進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

7月の努力目標

7月を迎えました。
イメージは「八島ヶ原湿原」(霧ヶ峰)だそうです。
八島ヶ岳湿原


今月も多忙で山歩きはできそうにありません。
なんとかしたいものです。
更新も先月はほとんどできませんでした。
それでも過去記事の遺産で、アクセス数は減りません。
アクセスしていただいたみなさんに改めてお礼申し上げます。



今月もマスターは2000円札の広報マンとして活躍します。
皆様、どんどんこのブログの存在を知らない人達にもお声をかけて
2000円札活性化のお手伝いをお願いします。

アクセスログで調べると各種サーチエンジンで「2000円札 入手方法」と検索すると、
拙ブログが上位に出てくることが多いようです。

そこから拙ブログを閲覧していただく皆様には、この場を借りてお礼申し上げます。


二千円札に関する情報をお持ちの方は
積極的に拙ブログにコメント・トラックバックをお願いいたします。
お礼に、特に断りがなければリンクをさせていただきます。
よろしくお願いいたします。
 
コメント・TBを不快に感じた方は、当方に無断で削除してかまいません。
なお、迷惑系、広告・宣伝(アフィリエイト)のみと判断したサイトからの
コメント・トラックバックは無断で削除いたします。
風説の流布・名誉毀損に当たると判断したコメント・トラックバックも
同様に削除いたします。ご了承願います。

メールはサイドバー上のフォームからお願いします。

※なおブラウザがIE以外だと、拙ブログは画像が見られない場合があります。
 「八島ヶ原湿原」の画像がみえるはずです。
 もし画像が見えなければIEを利用願います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

父母と同じ姿で草むしる

スポンサーサイト

PageTop

仙台中心部にクマ出現

29日朝早く、仙台市中心部を流れる川のほとりにクマが現れ、射殺されました。

 クマが現れたのは仙台市青葉区の住宅街を流れる広瀬川のほとりです。29日午前6時ごろ、通行人が目撃し、警察に通報しました。クマは、その後も付近に留まり、木に登って辺りをうかがっていました。現場では、クマを見ようと近所の人が駆けつけ、一時騒然となりました。

 そして、午前9時40分ごろ、地元猟友会によってクマは射殺されました。この騒ぎでけがをした人はいませんでした。

 「河原で子どもを遊ばせたりすると怖い感じがする」(近所の人)

 宮城県内では、今年、クマの目撃件数が去年に比べて3.5倍に上っていて、警察などで注意を呼びかけています。(29日17:40)

http://news.tbs.co.jp/20120729/newseye/tbs_newseye5093357.html

リンク先には動画が埋め込まれています。ご覧ください。

このニュースには驚かされました。
東京で言えば、本郷みたいなところ、川が流れているのですから世田谷の尾山台あたり?
おそらくクマは水量の少ない広瀬川を渡渉しながら遥か愛子方面から来たのでしょう。
画像をみるとずいぶん緑が豊富に見えますが、
これは広瀬川が削り取った崖のためで、崖の上は住宅地に開拓済で、クマは住めません。
それにしてもよくここまで来るのにヒトに見つからなかったものです。

調べてみると2006年秋にも同様の事件が起き、この時は小熊だったので
捕獲後山形県境まで運び解放したそうです。

なお、付近には以前「狐小路」という地名がありました。
江戸時代は侍屋敷で夜になると狐が青葉山から下りてきたことから着いた地名です。

それでもクマが降りてきたことは藩政時代でも少なかったのでは。
ヒトとケモノの棲み分け方の再検討が求められています。


目覚めれば若人が競う夏の夜半

PageTop

「昭和」を読む会に参加

マスターのブログ仲間である歌人の木村草弥氏
最近新作歌集「昭和」を出版された。

マスターごとき者にも、「池袋で読書会を開くので
是非参加を」との話しがあり、畏れ多いことながら参加させていただいた。

木村氏はブログ中しばしば「トシなので上京する機会は無いかも」と
書いていたので、著者不在のこじんまりとした輪読会みたいなのを
想像していたら、あらま驚き木村氏も元気な姿を見せていた。
読書会は数人のパネラーの批評と他の参加者の感想を述べて
大変面白かった。

参加者の皆さんはマスター以外はどこかの短歌結社に所属されていた。
マスターも俳句を実作しており、句会の先生からは先生の主催する結社への
参加を勧められているが、多忙を理由に遠慮していた。
こういう時に「肩書きなし」は困るので、結社に参加しましょうか。
その前に句会もさぼりがちなので、そちらの方にもでないと。

