進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

六月の努力目標

相変わらずの天候不順ですが
皆様元気にお過ごしのことと思われます。
今月はキャンドルナイトがあります。
皆様ふるって参加願います。
キャンドル

前ブログ(Doblog)閉鎖にともない移転作業中です。
現在、一日新規一記事・補修一記事のペースで書き込んでいます。
fc2のアクセス解析機能を活用して、
移行後にアクセスが確認されたDoblog時代の記事をアトランダムに補修しています。
なお拙ブログの性格上、画像がないと理解・納得できない記事が多いと思います。
「この未補修記事の画像を見たい。」という方は左記メールフォームか、
該当記事にコメントをつけてマスターにご一報願います。
連絡に気付き次第画像を貼り付けます。

修復作業を進めていると、
記事が消失したままだったり
別に送られてきたはずの画像が見つからなかったり
という情けない状態が確認されます。

これが日本最古のIT企業の仕事だと思うと怒りに打ち震えます。
こんな会社にはクラウドなど依頼できません。



今月もマスターは2000円札の広報マンとして活躍します。
皆様、どんどんこのブログの存在を知らない人達にもお声をかけて
2000円札活性化のお手伝いをお願いします。
アクセスログで調べると各種サーチエンジンで「2000円札 入手方法」と検索すると、
拙ブログが上位に出てくることが多いようです。

そこから拙ブログを閲覧していただく皆様には、この場を借りてお礼申し上げます。


「二千円札サーチ」はGoogleのブログサーチ機能を利用して、
効果のありそうなブログに書き込みを致します。
勿論、二千円札に関する情報をお持ちの方は
積極的に拙ブログにコメント・トラックバックをお願いいたします。
お礼に、特に断りがなければリンクをさせていただきます。
よろしくお願いいたします。
 
なお、記事の内容に関係なくても、最後は自作の俳句で締めます。 
 (例外記事もあります。ご了承ください) 
 最近、句会に投句していません。選句発表は休止します。

コメント・TBを不快に感じた方は、当方に無断で削除してかまいません。
なお、迷惑系、広告・宣伝(アフィリエイト)のみと判断したサイトからの
コメント・トラックバックは無断で削除いたします。ご了承願います。

メールはサイドバー上のフォームからお願いします。

※なおブラウザがIE以外だと、拙ブログは画像が見られない場合があります。
  この記事ですと「キャンドルナイトのポスター」が見えるはずです。
 もし画像が見えなければIEを利用願います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

クールビズ今年は少し遅らせよう

スポンサーサイト

PageTop

朝鮮戦争の映画「アベンコ特殊空挺部隊」

朝鮮半島関係の本を読み、ネイティブの韓国人と接すると驚く事の一つに
「朝鮮戦争は内戦。韓国が負けても良かった。そうすれば経済的には遅れたが
ともあれ統一となる。またキム政権の世襲も続かなかったろう。」という
ことを当たり前に話す事です。要するにアメリカはおせっかい。
南北共に外国からの援助・介入に警戒的、攘夷的なのは、
そうしないと朝鮮民族としての独立は保たれなかったという地政学的理由によるものでしょう。

DVDのアクション映画的紹介(日本公開時はともかくソフト化されると
こういう捻じ曲がった紹介をされる映画が多いのは残念。)は脇に置いてみましょう。

時代は朝鮮戦争。
北側に潜入、破壊工作をする空挺部隊。
「アベンコ」という奇妙な名前は米韓の隊長の略称のコンビネーション。
実行隊員の選抜は米軍に握られています。
それらの任務は実行が難しく、生還はもっと難しい。

あるミッションで北の補給施設を爆破。
無事帰還したとき、隊長が
「北の補給担当将校は降格だろう。」と述べます。
次のシーンで画面は暗転。
北の将校が襟章を上官にむしり取られるシーンに飛びます。
この辺はウマイ。


アメリカのために部下を何度も「帰らざるミッション」に送り込んだ部隊長。
最後は米側の反対を押しのけ自ら敵地に夜間降下。
部隊長の結婚間もない妊娠している妻が好きだったベートーベンの「月光」が流れるなか
漆黒の空中に輸送機から落下傘が次々と降下する画面で
場内はすすり泣きで満たされます。

銃後の釜山のシーンで、出てくるバンドマンたちが
70年代そのままの長髪・エレキギターという時代考証無視は
まだ韓国映画が国際化する前の製作と言う事でご愛嬌。

韓流ブームのドサクサ(?)で、DVDが見られるのは嬉しい限りです。
(1993年春 三百人劇場「韓国映画の全貌」にて鑑賞)

