進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

9月の努力目標

皆様元気にお過ごしと思われます。
暑い夏もようやく去り、九月となりました。


1980年の9月、学生寮を飛び出し
郊外のアパートで独り暮らしを始めました。
夜遅くテレビをつけていると
この曲のCMが流れていました。
大人びた顔立ち、ハスキーな歌声
気になって早速LPのカセット版を買いました。
CD登場以前で、あの高価で場所を取る
レコードプレイヤーは自宅通学でもなければ
買えなかったのです。
松原みき「あいつのブラウンシューズ」
1980年9月リリースです。

埋め込み無効設定なので、リンク先をクリックしてみてください。

調べてみると彼女と私は学齢は同じ、
2~3歳年上かと思っていたので驚きました。
ガンによる早逝が残念です。

その時買ったLPのカセット版は現在CD化されています。
ご紹介します。
who are you?who are you?
(2009/01/21)
松原みき

商品詳細を見る



今月もマスターは2000円札の広報マンとして活躍します。
皆様、どんどんこのブログの存在を知らない人達にもお声をかけて
2000円札活性化のお手伝いをお願いします。

アクセスログで調べると各種サーチエンジンで「2000円札 入手方法」と検索すると、
拙ブログが上位に出てくることが多いようです。

そこから拙ブログを閲覧していただく皆様には、この場を借りてお礼申し上げます。


二千円札に関する情報をお持ちの方は
積極的に拙ブログにコメント・トラックバックをお願いいたします。
お礼に、特に断りがなければリンクをさせていただきます。
よろしくお願いいたします。
 
コメント・TBを不快に感じた方は、当方に無断で削除してかまいません。
なお、迷惑系、広告・宣伝(アフィリエイト)のみと判断したサイトからの
コメント・トラックバックは無断で削除いたします。
風説の流布・名誉毀損に当たると判断したコメント・トラックバックも
同様に削除いたします。ご了承願います。

メールはサイドバー上のフォームからお願いします。

※なおブラウザがIE以外だと、拙ブログは動画が見られない場合があります。
 もし画像が見えなければIEを利用願います。

鈴虫や逝きたる人の歌を聴く


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop

こんな映画を観た「柘榴坂の仇討」

またもや特定バレネタだが、
勤め先があった場所が再開発され
今はシネコンとレストラン街になった。(勤め先は移転)
勿論上層階はマンションだそうだ。

シネコンになってから初めて出かける。
今回は「50割引」はノーチェック。
「50割引き」も自動発券機になっているせいかもしれない。
「スクリーンのあるあたりは部長さんが座っていたかなあ。」と
つい、かってのレイアウトと現在を重ねてしまう。

桜田門外の変の襲撃犯の生き残り、と
主君の仇討を命じられて、維新後も追いかけている
「時代遅れ」の元家臣。

役者たちも広末以外は達者で、不安は感じない。
藤竜也演じる司法官の奥さんが、何回か出てくる
来客時にお茶を持ってくる間合いが上手い。

映像的にはテレビドラマ的雰囲気であまり深みがないが
それを補っても、飽きさせない展開である。

観客は予想通り中高年主体だが、若い人も予想外にいた。
丁寧に落ち着いて作られている映画である。

九月尽ベランダの床ひんやりと
(TOHOシネマズ日本橋にて鑑賞)

PageTop

ホームセンターでフリーズ

拙宅の近くのホームセンターで買い物。
ケチなマスターにしては三千数百円の買い物。
二千円札2枚で支払うと、店員がフリーズ。
声を掛けて我に帰らせて精算。

過去記事を見るとフリーズする例は何件かありました。

木犀の香りなつかし通い路

PageTop

牛タン店探訪5「牛たん焼き 仙台 辺見」

所用で久しぶりに目黒駅前へ。
様変わりした目蒲線への乗り換え口に驚く。
たまたま牛タン店を見つける。
JR駅ビルの向かいの一階という好立地。
インテリアも小奇麗だ。
牛タン定食と地元宮城県の酒、一ノ蔵を頼む。
味はそこそこイケる。
土地柄と小奇麗なインテリアのせいか
女性同士や幼い子を連れながらも静かな家族連れが
牛タンを頬張っている。