面白いのはパネラーの推した短歌と一般参加者の推した短歌に
違いがあったこと。

句会の経験では、パネラーの方が理解度が深いのだろうか。

皆さん品の良い方で、言葉遣いは上品だが
疑問におもったことははキチッと口に出されるのには感心した。

懇親会では明らかに会費以上の酒肴が供せられ恐れ入るばかり。
今回の読書界の発起人三井修氏とも話す機会があった。
マスターの学生時代からの友人(拙ブログにも登場している)が、
三井氏がかって勤めていた会社にやはり勤めており
一緒に仕事をした仲であることを知り、意外な縁に驚いた。

マスターは酔いが回ってしまい
女性が多い会にもかかわらず、品の無い話ばかりしたと思います。
この場を借りてお詫びします。

清会に改め学ぶ月涼し


歌集 昭和歌集 昭和
(2012/03/24)
木村 草弥

商品詳細を見る

PageTop

こんな映画を観た「栄光への5000キロ」

「裕次郎の夢」プロジェクトで日の目を見た作品のひとつです。

これも東京の9月の上映会を待ちきれず、関西のシネコンで鑑賞。
(勿論他にも用事があっての関西行です。)
こちらも上映時間3時間で、「黒部の太陽」同様休憩時間あり。

前半はヨーロッパ・日本のレース、休憩時間後はケニアのラリー。
クルマを運転するのが好きな人には飽きない3時間です。
狭い車中の様子を活動的にとらえたカメラワークには唸らせられます。
黛敏郎のアフリカ音楽を取り入れた音楽も映画によくあっています。

浅丘ルリ子演ずる裕次郎の恋人が、
裕次郎のライバルであり親友であるフランス人レーサーの恋人から
「彼のレース中は編み物をしている。」という話しを聞き
始めは気に留めなかったのが、いつの間にかルリ子も「編み物」を
しているシーンは、手垢のついたエピソードであるのに
妙にハマっています。

裕次郎はレーサーなのに太っていて精悍さが全く感じられない。
役者としての限界を見てしまう。
三船も仲代も伊丹も出てくるが、あくまでも裕次郎の
スタームービーのスタンスなので、これは本作の致命的欠点である。


でも、この映画は素晴らしい。
日本映画の目指すべき方向のひとつを裕次郎は提示し
スタッフはみな彼のためにひと肌脱ごうとした気持ちが
上映中もビシビシ画面から伝わってきて
不覚にも途中から涙が出てきた。


海外市場を狙った大作指向は、この当時日本映画が
歯牙にもかけなかった韓国映画がその後実現させている。

裕次郎はこのころ酒を止めて、長生きすれば
クリント・イーストウッドのように
プロデュ-サーとして立派な映画を作ったのではと思った。
「名プロデューサー裕次郎」を見られなかったのは残念である。


「黒部」と違って、上映館も少なく観客も少ない。
不当に低い評価をされていると思う。
「黒部」だけ見ないで是非こちらの作品にも足を運んでほしい。
それでこそ「裕次郎の夢」が理解できると思う。


酒飲んで酒で死し人しのぶ夏

画像は公開時のチラシだそうです。
栄光


PageTop

ロンドンオリンピック開会式はビーンで決まり

1984年のロサンゼルス大会以降の
開会式の田舎芝居にはうんざりしてるマスターです。

プロ解禁・スポンサー公認解禁と
クーベルタンが生きていたら、
今の「万国成り上がり運動選手カネ稼ぎ大会」に
激怒しているでしょう。

ロンドンは環境に配慮した安上り大会を標榜していたはずだが
またもや電力喰いの夜間開会式。
元祖産業革命を自慢するのは致しかたないと思っていましたら
あのビーン氏登場。
オリンピック選手が貴族と金持ちだけの時代を描いた映画
「炎のランナー」を持ち出し、動画はフェアープレイへのパロディ。
フェアープレイどころではないオリンピックの運営方針への
強烈な皮肉となっています。
「自虐ネタ」とはこういうものをいうのでしょう。
見てない方は下をご覧ください。消されるかもしれません。


次のオリンピックからは田舎芝居は止めて、
ファンファーレと入場行進だけに戻してほしい。


栄誉のみ求めし夏は夢と消ゆ

PageTop

二千円札でランチ・ディナーが食べられる沖縄のホテル日航那覇グランドキャッスル

実はこのホテルの二千円札キャンペーンは過去記事でも紹介しています。

今回、二千円札サーチで主に沖縄在住の方のブログで触れているので
再検索したところ、毎月2日・12日・22日のランチ・ディナーで二千円札を使用すると
二人で二千円という大変お得な支払となるようです。
期間は明示していませんが、恒常的に続けていただきたいものです。

