進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

4月の努力目標

[関連したBlog]
皆さんお元気にお過ごしのことと思われます。
4月となりました。

イメージは木蓮です。
大家さんは、久しぶりにまた
カネを稼ぐためにいろいろ始めました。
勿論マスターはオフにしました。
人の音楽嗜好を覗く悪趣味は持ち合わせていません。
そんなことをするより、
携帯からの閲覧・編集を始める(再開する)方が
スポンサーは付くと思います。

今月もマスターは2000円札の広報マンとして活躍します。
皆様、どんどんこのブログの存在を知らない人達にもお声をかけて
2000円札活性化のお手伝いをお願いします。

おかげさまで当ブログもアクセス数が増え続け
延べアクセス数が25万件を超えました。
お立ち寄りいただいた皆様に、改めて感謝いたします。


今月の目標

ここしばらく、マスターは多忙です。そういうわけで
「二千円札サーチ」は中止させていただきます。申し訳ありません。
代わりに二千円札に関する情報をお持ちの方、積極的にコメント・
トラックバックをお願いいたします。
お礼に、特に断りがなければ、Doblogユーザなら、ブックマークを
他のブログ・サイトの方はリンクをさせていただきます。
よろしくお願いいたします。 


なお、記事の内容に関係なくても、最後は自作の俳句で締めます。 
 (例外記事もあります。ご了承ください) 
 最近、句会に投句していません。選句発表は休止します。

コメント・TBを不快に感じた方は、当方に無断で削除してかまいません。
それから、 このブログの趣旨に合わないと判断したコメント・トラックバックは
無断で削除いたします。迷惑系、広告・宣伝系(アフィリエイト)
の事です。ご了承願います。


メールは1212tokudaraka(半角アットマーク)mail.goo.ne.jpへお願いします。
(メール非表示にしたら迷惑メールは減りました。)


木蓮の香り捨てがたく早歩き



つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

ディズニー・シーに遊ぶ3 追記あり

[関連したBlog]
5月連休突入だが、しばらくはディズニー話に
お付き合いのほどを。
さて「太陽神」の「祭り」も盛り上がり、
全ての山車船に太陽が輝く。
キャストたちも太陽の付いた竿を高々と持ち上げる。
「神(キリスト教)の国」伝来の「祭り」にしては
異教神の最たる「太陽神信仰」を持ち上げるのは
なんとも意外な感に打たれる。
白人たちが滅ぼしたアメリカ原住民たちや・ケルト人
・東アジアの信仰が太陽神であったことに
想いをはせる。




こういうシーンを見ているうちに
マスターは
日中国交回復直後、
日本でも公演され、NHKテレビで
放映された
革命的現代京劇「白毛女」の
ラストシーンで歌われる。

♪太陽は共産党!
太陽は毛沢東!♪


というおぞましい歌詞をつい
思い出しました。

当時中学生だったマスターでも
「社会主義」と「太陽」「毛沢東」
のつながりがどうにも納得いかなかったのです。

35年前日生劇場を埋め尽くした観客の
どれくらいが「本当」にあの「京劇」を楽しんだのでしょうか。

黄河」というピアノ曲も当時喧伝されました。
FMで放送されたのを録音。
その後聞きましたが10分ぐらいで
飽きてしまいました。



文革終了直後、小澤征爾が訪中したとき
このピアニストは現れなく「黄河」も演奏
されなかったそうです。
小沢氏は「『黄河』は音楽的に問題が
ありかねがね疑問を持っていた。」と
その時語っていました。

父親の関係でこのレコードを持っている友人がいました。
当時訪中の土産物の定番だったそうです。
「このピアニスト。粛清されたそうだよ。」と語っていました。
今回慌ててネットで調べると、その後曲と共に復活して
欧州でも「黄河」を録音しているそうです。

ディズニーのショーから、白昼夢的に
文革の思い出を振り返っていると


「太陽神ショー」も大詰めを迎えていました。

偽つ陽に常に憧る無辜の民



つづきを表示

PageTop

ディズニー・シーに遊ぶ2

[関連したBlog]
さて、「イタリアもどき」から「ブロードウェイ」まで
20世紀初頭風の電車で結ばれている。
早速乗車。車窓からは港をあしらった
エリアが見える。期待が持てそうだ。