味は悪くないので言えないが
安心・安全な雰囲気だけが飲食店ではない。
もう少し雰囲気に猥雑さが欲しいところだ。

コスモスの茎の間から猫覗く

PageTop

「サイト内ランキング」をご覧ください

拙ブログの左側をずうっと下にスクロールしてください。

なんと「サイト内ランキング」が設置されています。
以前から他のブログを見ると設置されているので
「これは面白そうだな。」と思っていましたが
ようやく調べてみて8月から設置したものです。
一月半が経ちました。

ランキングは当然変動します。
二千円札関係が上位を占めるのは内心ほっとしましたが、
30年以上も前の日活ロマンポルノの旧作や
これまたすでに被写体は故人となっている
有名人のヌード写真についての記事や、
プライバシー抵触ぎりぎりの記事が
上位に入っているのには
呆れるというより、やはりこの手のコンテンツが
ネット上では興味を引くことが再認識されます。
fc2移行直後に設定したならば
もう少し登山やグルメ関係の記事も
上位に入ったと思います。

登山関係もあまり人がいかない大峰山系の記事が
中途のままですので、少しずつ再開しようと思います。

ということで、面倒ですが
「ランキング」記事にも目を通されると面白いと思います。

高速に線香漂う彼岸入り

PageTop

マスターは1Fのそばの6号線を通過した

三連休を利用して母の命日前墓参を実施した。
時間に余裕があり久しぶりに車で栗原市に向かう。仙台宅で一泊。
往路のラジオで福島第一原発のそばを通る国道六号線が
一般車の通行可となったのを知り、時間はかかるが東北道でなく
建設途中の常磐道を利用して帰京することにした。
浜通りを走る6号線は、冬場に東北道が雪で不通、
あるいは危険な状況の時に利用している。
知っている路である。

仙台のはずれ、長町インターから高速に乗る。
相馬の手前でいったん高速は終了。再び相馬市の
はずれから南相馬まで二区間を乗る。
試験共用の名目で、この二区間は無料。

再び高速が終わり、
旧原ノ町市役所を過ぎると、周囲の風景がおかしくなる。
塩害ばかりではない耕作放棄地が国道の周りに出てくる。
沿道のドライバー相手の店には閉店している店も多い。

浪江町の町名表示を過ぎると
「猪・動物に注意」の看板
勿論「警戒区域につき、駐停車禁止」の意味の看板も。

おりしもFMラジオからはチャイコフスキーの
「悲愴」第一楽章が流れ始める。



あの甘く暗い「悲愴」の主旋律を聞きながら
国境検問所のような除染施設はフリーパス。
速度を落とさずに通過。

やがて町並みが現れる、
沿道の建物は3年半前の被災時のまま朽ち果てている。
放棄されたガソリンスタンドや耕作放棄地には相変わらず
被災した車が放置されている。

電柱・架線にツタが絡んでいる常磐線を右に見る。
要所には白マスクを着けた警官や作業員たちがたっている。

1F(いちえふという無機的な言い方がふさわしい。
実際に来て初めて理解した)への道は狭い農道に至るまで
すべて簡易バリケードで封鎖されている。
封鎖されているのは、道だけではない、
家屋の玄関も皆バリケードで覆われている。
停車は禁止され、信号機は皆黄色点滅。
対向車はいわきナンバーが多い。

1Fへのメインルートの入り口には
原発需要を当て込んだであろう地元資本の
赤色がすっかり褪せた
「原子力運送」という大きな広告塔がたっていた
(帰宅後調べたらやはりそうだった。現在は倒産)。

1Fは砂防林に隠れて素人目には全く見えない。

1Fのあたりを過ぎるとすぐに「富岡IC」の表示がでる。
ためらわず右折。
再び除染施設、警官たちの監視所を過ぎて高速へ。

ラジオの曲はチャイコフスキーでもヴァイオリン協奏曲に変わっていた。

まるでSF映画のような光景。
そしてかって東西分断時代に
西ドイツから西ベルリンに封印列車で向かった時の記憶が
頭の中に蘇った。

高速に乗る。「区間」は終わっていないことに気づく。
路肩にあるのは速度計でなく、
「2.5」と表示された放射線量表示計だった。
それがしばらく続く。

富岡までは東京から高速一本で行ける。
日帰りもできる時間である。
全国会議員は、欧州視察など行かずに
まず1Fそばの6号線をクルマで通ってみるべきだ。
日本にないはずのゴーストタウン。
「金目」が何をもたらしたかを。

