進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

7月の努力目標

[関連したBlog]
皆さんお元気にお過ごしのことと思われます。
7月となりました。

イメージは大家さんが法人客に配っている
カレンダーの7、8月の絵柄です。

中国四川省の五彩池だそうです。
地震で被害はあったのでしょうか。

100万人のキャンドルナイトは七夕まで続きます。
マスター家では何とかやる予定です。




今月もマスターは2000円札の広報マンとして活躍します。
皆様、どんどんこのブログの存在を知らない人達にもお声をかけて
2000円札活性化のお手伝いをお願いします。

おかげさまで当ブログもアクセス数が増え続け
延べアクセス数が29万件を超えました。
お立ち寄りいただいた皆様に、改めて感謝いたします。


今月の目標

ここしばらく、マスターは多忙です。そういうわけで
「二千円札サーチ」は中止させていただきます。申し訳ありません。
代わりに二千円札に関する情報をお持ちの方、積極的にコメント・
トラックバックをお願いいたします。
お礼に、特に断りがなければ、Doblogユーザなら、ブックマークを
他のブログ・サイトの方はリンクをさせていただきます。
よろしくお願いいたします。 


なお、記事の内容に関係なくても、最後は自作の俳句で締めます。 
 (例外記事もあります。ご了承ください) 
 最近、句会に投句していません。選句発表は休止します。

コメント・TBを不快に感じた方は、当方に無断で削除してかまいません。
それから、 このブログの趣旨に合わないと判断したコメント・トラックバックは
無断で削除いたします。迷惑系、広告・宣伝系(アフィリエイト)
の事です。ご了承願います。


メールは1212tokudaraka(半角アットマーク)mail.goo.ne.jpへお願いします。
(メール非表示にしたら迷惑メールは減りました。)

ロウソクが照らす笹の葉七夕夜


つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

惻隠の情(追記あり)

前日の記事を書いていて思い出した事があります。

それはマスター入社時の研修の時、複数の社内講師が
「仕事が出来ない人は職場に必ずいる。
でも、そういう人をからかったり、馬鹿にすることは厳に慎んで欲しい。
仲間として優しく接するように。」
と述べたことです。

「仕事が出来ない」ことで、全人格を否定したりすると
「出来ない人」が影で行っている地味な仕事に手抜きが生じ、
企業の構造が崩れるのを恐れていたのでしょう。

勿論、当時も今も「からかう。馬鹿にする」手合いは社会のどこにもいます。
でも、その言葉はマスターの心に残って、
たとえ裏切られようとも今に至るまで実践しています。

さて、「グローバル化」の現在。
「仕事が出来ないのは『自己責任』。辞めてもらいたいのが本音。
年上だろうが、いじめて馬鹿にしてからかい、
辞表を提出させるように仕向けるのが君たちの仕事。」

なんて一席ぶっている先輩がいるかもしれません。

現在の社会状況を見ていると、苦しみに喘いでいる人をよそ目に
「他人を押しのけて稼げ。負けてしまえばオシマイ。」というのが
社訓・家訓となっている組織体が多いように思います。

どんどんと蒸し暑くなりこの国は

FI2622537_1E.jpg

2010年4月2日追記
この記事にも「惻隠」のキーワードからアクセスがありました。
なお研修の写真は、ネットで拾ってきた物でマスターの勤務先ではありません。

PageTop

秋葉原の献花台の食料・飲料を「盗む」人たち

[knifeさんのBlog]を読むまでこのニュースは知りませんでした。
マスターの見解は該当記事のコメントに書いてあります。

秋葉原はマスターの勤務先から近く、通勤路だったときもあります。
平日に出かけると、黄色いリヤカーに秋葉原から上野界隈の
商店から集めた段ボールを、
背丈以上に積み込んだホームレスの人たちをよく見かけます。
彼らはその段ボールを業者に引き渡して現金収入を得るのですが、
何かの雑誌に「平均一日500円程度」と書いてありました。
元祖「ワーキングプア」です。

彼らを悪人呼ばわりするテレビ局のディレクター達が、
六本木で飲む一杯の酒代にもならないでしょう。

ネット上の意見も殆ど同じです。
「そこまでやるのか」、「そういう行為を見てみぬふりをしてあげる
優しさがなくなったのは悲しい。」「マスコミは弱いものいじめでなく
巨悪を暴くべきだ。」といったところです。

もう一つ話題になったのは「お供え」のことです。
かってはお墓のお供えは「無縁さんに恨まれるから」という
理由で、持ち帰ったり、その場で食べたものです。
高温多湿で衛生に気をつけないといけない、慢性的な食糧不足
に悩まされていた日本人の智慧だったのでしょう。

ああいう場所に缶飲料などが置かれるようになったのは
比較的最近ではないでしょうか。
事故・事件が起こった場所に、関係者が故人の好きなもの
を捧げたシーンがテレビで流されるようになってからだと
マスターは推測します。
それが、直接無関係な人たちにも広がり、放置されてしまう。
かってと違い缶飲料・煙草・菓子類は
安価ですぐに入手できる時代です。