叫びたしこの蒸し暑さの苦しみを



アベンコ特殊空挺部隊 奇襲大作戦 [DVD]アベンコ特殊空挺部隊 奇襲大作戦 [DVD]
(2004/09/03)
ビック・モローキム・スンイル

商品詳細を見る

PageTop

今月の二千円札両替

現在、両替作業は連れ合いにお願いしている。
連れ合いの方が白昼金融機関に出かけられるチャンスが多い。
そういうわけで、これからは給料日前後に両替をお願いする事にした。

で、今回。
連れ合いはわざわざ銀行に出かける前に、
電話をして両替が出来るかどうか確認をしたそうだ。
どうやら前回まで両替した田舎銀行で、二千円札への両替を珍奇な目で見られたり、
自動両替機で両替するように誘導されても、二千円札は両替できなかったり
するようで、かなりトラウマがついているようだ。

ダンナの主義主張に付き合わされて申し訳ないとは思う。
でも、これで銀行がいかに二千円札普及に不熱心である事が理解できた。


「ホタル族」隣は無煙暮らしだぞ

PageTop

日本新聞博物館に「朝鮮戦争写真展」を見に行く

韓国では「6・25(発音は韓国語の数字読みでユギオ)」と呼ばれる
朝鮮戦争開戦からはや60年。
それにあわせて日本新聞博物館では、米国の撮影による朝鮮戦争の写真展を行っている。
4月から行っており、「いつでも行ける」とたかをくくっていて
終了間際に駆け込むというおなじみパターン。
06260004.jpg
博物館は日本大通りに面したリニューアルしたビルに入っています。
このビル自体も見ものです。一階の日本大通りに面したカフェはオシャレです。
二階の博物館入り口にあるカフェも捨てがたい。
地下には「さくら水産」も入っていますが、横浜まできてなにも・・。

この日本大通り。現地の説明盤によると、外国人街と日本人街の境界だったそうです。
世が世で、幕末・明治初期の舵取りが下手だったら、
ここは上海のような租界になったわけで感慨を覚えます。

06260008.jpg
2階にエスカレーターで登り、入場券を買い改札に券を通し入場。
企画展は同じ2階で行っていました。

展示写真はほとんどが白黒。
戦争勃発から休戦までを順繰りに見せます。
かなりの写真はマスター初見でした。
多くの写真には、新聞・雑誌掲載用に
トリミング部分の指示を手書きのペンで加筆されているのが生々しい。
撮影不可でカタログも販売されて無い(これは残念!)ので
写真を紹介できませんが、
過酷な戦場でのショットでも、明らかに構図を考えながら
カメラのシャッターを切っており、プロの矜持がうかがえます。

保管されていた当時の新聞も張り出されていてこれも面白い。
開戦当初はほとんどの新聞が「北側の先制攻撃」を明記していたこと。
「日本人義勇兵」の動きがあったことなど、
その後の「歴史作り」のなかで消えていった事実が覗かれ、興味がつきません。
もっとも、日本も占領下の時代。うっかりした事は書けないのは
同博物館の常設展示をみればわかります。

観客の年齢層は、ざっと見たところと落書き帳を読むと、
当時10代だった人が多い。
文字通り「多感」な時代に起きた隣国の悲劇に心を痛めた人たちなのだろう。


この記事を書いている当日で終了ですが、ぜひともご覧になっていただきたい。

梅雨曇り歩みもいつか重々し



PageTop

参議院議員市川一朗氏ツイッターを始める

24日に公示される参院選で、宮城選挙区(改選数2)の立候補予定者が、
インターネットの「ブログ」や
簡易投稿サイト「ツイッター」を使ったアピールにも力を入れている。
(中略)
無所属現職の市川一朗氏(73)は、政策秘書がつぶやきを“代筆”。
大半は街頭演説の予定などで、本人も内容を毎回確認している。
(後略)
 
(2010年6月22日12時16分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2010/news1/20100622-OYT1T00371.htm

マスターも暮らした仙台育英会五城寮の大先輩で、現職の参院議員の
市川一朗氏が今回、改選となっています。(宮城地方区)

宮城県では定員2に対し民主が二人候補者を擁立。
自民も市川氏のほか公募で選ばれた新人も立候補。
他党も立候補しており混戦状態です。

以前はツイッターはおろか、ホームページも無かった市川氏。
世間の流れには逆らえないと言う事でしょうか。
マスターのアカウントにも畏れ多くも市川氏から先にフォローが入りました。
勿論、激励のコメントと共にフォロー返しをいたしました。
今は無き学生寮の先輩ですので善戦していただきたいです。

