進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

6月の努力目標

お世話様です。

いよいよ旧居Doblogが閉鎖となりました。

長らく放置していた別宅を整理整頓して本宅とさせていただきます。
難民ゆえ荷物(過去記事)の整理がつきません。
拙ブログの性格上、画像がないと理解・納得できない記事が多いと思います。
おいおい画像の貼り付けを行いますが、「この記事の画像を見たい。」という方は
左記メールフォームか、該当記事にコメントをつけてマスターにご一報願います。
気付き次第画像を貼り付けます。

最近、更新が遅れています。追いつき次第フォームに手を入れます。
その後に過去記事の再チェックを更新と同時に行います。


今月もマスターは2000円札の広報マンとして活躍します。
皆様、どんどんこのブログの存在を知らない人達にもお声をかけて
2000円札活性化のお手伝いをお願いします。


今月の目標

マスターは100万人のキャンドルナイトを応援しています。
今回は6月20日(土)から7月7日(火)までです。
詳しくはリンク先を参照願います。
top_convert_20090602061029.jpg



ここしばらく、マスターは多忙です。そういうわけで
「二千円札サーチ」は中止させていただきます。申し訳ありません。
代わりに二千円札に関する情報をお持ちの方、積極的にコメント・
トラックバックをお願いいたします。
お礼に、特に断りがなければ、FC2ユーザなら、「ブロとも」を
他のブログ・サイトの方はリンクをさせていただきます。
よろしくお願いいたします。 

なお、記事の内容に関係なくても、最後は自作の俳句で締めます。 
 (例外記事もあります。ご了承ください) 
 最近、句会に投句していません。選句発表は休止します。

コメント・TBを不快に感じた方は、当方に無断で削除してかまいません。
逆に、 このブログの趣旨に合わないと判断したコメント・トラックバックは無断で削除いたします。
迷惑系、広告・宣伝(アフィリエイト)のみのサイトの事です。ご了承願います。

メールはサイドバー上のフォームからお願いします。

※なおブラウザがFirefoxだと拙ブログは画像が見られないようです。
 あまり好きでありませんが、IEを利用願います。

出勤の準備短くクールビズ


スポンサーサイト

PageTop

今月の2000円札両替

今月もいつもの第二地銀で両替。
近辺の都銀のATMは月末の昼休みとあっていつもより行列が長い。
第二地銀も待たされると思ったが、待ち人数は「0」。
今日は堀北嬢は隣のカウンター。
メーテル嬢がお相手。
「普通(使用済みの意味?)のお札でよろしいですか。」と尋ねられる。
勿論使用済み札に交換してもらう。
最近は2000円札の新札を出さなくなった。
使用済み札を使い切らせて、日銀に返却処分をさせて、在庫を減らす方針なのだろう。

ぐずついた空を見上げる水無月終ゆ

PageTop

田代島の猫たち

帰省中、新聞のテレビ欄をみて発見。鑑賞。
オトコ俳優二人が宮城県石巻市沖の田代島を訪ねる。
石巻港で乗船切符を買う時、「猫の島」であることを
告げられる。住民は100人ほどの限界集落なのに猫はそれ以上いるそうだ。

06200012.jpg
石巻から約40分というほど程の船旅。やがて田代島へ到着。

06200013.jpg
港では早速猫ちゃんのお出迎え。
きりっとした姿が印象的である。

06200017.jpg
もともと漁師町だったそうで、猫がいつの間にか魚目当てに繁殖したそうだ。
猫達に餌をあたえるほのぼのとした風景にレポーターも
視聴者も癒される。


06200018.jpg
06200019.jpg
島内には他に猫神社やこの島を愛した石の森章太郎さんのお声掛けで
漫画家たちの猫にちなんだイラストの展示館などがある。
仙台(ということは新幹線利用で東京でも)日帰りが出来るのだが、
ここまで来たら一泊して、民宿で魚料理を食べながら一献というのが良いだろう。

こちらの雑誌でも特集を組んでいます。
猫びより 2009年 07月号 [雑誌]猫びより 2009年 07月号 [雑誌]
(2009/06/12)
不明

商品詳細を見る


猫達の鳴き声止まず夏の島


田代島の案内サイト

PageTop

やはりファラ・フォーセット・メジャーズ

「メジャーズ」っ何?という人も居ますが、
マスターが彼女を知ったときには、そういう芸名でした。
言うまでもなく当時の夫のリー・メジャーズを立てるための名前でした。
離婚後、ライアン・オニールと懇ろになり子供まで設けていたとは知りませんでした。
しかも早還暦を過ぎていらっしゃったとは。
ガンとの闘いというか「共生」への試みはさぞかし大変だったと思われます。
ご冥福をお祈りします。

ところで勤務先の若手女子社員は彼女のことを何も知りませんでした。
「初代チャーリーズ・エンジェル」といってもピンと来ない様子。
彼女は1986年生まれですから致し方ない?
親子ほども違う年齢差で似たような仕事をしているマスターも問題?

積雪よ溶けてくれるな富士高嶺

地上最強の美女たち! チャーリーズ・エンジェル 1stシーズン傑作集 [DVD]地上最強の美女たち! チャーリーズ・エンジェル 1stシーズン傑作集 [DVD]
(2001/05/25)
ケイト・ジャクソンファラ・フォーセット・メジャーズ

商品詳細を見る

PageTop

近所のミーちゃんその後

近所のミーちゃんです。
しばらく歩けず「介護猫」状態でした。
また近所のオバサンが毎日刺身を持ってきて食べさせたせいか、回復をはじめ
いまでは少し歩けるようになりました。
庭から外にでると交通事故の危険があるので、柵を設けました。

老猫の歩みゆっくりと夏日さす

m-3.jpg

PageTop

仙台育英会五城寮の閉寮式

さて、マスター以外では、浅野史郎・本間俊太郎の宮城県知事経験者。
異才、岩井俊二らを輩出した旧伊達藩地域の上京学生のための寮。五城寮の
閉鎖式のビデオが見つかりました。
マスターの父が録画・保存していたようです。




1979年の様子です。こちらもよろしく。

1979年冬
Uploaded by 2000bills. - Discover more college videos.