荒れ果てる寺に一輪彼岸花

PageTop

今月の両替

銀行に出かける暇がなく、手元から二千円札が消えてしまった。
ようやく暇ができ両替。住まい近くの都銀へ。
ここは両替機に二千円札が置いていない。
時間がかかるが両替票に記入して窓口交換。

しばらくして気が付く「いつもより交換枚数が少ない。」
しばらく交換していなかったので、交換枚数を
以前より少なく申告してしまったのだ。

同じ銀行にいくのも癪なので、別の都銀へ。
ここも二千円札のみ両替票記入方式。
最初、女性遊軍に「二千円札へ両替したい。」と申し出たのに
彼女は二千円札のみ両替できない両替機にマスターを案内したのだ。
申し訳なく思ったのか、マスターが両替票を書いている間に
番号札を先に取ってくれた。

これで普段通りの普及活動ができる。

様々に語りたいことあり秋彼岸

PageTop

福島県知事選 鉢村 健氏、立候補断念「手足をもぎ取られた」(福島14/09/11)


福島県知事選挙で、自民党福島県連が擁立しながら、党本部の意向を受けて推薦を取り下­げた鉢村 健元日銀福島支店長(55)は、立候補を取りやめた。
11日午後5時から緊急の記者会見に臨んだ鉢村氏は、知事選への立候補を断念すること­を明らかにした。
鉢村氏は、「手足をもぎ取られ、事務所を開くこともできず、きょうを迎えた。断腸の思­いだが、致し方ありません」と述べた。
断念-1

「手足をもぎ取られた」と、その思いを表現した鉢村氏。
自民党福島県連は、鉢村氏を知事選の候補者として擁立したが、自民党本部は、鉢村氏の­推薦を認めなかった。
鉢村氏は、これ以上戦いを継続すれば、将来に遺恨を残すため、身を引く決断をしたとし­ている。
一方、鉢村氏の擁立を党本部から止められる形となった自民党福島県連は、11日、役員­会を開いて、今後の対応を協議した。
福島県知事選挙には、ほかにも2人の新人が立候補を表明している。
任期満了にともなう知事選挙に立候補を表明しているのは 自営業の五十嵐 義隆氏(36)。
福島市出身で、岩手・宮古市の前市長・熊坂義裕氏の2人(62)。
また、医師の吉田孝司氏(36)は、準備が整わないことを理由に、11日、出馬を見送­ることを明らかにした。

https://www.youtube.com/watch?v=miZoxsemY1g

Facebookの鉢村氏公式ページに掲載された断念報告全文です。

2014年9月11日

私は本日、福島県知事選の立候補を断念することをご報告します。26日間の戦いでした。自民党福島県連の説得と出馬要請により日本銀行を退職。全ての退路を絶って、8月17日に立候補を表明しました。

昨日、自民党福島県連から、鉢村では福島県知事選は戦えなくなったと、通告がありました。私は、幅広く県民の皆さんからご支持をいただきたいと申し上げ、この1カ月間、福島県内全域を走り回り、被災地にも限界集落にも出かけ県民の声を沢山お聞きしました。

今のままでは福島県内の復興格差は拡大し、将来の福島の進路には暗雲が垂れ込めると思います。しかし、当初は支持を表明していた各種団体やそのトップである友人すらも、支援打ち切りを通告してきました。

そうした中で、個人の資格で最後まで支援するので、選挙を戦い抜こうと激励する仲間もいます。しかし、私がこれ以上、戦いを継続すればする程、福島県民の分断は深まり、将来に遺恨を残すことになります。

放射能災害によって福島県も県民も分断されました。ふくしまの確かな未来を掴むには福島県民の全ての方々が、地域毎の『誇り』を取り戻し、結束することが必要です。

私の願いは、福島県に生きる人々と共に新たな福島を創造して、世界に発信することでした。福島県知事は福島県民が選ぶものです。信義誠実に基づき、私利私欲のない新たなリーダーが福島県民の為に誕生することを願っています。

鉢村 健


https://www.facebook.com/01hachimura
鉢村氏がなぜ出馬を要請され、なぜ梯子を外されたかは、字数の関係もあり
皆さんで調べていただきたいですが、とりあえず
自民党執行部の動きを記した記事を掲載します。

