進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

【再設定】みずほ銀行よりようやく補填の連絡

四月下旬。
「みずほ」のセキュリティー管理センターから
ようやく電話がかかってきた。
確か、何度目かの詳細な被害届けを出してから
二ヶ月も経っている。

「お客様の場合、75%の補填となりますがよろしいでしょうか。
よろしければ、銀行に来ていただき、
同意書にサインをした時点で補填いたします。」
という話である。

『今まで補填はびた一文するつもりはないといい続けていたのに、
裁判で負けそうになると、慌てて和解に応じるとはふざけたものだ。』
と思いつつ、とりあえず返答は留保しておいた。

家族や関係者に相談。

結局、本来欧米では古くから全額補填が当たり前なのだから
スジ論で言えば、改めて裁判を起こすことになるのだが、
それも大変なので、不本意ではあるが75%で妥結することとした。
6年前のケースだと、50%程度の呈示しか
相変わらずなされない場合も多いそうだ。

手取り給料の丁度四ヶ月分が不正引き出しにあったので、
戻ってくるのは三ヶ月分だ。残りの一か月分は盗み得。
銀行・警察・監督官庁の怠慢は問われることはない。

強盗事件なら数千円でもニュースになるのに
不正引き出しは数千万円でもニュースにならず、
「盗まれたお前が悪い。銀行がそんな狡猾なことを
するはずがない。」の大合唱。

改めてセキュリティーセンターに連絡。
連休明けの某日を指定。
同意書を書くのは口座を開いている支店とのこと。
転勤などで、口座の支店が遠隔地になったら
どうするのだろうと疑問が、後で湧いた。

2013年1月2日
相変わらず「不正引き出し」でのアクセスが絶えないので再設定中です。

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する