水上ティーカップのような乗り物が見える。
「あの程度なら心臓に悪くないだろう。」
ということで、乗ることにする。
待ち時間15分ほどで乗車。
傍目には不規則な動きをしているが
ちゃんと水中にレールが敷かれているので
安心である。それでも乳児連れは「乗車拒否」。



電車の終着駅は20世紀初頭の
マンハッタンの中心部を再現したもの。
高架鉄道(1950年代に撤去)
走ってはいないが路面電車の軌道。
どこか野暮ったい建物・倉庫。
壁や柱に張られているビラまで再現されて
こちらは見ごたえがある。
建物の中は土産物屋や喫茶店となっており
意外と空いている。
喫茶店は世間並みの値段。
「ディズニーでの飲み食いは高い。」
という噂を打破するためか。



そうこうしているうちに
人工湖周辺が騒がしくなってくる。
駆けつけるとショーが始まっていた。
山車船が湖面を滑り、ミッキーを
はじめとするおなじみのキャラクターたちが
愛想を振りまく。

なにやら太陽を呼び出すショーのようだ
ミュージカルカル風に仕立ててあり
歌詞は英語、後で日本語で歌われる。



ビートルズの「Here comes the sun
をアップテンポにした曲に合わせて
船の上に太陽が現れる。
キャストのお兄さんも
英詞を大声で歌いながら熱演。
お兄さんはこのショーの歌を
英詞を含めて全て暗誦しているようだ。
これは、一見たいしたことのないように
思われるが、「異次元の楽しみ」という
観点からは大切なことである。
ディズニーは大衆社会での
人の楽しませ方を心得ている。
(続く)


つづきを表示

PageTop

ディズニー・シーに遊ぶ1

生まれて初めてディズニー・リゾートへ出かける。
TDLが出来たのはマスター就職のときだが
特に興味はないので、行く事はなかった。
介護の連続でさすがに気分転換を図るため、
夫婦で出かける。
連れ合いはTDSは未体験ということで、
TDSに出かける。
JR舞浜駅を降りた瞬間から
「非日常性の世界」が広がる。
まずは、エリア一周のモノレールに乗車。
駅も欧風で随所に遊び心がある。




車内の窓も、吊り輪もミッキーのシルエット。
この後、半日ミッキーに付き合わされる。
ミッキーファンにはたまらないだろうが、
ファンでない人には食傷気味となる。
(マスター夫妻はドナルドのほうが好きである。)



リゾートの3/4を廻った地点で下車。
途中の車窓から見える駐車場はがら空きだった。
最近は一時よりは入園客が少ないそうである。
「込んでいるので嫌だ。いきたくない。」という皆様は
そろそろ「行き時」かもしれない。



入園口は行列もなく通過。
「混むぞー。」と四半世紀脅かされたので
拍子抜けする。
入園するとようやく「行列」。
地球儀とミッキー・ミニーをバックにした記念撮影。
家族連れには良いだろう。


中心部の人工湖に到着。
その前に、土産物屋(この時点ではがら空き)と
「イタリアの裏町」を冷やかす。
「イタリアの裏町」は張りぼてで
こんなのを見るのなら
金を少しため格安航空券で実際に
イタリアに出かけたほうが良いでしょう。

この人工湖で数十分後にショーが行われるそうで
そのため場所取りの人が待っている。
でも園内は空いており、ベストアングルを
狙うつもりはないので、ここもスルー。
他の施設の見物へ向かう。

朝寝終ゆ窓の彼方にカラス舞う




つづきを表示

PageTop

長野に五星紅旗翻り「義勇軍行進曲」が響き渡る(画像復旧・追記)

FI2622440_1E.jpg

予想通りの展開です。
武器など用いなくても、
中国は他国を占領できるのです。
中国国歌「義勇軍行進曲」を
お聞かせすることが出来ないのが残念です。

冷戦時代、アメリカでは「ソ連に占領されたら・・」
という映画・ドラマが多数作られましたが
日本は「遠慮」しました。

事実はこうなりました。


「日中友好」を謳いあげてきたNHK。
その「総仕上げ」の映像に
さぞかしご満悦でしょう。


FI2622440_2E.jpg

♪キライ!キライ!キライ!♪
(国歌を歌っただけです。)