詳しくは該当サイトをご覧ください。
観光地故、二人以上の利用が前提のようです。

沖縄在住・来沖の際は立ち寄るのも一法です。

今宵こそ益荒男ぶりを魅せつけよ

PageTop

東京タワー・森アーツセンター付近の二千円札が使える駐車場

駐車・輪場シリーズ。
細かい地区にこだわると記事作成が面倒になるので、
これからは同じ都道府県でも5か所以上が揃えば
記事にアップします。ご了承願います。

メソニック39MTビル駐車場

東京タワーパーキングセンター

オランダヒルズ森タワー駐車場

六本木ヒルズP1

六本木ヒルズP2

六本木ヒルズノースタワー駐車場

六本木ヒルズP5

撫子の凱歌響くかコベントリー

PageTop

米で中国発のコンテナから子猫を保護、水なしで2週間生き延びる

【7月18日 AFP】米カリフォルニア(California)州で前週、中国から船で運ばれてきた輸送コンテナの中から、生後3か月の子猫が保護された。発見時にはだいぶ弱っていたものの、17日の当局の発表によれば現在は順調に回復しているという。

 上海(Shanghai)発のコンテナの中に紛れ込み、長さ2週間、距離にして1万450キロもの長旅を飲まず食わずで生き延びた子猫はオレンジと白の短毛種のオスで、中国語で「こんにちは」という意味の「ニーハオ」と名付けられた。

 発見当時は自分の足で立てないほど弱っていたが、いまは自力で歩行を試みるほどまで回復しているという。米当局は飼い主となる人を募集している。

 同州ロサンゼルス(Los Angeles)の動物保護管理局(Department of Animal Care and Control)局長は、「今朝ニーハオは医療チームを初めて『ニャー』と鳴いて迎え、今では自分の足で立とうと頑張っています」と述べた。本来なら60日間の隔離が必要だが、このまま順調な回復が続けば、隔離期間を新しい家族の管理下で過ごすことが許される可能性もあるという。

 ニーハオがコンテナの中に入った経緯はまだ分かっていない。(c)AFP


http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2890263/9262545

写真はコピーできませんでした。リンク先をご覧ください。
猫とほぼ同じ大きさのぬいぐるみを、猫のそばに置いてあるあたりに
保護した皆さんの「一匹だけでは淋しそうでかわいそう。」という
優しさが感じられます。

何かの縁でコンテナに紛れ込み、二週間の苦しい船旅をへて西海岸に上陸。
これからの「中国系アメリカ猫」としての生活に幸いあれと思わずにいられません。

猫は勿論知らないことですが、
今から一世紀半前は、この猫同様に船倉暮らしに耐えながら
アメリカへ売られていったクーリーと呼ばれる中国人たちがいたのを
想いだし、感慨を覚えました。

エアコンの国で踏み出せ一歩目を

PageTop

明石のプラネタリウム 稼働52年、長寿日本一に 

1960年6月10日に投影を始めた兵庫県明石市立天文科学館(同市人丸町)のプラネタリウムが8月29日、旧大阪市立電気科学館の投影機(1937~89年)を抜いて“長寿日本一”になる。現役最古の投影機は、阪神・淡路大震災による休館も乗り越え、約815万人に「星空」を提供し続けてきた。(中島摩子)


 日本標準時子午線(東経135度)の真上にある天文科学館の投影機は高さ約3メートル、重さ約2トン。旧東ドイツのカール・ツァイス・イエナ社製でアリのような形が特徴。大型2球式で数百枚のレンズ、約200枚の歯車、約90個のランプから約9千個の恒星と太陽、月、天の川などを映し出す。

 60年の輸入時、32個の木箱に梱包(こんぽう)され、船で神戸港に到着。2人のドイツ人技師が明石を訪れ、約2カ月かけて組み立てた。大型プラネタリウムは大阪や東京に続き、国内4台目だった。

 天文科学館技術係だった清水良孝さん(70)=明石市天文町=は「初めて見る機械。図面も全てドイツ語で、慌てて辞書を買った」と振り返る。ドイツ人技師の帰国後は機械を任され「開館からお客さんが途切れず、重圧を感じながら、情熱と愛情でメンテナンスを続けた」。78年度には最多の26万3679人が入場した。

 最大の危機は阪神・淡路大震災だった。投影機は被害を免れたが、ドームスクリーンが損傷するなど大きな被害を受け、同科学館は約3年間休館。ただ、投影機は動かし続けないと劣化するため担当者が天井や壁に星空を映し、メンテナンスを続けて再開を待った。

