画の題名を
書いたことによる出席点だと今でも思う。


友人が前年の講義で「C」を喰らったのは、
この手の「出席点」を書き忘れたか、
「黒澤を百科事典で調べて書いた。」のがバレたからだろう。

先生だってプロである。自分で考えた文章か、
引き写しかは判断できるであろう。

実はこの「A」。それから半年後に意外なところで役に立つ。
それは、またしばらくしたら話します。

風船もどこか悲しき曇り空






2011年7月12日追記
「蓮實 レポート」でのアクセスが確認されたので、
該当記事を復旧します。

PageTop

【再設定】電車内ケータイ男にマスターの忠告パンチ!

金曜夜の京成本線。
マスターが座っている二、三席向こうで、
電車が停車中にケータイで話し始めた若者を発見。
停車中は大目にみていたが、
発車後もダラダラ彼女(?)と話しているので、
「ケータイで話すのはヤメロ。」と忠告。
男はその瞬間「今電車の中だから電話を切る。」といって
おとなしく「忠告」に従った。

むしろ驚いたのは、周囲の目。
ケータイ男よりマスターに注がれている。

当たり前のことを言ったのが注視され、
当たり前でないことをやっていたのは誰も見ない。


これが日本だ。私の国だ。

京成パンダには「ケータイマナーキャンペーン」をしてもらいたい。

曇り空暗き瞳で梅若忌
2012年11月16日追記
「京成パンダ」のアクセスがあり関連記事の復旧をしています。
実はこの当時とマスターの通勤路線は少しかわりました。
そうしたらこのような不作法者を見かけることはめっきり少なくなりました。
残念ながら「どこの線路沿線はどうだ」式の民度判別法は
ある程度あたっているのでしょう。

つづきを表示

PageTop

16日からの英文迷惑トラックバックの未対応について

[関連したBlog]

これまでも、一日一件程度、英文スパムトラックバックがつきました。
しかし、今週からは頻度が上がっています。
もはやユーザーはこの大家の怠慢ぶりになれてしまったのか
大家への書き込みもほとんどありません。恐ろしいことです。

マスターはこの状況が改善されるまで、定期的にこの問題を記事にします。
一週間も対応策はおろか記事ひとつ書かないこの大家は
「日本有数のシステムインテグレーダ」と自称する資格はありません。

PageTop