衛生上の観点からは、気持ちは花程度にしたほうがよいでしょう。
「ホームレスがかわいそうだ。」と思うのならば
炊き出しなどの救護団体はありますので、
そういうところに少額でよいから寄付をすればよいでしょう。

人心の荒れたる時よ蓮の花

つづきを表示

PageTop

アースノーマットで幼児が事故 注意喚起(再設定)

朝日新聞の30日の記事からです。

 昨年7~9月に乳児5人が電気蚊取り器の薬剤の吹き出し口に誤って指を入れ、
高温部に触れてやけどをしていたことが29日わかった。うち1人は重傷。
メーカーは問題の製品を自主回収しておらず、経済産業省は注意を呼びかけている。


ということです。
この記事は職場でも話題になりました。
問題になったのは記事の以下部分。

自主回収をしない理由について、
「普通に使えば問題はなく、器具の耐久年数は7~8年で、
既にほとんど買い替えられている」とコメントしている。

でも、職場にいた5名中、2名が「使用中」であることが判明。
「殆ど買い替えられている。」という根拠を出してほしい。

なお、希望者には交換に応じるべきと思います。
幼少時の傷は文字どうり「心の傷」としても残るからです。
もっとも、交換は希望者のみで、全面回収はしなくてもよいと思う。

こういうのは「規制」がどんどん厳しくなっていますね。
小売価格が安いものは、トラブル発覚→全面回収では
コストに合わなくなるでしょう。
「安全第一」ですが、
研究者のモチベーションが萎縮するおそれもあります。



正論と「大人の論理」に悩む夏

PageTop

壊れ行く日本

神戸、六甲山麓の都賀川で人が流れた話の映像を見た後、
一眠りすると、こんどは平塚で女性の通り魔事件が写っている。

そういえば、梅雨がシトシト型からスコール型と
南方形式に変化しているというエッセイを読んだ。
いわゆる「温暖化」には否定的なマスターだが、
地球の気候が変化する周期かも知れない。

通り魔の容疑者も職はパート。
都賀川で行方不明の男性も「アルバイト」。

かっては学生や主婦の「片手間」仕事が
いまや、「本業」として名乗らないといけない悲しい時代。

八王子の事件で「だれでもいいと言いながら、
実際は『選んで』いる。何でも社会のせいにするな。」
というコメンテーターに違和感を感じた。

そのコメントをあざ笑うかのように、
「弱い女性」が「駅ですぐに」犯行に及ぶ。

「精神的に弱い連中。」「幼い」ということで片付けては
絶対にいけない。

この先を思うと憂ゆ熱帯夜



PageTop

夏祭り

といっても、マスターの住む新開地では
アパート・マンションの自治会が主催する「祭り」が殆どです。

週末のよる、開け放した窓から聞こえる囃子やギターの音に
導かれて出かけました。


到着したときはサクソフォーンが
エレキギターの伴奏で、
Somewhere Over The Rainbow」を奏でていました。
聞けばこの団地出身のミュージシャンだそうです。



続いては、近隣市から来た
フラダンススクールの皆さんの
フラダンス。
七曲ほど踊ってくれました。

それから盆踊りが始まります。

曲はおなじみ
「東京音頭」「北海盆歌」など。

平和な夏の夜が更けていきます。

のんびりと踊りが流るる盂蘭盆会


PageTop

「写真集 岩手・宮城内陸地震」「七月十日は灰の町」(画像復旧・差替え・追記)

帰省の時、本屋を覗き込んだ。
河北新報出版センターから興味ある本が二点出ており購入。
一点目。
特別報道写真集「岩手・宮城内陸地震」特別報道写真集「岩手・宮城内陸地震」
(2008/07/01)
不明

商品詳細を見る

いわずと知れた先ごろの地震の写真集。
テレビ・中央紙でも見慣れた写真もあるが
この写真集で初めて見る写真も多く、
しかもそれらのほうが上手である。

例えばこの駒の湯温泉の写真。
FI2622532_2E.jpg

チェンソーを携え、交代のために引き上げる救出隊員達の写真は
構図も良く、現場の状況を文字よりも的確に伝えている。
「プロの写真屋」の底力を見せつけられる。


二点目「七月十日は灰の町」


七月十日は灰の町―仙台空襲と戦争中のこと七月十日は灰の町―仙台空襲と戦争中のこと
(2008/06/20)
石澤 友隆

商品詳細を見る


タイトルは仙台空襲の前に
米軍が散布したビラのコピーだそうだ。
このビラの通り、1945年7月10日未明
仙台市は焦土と化す。

と言っても「仙台空襲」物はすでに過去何冊も出ており、
この本では、空襲そのものよりも戦時下の仙台の風俗に焦点を当てている。

「防火訓練が行われている隣で、昼から
ビヤホールに並ぶ市民が大勢いるのは嘆かわしい。」

という当時の新聞記事から、
役に立つのか疑わしい訓練より、
(たぶん配給日なのだろう)今の一杯という
当時の仙台市民の様子が伺える。

ちなみにマスターの祖父は空襲の夜、
闇の飲み屋に出かけてそのまま行方不明。
無事が確認されたのは翌日である。
家族は無事だったが、家屋敷店構えは全焼。
焼け跡は熱く、数日入り込めなかったそうである。