柳舞う今ぞ人民立ち上がる
(革命的現代俳句)


2010年2月9日追記
この「予想」もまたあたり始めています。我ながら怖い。

PageTop

五星紅旗が長野を覆いつくす日

昨日のニュース画像を見た人には
北京政府に寛容な立場の人でも
素朴な恐怖感を覚えた人も多いでしょう。

一度は劣勢に陥った漢民族が
「人海戦術」で敵を無力化する。
朝鮮半島で米国兵が
恐怖にうろたえた戦法です。

中国政府はフランスで学びました。

そしてあの人口が首都圏より少ない
オーストラリアで翻った地を覆いつくす五星紅旗。
「白豪主義」で育った中年以上の
オーストラリア人にはどう映ったでしょう。

畳数畳もある五星紅旗が長野を多い尽くすとき
多くの日本人は「日中国交回復後の35年間は
何だったのだろうか。」と思い、
静かな方法でその意志を確実に現しはじめるでしょう。

すでに、連休中の格安中国ツアーの広告が
新聞をにぎわせています。
この予兆に北京政府は気づくべきです。

春光に熱さを彩る赤き旗


つづきを表示

PageTop

マスター痴漢に遭う!

難しい記事が続きそうなので、ナンパ系を一席。

この時期になると思い出す。
大学入学のために上京。
入った郷土出身者のための学生寮。
そこで[ある先輩]に「一見。オカマっぽいなー。」と言われた。

その後、通学時にすぐに「洗礼」を受ける。
9時からの講義に間に合うために、通勤客で一杯の山手線に品川から乗り込む。
大崎の大急カーブで、
マスターの股間に人の手の感覚がした。
「このすし詰めでは、手先も動かせないでいるのだろう。」と解釈したマスター。
放置しておいた。(勿論股間は「変化」なし。)
五反田に着き少しは人が降り、多少身動きが出来る。
だが、相変わらず股間を手が触っている・・・。
「手」の主を見ると、中年の一見労務者風のオッサンが微笑んでいる。
さすがに全てを悟ったマスターは、次の目黒駅で慌てて下車。
別車両に乗り換えようとする。

すると、オッサンも後を追ってくるのではないか、
慌てて駆け出すマスター。オッサンも追いかける。


映画のワンシーンのように、マスターが電車に飛び込むと同時に
ドアが閉まり、オッサンはホームに取り残された。
それでもオッサンは未練がましく微笑んでいる。

やはり「痴漢」は気持ちが悪い。
男性諸氏。迷惑行為はやめましょう。

イメージは
「オカマ」と呼ばれたころのマスター。
(学生寮主催の合コン会場で)

いきなりの椿事に驚くサクランボ


PageTop

【再設定】滝野川信用金庫サブプライム損失で希望退職者募集


(25日7ページ東京14版)
希望退職者は50名。同信用金庫の役職員数692名の7%。

皆さんの勤め先の役職員数に当てはめてください。
例えば2,000名ならば140名の退職者です。これは大きいです。
しかも関連記事をご覧になればわかるように、
役員主導で慣れぬことに手をつけて大火傷を負ったのです。
こういうときに犠牲になるのは下積みの仕事を愚痴を言わずに
続けていた人たちです。
本来ならば役員総退陣ばかりでなく、損失補填をステークホルダーたちが
求めてもおかしくはありません。


一時大企業への就職や転職が減り、「起業」がもてはやされました。
しかし、今年の新卒者は「一社懸命」への回帰が
調査で明らかになっています。

「勝ち組」になるのは僅かだけ。
「負け」ると諸外国に比べ労働力市場が成熟していない日本では
再挑戦は言うほどた易くはないことは、新卒者は親や先輩から
聞いているはずです。

この信金にも、
「ニコポン」で辞表を書かせる「名人事課長」が誕生するのでしょうね。

終電の音高く聞こえ春の宵




2013年9月22日追記
アクセスが確認され再設定しました。
すでに古い話でもあり、SNSへの再アップは控えさせていただきます。

つづきを表示

PageTop

ウィーンの中華料理店チンタオ(画像復旧)