なおツイッターは極めて属人的なメディアです。
選挙の結果如何にかかわらず、選挙後は是非
市川氏ご自信でツイートされることを願います。
あのハマコー氏でも自分でツイートして「人気者」に
なっています。よろしくお願いします。


参照
市川氏のWEBサイト
市川氏のツイッター


鶯の声に目覚める土曜朝

PageTop

沖縄「旧海軍司令部壕」で二千円札使用者にはポストカードプレゼント

二千円札発行十周年キャンペーン
旧海軍司令部壕では、「二千円札発行十周年」キャンペーンとして、
拝観料や売店での商品購入に二千円札を使用した場合
沖縄の風景や名所のポストカード(5枚入)をプレゼントします。

紹介サイト

沖縄の戦跡の一つとして有名な、「旧海軍司令部壕」で上記の
キャンペーンを実行中です。

奇しくも司令官大田中将の命日(6月13日)から間もないこの時期に
この話を紹介できるのはありがたいことです。

いうまでもなく、沖縄の海軍(陸戦隊)は、決別電でも
沖縄県民の奮闘振りを紹介し、電報の最後を
「沖縄県民斯ク戦ヘリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」
で結んでいます。
陸軍側の電報にはこのような記述が無いことから、
後世、高く評価されています。

しかし戦後日本は、沖縄の米軍基地問題では「特別ノ御高配」という
決別電には答えていません。残念な事です。


爆音は未だ続けり沖縄忌



PageTop

特許庁技官逮捕 システム入札でNTTデータからの収賄容疑

すぐに消されるので全文引用。

特許庁の事務処理システムをめぐる汚職事件で、収賄容疑で逮捕された
特許庁先任審判官の志摩兆一郎容疑者(45)が、少なくとも10年ほど前には
贈賄側から飲食の接待を受けるなどしていたことが、関係者の話でわかった。
警視庁は両者の癒着の実態解明を進めている。

 志摩容疑者の逮捕容疑は2005年8月~09年11月、特許庁が推進していた
事務処理システムの効率化に関する情報を漏らすなどした謝礼として、
NTTデータ営業担当部長の沖良太郎容疑者(45)から
タクシー代二百数十万円分を受け取ったもの。

 関係者によると、沖容疑者は特許庁の営業を担当。1993年ごろ、
同庁のシステムの保守点検などで出入りする中で志摩容疑者と知り合った。
その後、志摩容疑者は遅くとも00年ごろには、
NTTデータ側から飲食店での接待を受け始めたとみられる。
当時、志摩容疑者は総務部でシステム開発を担当していた。

 関係者によると、飲食などの接待は繰り返し行われたという。
志摩容疑者は東京都内の飲食店から神奈川県小田原市の自宅まで、
沖容疑者が提供したタクシー券で帰宅することが多かった。
中には、1回で約5万円に上るタクシー代もあったという。

 志摩容疑者は、新システムの計画に関する内部情報を
沖容疑者に漏らしていたとされる。
情報は電子メールで送ったり、飲食店で伝えたりしていたという。

 警視庁捜査2課は23日午前、
東京都港区赤坂1丁目のビル内にあるNTTデータの事務所を家宅捜索した。
http://www.asahi.com/national/update/0623/TKY201006230227.html





ということでやりましたねえ。NTTデータさん。
金にならない一般消費者はモルモットにして切捨て。
得られた「知見」でカネずるユーザーには接待攻勢、入札情報不正入手。

勿論まだ「容疑」ですからこれからどうなるか判りません。

勿論NTTデータも「コンプライアンス」を唱えていて

法令や企業倫理などに逸脱する行為を早期に発見し、
リスクの発生を未然に防止するため、社員・協働者・お取引先など
NTTデータグループで働く全ての方から相談・申告を受ける内部通報制度
「ホイッスル・ライン」を2003年4月から設置・運用しています。

そうですので、その「ホイッスル・ライン」が作用したのでしょうね。
そうならば結構な事です。「捜査に協力する。」とコメントしていますね。
いやー。さすが日本最古のICT企業。
自らの膿を出さんという気概には感心します。

他のブログをのぞくと「逮捕日はNTTデータの株主総会終了直後。
警察と法務部門との摺り合わせがあったのだろう。」と書いてあります。
この辺の対応も日本的でありがたい。

ちなみにコンプライアンスは
「悪い事をした会社と取引をしてはだめ。」という
条項を設けている会社も多いです。

今後の捜査・起訴・裁判の進行状況においては
取引先の対応も、以前とは比較にならないほど厳しくなるでしょう。
但し、日本企業が本気でコンプライアンスを唱えているならばの話ですが。