マスターの母は、戦時中勤労動員で茅ヶ崎の計器工場で働いていた。
今回、この本で動員先の工場名が初めてわかった。
(当時東京計器製作所<現>トキメック茅ヶ崎工場。
現在は閉鎖され、跡地は「茅ヶ崎サティ」となっているようです。)
しかし、母はもはやこの本を読む気力が失われている。

諸人(もろびと)の営み失したり夏の夜


2010年6月13日追記
リンクを踏めばお判りでしょうが、「トキメック」は
再び「東京計器」に社名を戻しています。
母はこの記事の約一年後に亡くなりました。

PageTop

こんな映画を観た「ザ・レイプ」

当時脂が乗っていた東陽一監督作品。
顔見知りの自動車ディーラーに付け狙われて
強姦された女性の裁判記。

田中裕子演ずる女性の冷静さに驚きましたが
原作が落合恵子さんと知り納得。
ラストシーンが印象的でした。

先史時代ならいざ知らず。
異性は段取りを取って口説きましょう。
始めはうまくいかないのは他のコトと同じです。
「いきなり」は泥棒以上ですぞ。

テレビ上映時「『おしん』田中裕子が脱ぐ!」のコピーが
新聞のテレビ欄に踊り、
女性から抗議が殺到したそうですが当然です。

(1982年10月31日 文芸坐地下「水のないプール」と同時上映)

ザ・レイプ [DVD]ザ・レイプ [DVD]
(2008/11/01)
田中裕子

商品詳細を見る

つづきを表示

PageTop

卵が手土産だった時代

スーパーのパック入り卵しか見ていない世代に
「かって卵は手土産だったんだよ。」と話しても、異次元の話に聞こえるようだ。

街角の食料品店では卵が籠に入って売られていた。
勿論、エアコンなどない時代である。
たいがい一個単位で売り買いされていた。

しかし、他家に出かけるときの手土産となると話が違う。
10個ばかりの卵を買い、それを紙製の菓子折り箱に入れてもらう。
クッションは「プチプチ」などという便利なものはない。
黄色い米の殻部分で満たしていた。
箱の表には「御玉子」と印刷された紙がすでに張ってあった。
それだけ需要があったのだろう。

マスター家でも何回か手土産としてもらった。
箱のふたを開けると、黄色い米カラから白い玉子が覗いている。
なぜかうれしかった。

スーパーで10個まとめて玉子が売られる頃から
「手土産」としての位置から玉子は転落した。

年中エアコンが効いているスーパーで買う玉子はいつも新鮮で
街角の玉子専門店は姿を消し、八百屋で玉子を扱うことも少なくなった。

今は真夏でも「寒卵」が食べられる結構な時代。
でも、「手土産」で無くなったのはどこか寂しい。

プリプリと黄身の踊るや寒卵


PageTop

【再設定・追記あり】タクシーたまり場のゴミ清掃

勤務先周辺はバブル崩壊後夜になると
タクシーのたまり場になってしまいました。
バブル期は休日前や金曜夜はタクシーなど捕まらなかったのに。

さて、その「たまり場」。
出勤時に見ると舗道に空き缶やコンビニ弁当・調理パンの殻が
放置されていることが多いです。
都心でも皮肉にもバブル崩壊後、コンビニは増えて
殻や空き缶・ペットボトルは店の前にあるゴミ箱に捨てればよいのに
どういうわけか運転手さんたちは放置しています。

夏場は缶・弁当箱に残った液体・残飯が腐って異臭を放っています。
結局、拾ってゴミ箱に捨てるのは、見かねた出勤者や近隣住民です。

運転手さんも聞けば収入は低くて大変だそうですが、
サービス業なのですから、ゴミを放置しないように
公徳心を養っていただきたい。

東京タクシーセンターに伝えました。

三味の音が酷暑和らげ江戸の粋


2013年8月12日追記
アクセスが確認され再設定をしました。
タクシーセンターに連絡した数日後、
タクシーセンターの監督者と思える人たちが
タクシーのたまり場で運転手たちに指導をしているのを見かけました。
その後は、弁当のカラが散乱することはなくなりました。

PageTop

トイレ掃除 追記あり

介護帰省では必ずトイレ掃除をします。
生家には二ヶ所もあります。
母が倒れてから握り棒を着けました。

トイレは一見きれいに見えても
掃除を始めると汚れているのに気付きます。
一人暮らしには必須事項ですが、
一人暮らしの経験が無い人には
全くした事が無い人もかなりいると聞きます。
今までトイレ掃除を家族任せにしていた皆さんは
一度トライしてみたらいかがでしょうか。

他にも家の中のバリアフリーの工事を
始める予定です。



つづきを表示

PageTop