さて、ウィーン話で思い出した。
ウィーンには2泊したと思う。
いずれも西駅近くのドーミトリー形式の安宿に連泊。
二日目の夜は米の食事が恋しくなり、
「青島」と漢字表記がある駅のそばの中華料理店へ。
入り口近くは現地人向けの居酒屋になっていて
そちらにマスターは行こうとしたが、店員に抑えられて奥へ。
酔客の「ニーハオ!」という声が今も耳に残る。

奥はシックな灰色のカーテンで覆われた高級レストラン。
他の客は品のよさそうな現地人の中年カップルが一組だけ。

春巻、チャーハン・スープとビール。味は悪くない。
(その時の旅行日記より)
それしか頼めない自分が恥ずかしくなった。
値段はそんなに高くはなかったように思う。

それから十年ほど経った夏の夜。
上京した父と当時住んでいた家で飲んでいたとき、
話の弾みで「チンタオ」の思い出を話した。
なんと父も「チンタオ」で食事をしたという。
「あの駅(西駅はドイツからの列車の終着駅)の近くの
中華屋はあそこしかないだろう。」(父の談)

親子の奇妙な縁に驚く。

この稿を書くに当たって、「ウィーン チンタオ」で検索。

店は健在で、場所と味の良さから、旅行者は勿論のこと
在留邦人にも人気のある店のようだ。
ご時勢柄、日本語版もあるサイトもちゃっかり開設している。
当時は日本語メニューはなかったと記憶している。
FI2622436_2E.jpg
イメージはブルグ劇場前のマスター。
(戦前公開の映画の舞台です。)
(1983年3月)

端居して奇縁に驚く父子あり

PageTop

イ・ミョンバク韓国大統領を「親日派」と呼んではいけない。(画像復旧)

20日夕、マスターがディズニー・シーからの帰宅途中に来日されました。
FI2622434_1E.jpg

当選以来、ビジネスマンの感覚を大胆に持ち込み
「実務優先」という政治のスタンスを
東アジアに知らしめた功績は大です。
ご訪問を歓迎いたします。

ところで21日朝の「みのもんたの朝ズバツ!」
パネルで「親日派」という紹介をしたが、これは
日韓両国のために悪い。(特にイ大統領に失礼。)
普通、朝鮮半島で「親日派」という場合は、
朝鮮王朝末期から日本統治時代にかけて
日本側に媚びへつらった連中を指します。

イ大統領はせいぜい「日帝時代」の大阪生まれ位が
日本との関わりであり、
「親日」は勿論、留学・駐在体験などの
「知日」でもないと思います。
勿論、ビジネスマンやソウル市長時代には
訪日や日本人との付き合いはあったでしょう。
その程度の「知日」では。

日本での韓国関係報道はすぐに韓国でも伝えられます。
「親日」呼ばわりすると韓国のイ大統領の敵対勢力が
何を言い出すか判りません。
つまらぬ政争は朝鮮王朝時代からの伝統です。

また、「親日」というコトバを安易に使用した
TBS報道局の朝鮮半島認識も問われます。

新しきシャツをおろすや風光る

PageTop

仕事場でウィーン

コンピュータを扱う人は古くから
「融通が利かない」「話づらい。」と言われています。
しかし、COBOL やFORTRANでプログラムを組めば
それでよしという古き時代は過ぎ去り、
いまやコンピュータ雑誌でも、セールスマン向け処世術の本並みの
「人付き合いの秘訣」モノが連載されています。

その手の記事に目を通していたところ、
「相手が何か聞いてきたら、それは相手が話したいことなのだから
逆に『あなたはその件についてどうなのですか。』と聞きなさい。」
というのがありました。

過日、他部署の人と話をしていたとき
相手が「マスターさん。連休は?」と突然振ってきました。
すかさずマスターは前述のことを思い出し。
「あなたこそ、どこかへ出かけるのですか。」と訪ねると、
「ええ、ドイツとウイーンに出かけます。」と予想通りの答えが
返ってきました。

相手の年齢を考慮して、
かってマスターが出かけたときの思い出話をして、
特に午後に陽が当たると黄金色に輝き始めるシェーンブルン宮殿や
クリムトの絵のコレクションで有名なベルウ゛エデーレ宮殿は
必ず見てくださいと「アドバイス」ができました。

これからの連休、皆さんが無事で過ごせますように。

もうすぐに皐月かと心はやり






つづきを表示

PageTop