PageTop

人形とケースを修理に出す

父に言われて、以前からある人形の修理に出かけた。
この手の物に父は無頓着(世間では育ちがわかるというのだろう)なので、
直射日光の当たる場所に長年置いていたため、赤色がすっかり退色している。
父は母が嫁入りしたときに一緒に持ってきたと思っていたようだが、
それは完全な記憶違いである。

事実は1970年代に父の取引先のひとからいただいた人形である。

由来はともかく、車に乗せ、父が探した電話帳に広告が載っていた人形店へ向かう。



出かけた人形店は「雛人形・五月人形専門」と名打っているからか、
シーズンオフのためか、展示品は閑散としている。
人形は、退色以外は特に傷・痛みはないそうである。
ガラスケースの建付けが甘くなっているので修理してくれるそうなので
その間店内を見回す。
06200010.jpg

1990年代から再評価された「仙台四郎」の人形も飾ってある。
他に、一枚2~3万円の退屈な風景画が多数飾ってあった。
06200011.jpg
小物棚に目を移すと、招き猫が展示即売されていた。
一番小さな、灰色の鉢巻に「子宝」と書かれた招き猫を買うことにする。
値札には780円と書いてあった。
06230001.jpg
ガラスケースの建付けの修理が終わった。
以前よりシッカリとして、持ち運びが楽になった。
「お代は無料。」ということなので、招き猫の代金だけで済む。
これも、小銭入れに777円しか入っていないのに気が付くと
「それで結構です。」というサービスぶり。

帰京してから連れ合いに「もっと大きな猫を買ってくれば良かった。」と言われる。

幾年の日差しに焼かれし傘人形

PageTop

納戸を開けると一升瓶に怪しいゲル状体が

タイトルの事態が発生。
父に聞くとハチミツだという。
かなりの古物と思ったが、
宗家の地元栗駒山麓で採取した物で、昨年母が倒れたときに
宗家で見舞いとして持ってきたものだという。

生家では殆ど使用しないので、ありがたくバーモント療法のために頂戴する。
ペットボトルに移し換えると900cc程だった。
国産モノのハチミツは250g程度で450円位するのをスーパーで確認。
つまり、千数百円の価値はある。介護のお礼代には丁度良いくらいだろう。
これで、ハチミツの心配はひとまずなくなった。

窓開ける湿り気飛び入る梅雨の入り



06200020.jpg

PageTop

こんな映画を観た「マッドマックス」

ご存知メル=ギブソンの出世作。
この手の映画はさほど興味の無いマスターだったが
そのスピード・アクションにはただ驚くばかり。
公開当時は典型的な「無国籍映画」扱いされていたが
今思うとやはりオーストラリアの風土だからこそ撮れた映画だろう。
DVDでみるより、映画館の大スクリーンが似合う映画。
二番館全滅の今日では、叶わぬ望みである。
(1983年1月22日 大塚名画座)

蒸し暑さ夜が更けても続きけり


マッドマックス [DVD]マッドマックス [DVD]
(2009/07/08)
メル・ギブソンジョアンヌ・サミュエル

商品詳細を見る

PageTop

小学校(母校)が建て直された

介護帰省の時、買い物に出かける。
徒歩数分の小学校の前を通ると「新校舎」が取り壊されている最中だった。
マスターが入学時は古い校舎は大正時代からあった木造校舎が、
入学直後から取り壊しが始まり、卒業時に全部鉄筋コンクリートつくりの
「新校舎」に変わった。同世代には同じ経験をされた方も多いだろう。
その「新校舎」が40年の時を経て「耐震構造に不適」との診断を受けて
全面取り壊しの憂き目となった。
右側に写る安アパートも同時期に立てられたが何とか健在なのをみると
感慨を覚える。

06210001.jpg

正面に回る。重機が八割がた校舎を壊し瓦礫の山となっている。
判りきったこととはいえ、なんとも空しい光景である。

06210002.jpg
西側には洒落ているが、小ぶりの「新校舎」がすでに建設されている。
少子化ゆえ、この程度の建物で良いのだろう。
06210003.jpg

これでマスターが通った学校で、通学当時のままの校舎を使用しているのは
大学だけになってしまった。

学び舎の変転驚く梅雨の朝



PageTop

ntt.pc.ne.jpの迷惑コメント

fc2に転がり込んでからタイトルのドメイン名のスパムコメントがつくようになった。
どうやらNTTの関連会社らしい。
早速ググって見ると、驚いたことが書いてあった。
スパムコメントへの対応だが意訳すると
「ウチは店子に場所を貸しているだけ、何をしているかまで関知しません。」
というふざけた物。 とにかくあきれ果て記事にもアップしなかった。
幸い、手作業で削除できる程度のスパム数だが、それでも腹が立つ。

今回ふと思い出して、久しぶりにNTTPCのサイトを訪ねた。
幸い対処してくれるようだ。当然だろう。
今までがふざけた個人ユーザー無視だったのだから。
NTTとつく会社はどこも似たようなものか。

雲多し「サムサノナツ」がまた来るか

PageTop