自らを律する心朝涼し

PageTop

「2000円札応援祭り」概要発表される

本年も二千円札発行日に掛けて、応援祭りが開かれるようである。
沖縄在住の人、この時期に訪沖される方の積極的な参加を願うものである。
会場の「奥武山総合運動公園」とは東京の神宮外苑に相当する場所なのだろうか。
かなりのキャパシティがあるようだ。


出演
場所 奥武山総合運動公園 サブグラウンド(奥武山)
時間 開場:9:00
開演:10:00
料金 前売:
当日:無料
問合 祭り事務局 TEL:098-862-5446
内容 7/10~11開催。
歌やキャラクターや笑いで2000円札に親しみながら
ポイントを集めて賞品をゲットする祭り。
子供エイサー芸能・古武術・スポーツ大会・インディーズライブ・婦人会舞踊・
青年エイサー愛犬レースなど。


なお、おなじみ日銀那覇支店でも
7月21日まで記念イベントが行われています。
こちらも同様によろしくお願いします。

朝涼や鳥の声さえすがすがし

PageTop

こんな映画を観た「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」

小学校にも入学しないころ、
「男だけ・女だけの世界」や「大艦に大勢一般人が載っている」
ことを夢想したことがないだろうか。
そんなモチーフをチラシの裏や道路に書いたことはないだろうか。

そんな揮発的に忘れ去った夢想を、アニメに固定化するとは
さすが日本の誇るオタク文化。

CG登場直前にこれだけ躍動的に描きまくれるとはただ驚嘆。
難をいえば「メトロポリス」や「ブレードランナー」と変わらぬ
未来都市風景か。でも、メカ細部の書き込みはまさにオタク絶賛物。

主題歌「愛 おぼえていますか」は
加藤和彦 安井かずみ の夫婦コンビの手になるもの
アニメから離れても十分通用する歌です。
古くからマスターのカラオケのレパートリーです。
でもこれを歌うと「オタクですか。」言われるのが難点。
この映画ではクライマックスシーンで映画とシンクロして
大変効果をあげています。

「平和憲法」の国の得意技が、アニメの残虐な戦闘シーンという
皮肉はともあれ、
「愛 おぼえていますか」聞いてください・見てください。


主題歌以外の全編を流れる重厚なフルオーケストラ曲の数々は
「題名の無い音楽会」の司会で知られる羽田健太郎。
クラッシック出身ながら、
ともすれば低く見られる劇伴音楽を精力的に手がけています。
ロック調ですがファンには人気の高い、「ドッグ・ファイター」。
お聴きください。



映画の設定は2009年。現実には宇宙はいまだソユーズが現役。
地上は地球連邦どころか外国軍基地ひとつでおおもめ。

2010年の現在、音楽担当の三氏はすでに鬼籍入り。
加藤氏に関しては本当に残念です。「愛~」を聴くとつい涙ぐみます。

悲しけれ星のまにまに散る命


DVD鑑賞。公開時に映画館でみればよかった。

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター版 [DVD]超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター版 [DVD]
(2007/12/21)
石黒昇河森正治

商品詳細を見る

PageTop

「学校」に宿直制と住み込み用務員の復活を

タイトルの件、学校からみの事件が起きるたびいつも思うことである。

現在、多くの学校は宿直を廃止してガードマン巡回。
用務員は通いであろう。

これは、マスターが小学校高学年になった'70年代からの傾向である。

でもこれは「学校」を単なるハコモノにしてしまい。
特に、小学校の場合は地域コミュニティから見失わせる一因である。

夜間、だれも知っている人のいない施設に
愛着や関心など誰が払えようか。

子供時代、学校に忘れ物があると用務員さんの自宅に頼み込み
教室に入れてもらったり、

早めに登校すると、宿直の先生に声を掛けられたりした
思い出は中高年以上にはあると思う。

学校を「卒業証書自動販売機」から脱出させるための
一案として強く希望するものである。


水をあび心身引き締む宿直明け

PageTop

今年のキャンドルナイト

今年のキャンドルナイトはいつになくシンプルであった。
06200001.jpg
いつも並べているぬいぐるみ達の姿は無い。
キャンドルだけのシンプルなもの。
06200002.jpg
実は食卓の真上の蛍光灯が切れてしまったのである。
勿論近くのホームセンターで蛍光灯を購入・交換したが
それでも点灯しない。電気屋に来てもらうことにした。
電気屋が点検・修理に来るまでは、
「キャンドル・ナイト」を続けないといけない。

蝋燭の灯りより短し夜となり

PageTop