自民党の谷垣幹事長は10日、福島県知事選(10月26日投開票)に関し、党本部で同党県連幹部らと会談し、県連が擁立した鉢村健・元日本銀行福島支店長を推薦しない方針を伝えた。県連はこれを了承し、党本部との「ねじれ」は回避されることとなった。党本部は民主党との相乗りを視野に、引退表明した佐藤雄平知事の事実上の後継者となる内堀雅雄副知事を支援する方向だ。

 会談には茂木敏充選挙対策委員長も同席した。

 谷垣氏は会談で、岩城光英県連会長に対し、「鉢村氏では県民挙げての体制を作るのは困難だ」と通告した。岩城氏は「残念だが苦渋の決断だ」と党本部への推薦申請を取り下げる考えを示した。党本部は県政の継続性や幅広い支持が得られるとの観点から、内堀氏を支援する方針だ。内堀氏支援の方向で調整を進める民主党との相乗りも容認する構えだ。

 自民党本部は、7月の滋賀県知事選で党推薦候補が敗れ、11月には沖縄県知事選を控えることから、福島県知事選を「負けられない選挙」と位置づけ、佐藤知事の動向を見極めて対応を決める意向だった。だが、福島県連が8月に鉢村氏擁立を決め、「石破茂前幹事長らの対応が後手に回った」との批判が出ていた。谷垣氏は今月3日の幹事長就任直後から、「福島は時間がない。早く決める」と周囲に語り、茂木氏らを中心に県連との会談を重ね、説得にあたっていた。

 菅官房長官は10日の記者会見で、「福島は原発で大変な問題を抱え、政争をするような状況ではない」と述べ、相乗りを容認した党本部の判断を支持した


http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20140910-OYT1T50132.html

福島市在住の知人によると、鉢村氏の事務所周辺は、誰が依頼したのか
街宣車が一日中騒ぎつづけ、「あれでは、支援者や周辺住民に迷惑をかけるだけ。
事務所開きが延期されたのもそういう物理的な原因もある。」と伝えていました。

「永田町の論理」と「原子力ムラ」のタッグに
職を辞してまで県政に挑戦した、清新な日銀マンが残念ながら屈したと言わざるを得ません。

多くのブロガーやSNS上では、これまで鉢村氏に対しては
「よそ者」「政府の手先」という意見も見られましたが
このような松本清張や山崎豊子の小説みたいな展開に、
一転、鉢村氏への同情や
「福島には民主主義はないのか!」
「知事選挙を「政争」と言い放つ官房長官の見識を疑う。」
と政府・既成政党への怒りの声が満ちています。

一公務員ながら、知事に推されるまでの人格・見識を持った鉢村さん。
決してへこたれることなく、新たな道を模索して
これからも福島のために尽くしていただきたいものです。

鉢村さん。立教大学時代の仲間・後輩も皆、貴方の話を聞きたがっています。
落ち着いたら皆で一杯飲みましょう。

名月や新たな望み胸に秘め

PageTop

こんな映画を観た『ホドロフスキーのDUNE』

ホドロフスキーと座禅を一緒に組んだ縁で、
日本公開されたばかりの本作を見た(もちろん有料)。

上映館は渋谷の西北、統一協会本部の向かいという好立地。
小さな館内は8割程度の入りか、週末なので観客は多いのだろう。

予告編動画を見ればわかるが
あのデビット・リンチも失敗した「DUNE」を
リンチより先に手掛けようとして、失敗した事実を
現在の時点でインタビュー・構成した記録映画である。

特に絶賛するシーンはなかったが
それなりに面白かった。

氏の映画まで見る必要はないが、ある程度氏の
作品・言動をネットでおさらいしてから見に行くとなお面白いだろう。

氏は当時10代の息子さんをこの映画でデビューさせようとしたが
映画の製作中止で息子さんもデビューの機会を失ったようである。

映画では現在の息子さんもインタビューされているが
ポール・ニューマンを思わせるマスクで
デビューしていたら意外と人気者なっていたかもしれない。

ミック・ジャガー、ダリなど世界的有名人をキャスティングして
セットもカネなど気にせずに作ろうとしたのだから
スポンサーが降りるのも当然か。

名監督と言えども思い通りに映画を撮ることはできないことを
改めて理解いたしました。
(8月初め鑑賞 渋谷のミニシアター)

夏草が枯れ始めていく昼下がり

PageTop