進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

6月の努力目標

皆様元気でお過ごしのことと思われます。
立葵の花をアップしました。
aoi.jpg

生家には子供のころにこの花がありましたが
現在ではありません。少し残念です。

ここのところ更新が少なくなりました。
ブログの記事元は沢山ありますので
なるべく更新頻度を上げていきます。
節酒も順調です。


今月もマスターは2000円札の広報マンとして活躍します。
皆様、どんどんこのブログの存在を知らない人達にもお声をかけて
2000円札活性化のお手伝いをお願いします。

アクセスログで調べると各種サーチエンジンで「2000円札 入手方法」と検索すると、
拙ブログが上位に出てくることが多いようです。

そこから拙ブログを閲覧していただく皆様には、この場を借りてお礼申し上げます。


二千円札に関する情報をお持ちの方は
積極的に拙ブログにコメント・トラックバックをお願いいたします。
お礼に、特に断りがなければリンクをさせていただきます。
よろしくお願いいたします。
 
コメント・TBを不快に感じた方は、当方に無断で削除してかまいません。
なお、迷惑系、広告・宣伝(アフィリエイト)のみと判断したサイトからの
コメント・トラックバックは無断で削除いたします。
風説の流布・名誉毀損に当たると判断したコメント・トラックバックも
同様に削除いたします。ご了承願います。

メールはサイドバー上のフォームからお願いします。

※なおブラウザがIE以外だと、拙ブログは画像が見られない場合があります。
 「タチアオイ」の画像がみえるはずです。
 もし画像が見えなければIEを利用願います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

明けやすしあと一刻は寝むりたく

スポンサーサイト

PageTop

二千円札、レアもの?=「2年手にせず」6割以上-財務省調査

 財務省のアンケート調査で、二千円札を2年以上受け取っていないと回答した人が6割以上に上ることが17日、分かった。使用経験がないとの回答を合わせると約7割に達する。2000年の九州・沖縄サミット(主要国首脳会議)開催を記念して発行された二千円札だが、利便性の悪さなどから流通量が減少。「レアもの」に近づいているようだ。
 調査は今年2~3月に対面形式で行い、全国の15~79歳の男女約1200人が回答した。
 それによると、二千円札を「2年以上受け取っていない」が63.1%に上り、「一度も手にしてない」(5.3%)を合わせると約7割を占めた。1~2年使用していないとする回答も16.2%あった。
 ただ、沖縄の回答者は全員2年以内に使用経験があった。九州・沖縄サミットの記念である上、地元の観光名所、守礼門の図柄に愛着を感じているのかもしれない。(2012/06/17-16:16)


http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012061700087

さすがにこういう記事がでると、悠長に更新停止をしていられません。
手にしていなければ、手にしましょう。退蔵しないで使いましょう。
ここ数日更新をしていないのに、拙ブログはおかげさまで二千円札の検索で
訪問者が絶えません。

台風の過ぎたる朝やコロッケ食む

PageTop

節酒生活で更新ができません

久しぶりの更新です。
未だ記事は大峰山中をうろついていて困ったものです。
さて4月下旬から節酒生活を始めています。
具体的には一週間の許容酒量が日本酒換算で一升
かつ連続二日以上の休肝日という設定をしています。


つまり健康診断の問診票で聞かれる飲酒回数欄で
「週2,3回」に自信をもってマルをつけるのを目指しています。

始めて一月過ぎましたが、現在のところは目標を達成しています。

カレンダーに飲酒をした日、酒量、飲んだ場所をかき込むと効果的です。

一週間で一升というとかなりの量に思えますが、
毎日二合程度晩酌をして、一日だけの休肝日でも
一週間で一升二合も飲んでいるのですからバカになりません。

マスターのいままでの飲酒ベースですと、
同僚や友人との酒が週に1、2度は入りますので
要するに「家飲み・ひとり酒」は原則なし。
外部での機会飲酒のみ可という事になります。

やはり体調の違いは感じられます。
また夜間は酔っていない日が多くなり、
それまで休日回しにしていた諸事を平日に行うようになりました。
一日の暮らしぶりが合理的に過ごせます。

そのような諸事をなぜか優先するようになり、
せっかくしらふの日が多いのにブログの更新が滞っています。

ブログの更新停止をすることはありませんので
ご覧になっている方は申し訳ありませんが
気長にお付き合いください。

ベランダがすぐに乾けり梅雨晴れ間

PageTop

こんな映画を観た「危険な関係」-追悼 新藤兼人氏-

この記事は成人映画を扱っています。
未成年および興味のない方は速やかにお立ち去りください。


御承知のように監督・脚本の二足の草鞋をはいていた
新藤兼人氏が100歳で老衰のために亡くなりました。

拙ブログの過去の映画カテゴリーを見ると新藤氏の作品が
多数取り上げられていて
改めてマスターは新藤作品が気に入っていたのかと感慨を持ちます。

そこで意外な氏の作品を紹介します。

1978年マスターは大学受験に失敗し、浪人生活を始めます。
その時に高校の同級生たち(ほとんどが浪人入り)と見た映画です。

実はこれは日活ロマンポルノ。
18歳になったのだからと堂々と鑑賞したわけ。

もっとも、記憶の限りではそれ以前も、また浪人中も
ロマンポルノは見ていません。

当時ロマンポルノは安定期に入っており、
資金に余裕ができたのか年数回「ロマン大作」と名打って
一般映画のキャスト(意外な女優を脱がせる)、スタッフ
を起用した作品を公開し始めました。

女優は宇津宮雅代(テレビドラマ「パンとあこがれ」でデビュー)、
男優はすぐに宇津宮と結婚する三浦洋一。
もっとも当時三浦氏は無名でした。

そして脚本は新藤氏ということで、公開時話題を呼びました。

宇津宮氏のカラミは「ポルノ」初鑑賞のマスターにも
ぎこちなく、物足りないものでした。

圧巻は、本編最後近くになってからの
三浦氏と当時ロマンポルノではベテランだった片桐夕子さんとのカラミでした。
別荘の暖炉の前で、三浦氏のがっしりとしたカラダと
大きな乳房の片桐さんが全裸で対面座位に臨むシーンは見ものでした。

脚本は特に感じることはありませんでした。

サックスを使用した音楽も、ミステリーじみた本作に
よく似合っていました。

なお、原作はフランスのド・ラクロです。
フランス・アメリカ・韓国でも映画化されています。
性描写は必須ですが、テレビドラマにもなっている。
どうゆうところが映像作家の創作意欲を刺激するのか
どなたか教えてください。

なお、本作は残念ながらソフト化されていません。
(1978年3月? 仙台・日之出劇場地下)

画像は公開時に立て看板や劇場内用に張られたポスターです。
ネット上でやっと探し出しました。
kikenn.jpg

夏が来るまた何もないふりをして

PageTop

2000円札を積極使用している鈴鹿のハウスセンター・オカベ社長

二千円札サーチをしていたら、タイトルの方の話が飛び込んできた。
同社のブログによれば、
「社長は二千円札が好きなようで
銀行で出金する際は毎回二千円札を金種指定しています。
鈴鹿で出回っている二千円札の多くはハウスセンターオカベ経由ではないでしょうか」


このように地元の実業家が率先して二千円札の普及をしているのを見ると
当然、社員や取引先の方も二千円札に慣れ親しんで
二千円札の使用が増えていくのでは思う。

以前も三重県度会町の二千円札の使用に熱心な実業家の話を紹介した。
金融機関や及び腰の日銀に聞かせたい話である。

薄暑来半袖の襟に指を当て

PageTop