進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

「ハゲタカ」最終回 EBOとは 平和ボケもそれなりによいのでは(画像追加)

とうとう最終回。
最後はやや「ハッピーエンド」臭いのが気になりましたが。
主役のアホずら・無駄な上海ロケ・ひどい音楽のため、
原作・ほかの演技陣の活躍をメチャメチャにした加齢臭ドラマよりはマシです。

まあ、ハッピーエンドというより、登場人物がそれぞれ「出会い」
によって新しいステージへと止揚していくと言い換えられます。

エンプロイ・バイ・アウト(EBO、Employee Buy-Out)という言葉を
初めて聞いた方も多いでしょう。
「中小企業では古くから行われている。」とウィキ君は説明していますが、
これはちょっとニュアンスが違う。
10年ほどまえから、たとえば子会社の再構築(首切りではない)のときに
使用されています。複数の子会社の事業統合・再編成の際に、
「自分たち(ウチ)の会社。」という意識を持たせるには好都合です。
はじめは苦しいですが、数年たつと当初予想よりも好業績をあげる
ことが多いです。「ウチの会社」と一従業員が何のこだわりもなく言う
日本社会向けの経営手法かもしれません。

「レンズを通して見える家族の姿に平和を感じた。」と創業者がいった
レンズ事業が、「レンズを通して数秒後に死が訪れる家族」を
見るために使われるのを避けるために、わざわざ悪役に頭を下げる
シーンには感慨を覚えます。

資本主義が戦争を食料としてきたのは明白ですが、
日本は自らの苦い経験をもとにこれからも「平和主義」政策を
堅持していくようにしなければいけません。

それぞれの顔に陰影春光る




ハゲタカ DVD-BOXハゲタカ DVD-BOX
(2007/07/18)
大森南朋柴田恭兵

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する