 現在、国内には400台超のプラネタリウムがあり、デジタル技術の向上で最新鋭の機器が誕生している。明石の投影機は手動式で、肉声での解説にもこだわる。長尾高明館長は「お客さんの反応を見ながら丁寧に説明する。コミュニケーションを大切にしたい」と力を込める。

 同科学館は記録更新の8月29日、記念式典を計画。長尾館長は「機械に重大な欠陥はなく、これから前人未到の記録に挑む。明石の観光資源としてもPRしていきたい」と話す。

(2012/07/15 07:58)

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0005214078.shtml

マスターも子供時代、仙台市立の天文台に設置されたばかりのプラネタリウムで
何度か「星空」を見学したことがあります。

もっとも、当時は市内でも夜になると多くの星が眺められました。
プラネタリウムの投射機はここに書いてあるようなアリ型でした。
製作社までは忘れましたが、外国製だと思います。

こういう機械はメンテナンスが大変だと思います。
マスターと同じ年月を生きているこのプラネタリウムにはこれからも
星空を投射してほしいものです。

仙台の天文台は、プラネタリウムともども今では市街地の真ん中の
「西公園」から郊外のド田舎愛子(あやし)に移転したようです。

入場料も高くなりました。マスターが出かけたころは100円程度でしたでしょうか。
当時でも、仙台のこの手の公共施設の子供料金は安かったと思います。
口の悪い父は「社会党市政の人気取り政策。」と嫌味を言っていました。


梅雨明けや夜空に再び夢を見ん

PageTop

西丸震哉氏死去

「41歳寿命説」など一般の人にも知られていた
登山家の西丸震哉氏が5月24に死去された。


西丸氏の業績を展示している長野県大町の「西丸震哉記念館」の
ホームページで発表されたのが6月26日である。

登山や食品問題について多くの著作があり、
マスコミも記事やインタビューが多く出ていたのにもかかわらず
死亡記事・追悼記事は日本山岳会のページに連絡事項扱いで
載ってるのを確認できたに過ぎない。

おそらく西丸氏の「遺志」で
徹底して記事の掲載を遠慮しているのではないかと思われる。

「1959年以降に出生した日本人は、食品が汚染・加工されているので
41歳までしか生きられない。」という「寿命説」は発表当時
センセーションを引き起こしました。

マスターなどまさに「1959年以降」に引っかかっているので
もしやと思いましたが、幸い今に至るまで元気です。

他にも登山関係のユニークなエッセイを残しています。
マスターも何冊かは読みました。過去記事で触れています。

死因など不明ですが、1923年生まれと高齢ゆえ大往生だったと思います。

改めてご冥福をお祈りいたします。


盂蘭盆やなつかしき人の訃報しる



PageTop

中学校のアンケートその1

大津市の「いじめ自殺事件」で思い出したことがある。
大津市の中学校でもアンケートを行ったそうだが、マスターの在学していた
中学校でもそれなりの規模・少なくとも2回行われている。

一回はこういうことだった。
理科の時間である。
「ほかの理科の先生に頼まれた。」といわれて担任の先生(理科担当)が
一枚のプリントをクラス全員に渡した。

アンケートの内容は生徒たちの性意識の調査であった。
設問は「現時点(そのときは中学1年)でどこまで男女交際が許されるか」
というのを覚えている。
選択肢は「手を握る」「キスする」「プラトニックラブ」「泊りがけの旅行」
など数項目に及んでいた。

こっちは田舎の小都会の中1生である。
「プラトニックラブ」なんて言葉は初めてしったので、回答に戸惑った。
ほかの質問も同様なものだったはずだ。
記名式だあったかどうかは覚えていない。


翌春の人事異動で、その教師はマスターの通う中心部の中学校から
郊外の小学校に異動となった。昇格はしていない。つまり左遷?

今にして思うとあの「アンケート」が問題になったのかも知れない?
マスターはアンケートの件は親に話さなかったが、
ほかのクラスでも行っていた(学年全クラスではない)ようなので
アンケート内容を親に話した生徒もいるだろう。
マスターが親だったら、学校側に「すこし行き過ぎでは」と話しただろう。
まあ、単に思い過ごしかもしれないが。
当時マスコミで「性の解放」が話題となっており、
学校での性教育の立ち遅れが話題となっていた。

そういう事情から「意識ある」教師がアンケートを実施したのかもしれない。
でも、「いきなり」はまずい。もう少し下準備は必要だったろう。

もうひとつのアンケートは別の機会に

フロントの絨毯滲みけり夕の雨

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。