進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

弐千円札の8割は日銀に眠っている

2千円札、なぜ使われない?…日銀に8割の7億枚眠る

 日本銀行が在庫として保管している2千円札が2006年度末で約7億2405万枚と、00年度の導入以来最高となった。

 これまでに製造された8億8000万枚のうち、06年度末の流通枚数は約1億5595万枚で、残る8割以上が日銀の金庫に眠っている計算だ。

 2千円札は西暦2000年や沖縄サミット開催をきっかけに、00年7月に発行された。当時はハイテク技術を駆使した偽造防止のほか、少額支払いが便利になると期待された。

 しかし、当初はほとんどの現金自動預け払い機(ATM)や自動販売機で使えず、スーパーなどでも他の札と間違いやすいと敬遠された。導入初年度の00年度末の流通枚数は約1億2420万枚と、製造枚数(当時7億7000万枚)の16・1%にとどまった。

 日銀が金融機関に積極的な使用を働きかけたため、03年度末には約4億8235万枚まで流通枚数が増えたが、実際は金融機関の金庫に眠っていたようだ。04年11月に1万円、5千円、千円の新札が発行されると2千円札の目新しさも薄れ、最近ではほとんど見かけなくなった。

 日銀は7億枚余りの2千円札を本、支店で保管している。7億2405万枚を積み上げると高さは約72キロ・メートルにも達する。高さ3メートルに積んでまとめても、テニスコート(約261平方メートル)よりひと回り広い空間が必要になる。日銀は「保管場所に困っているわけではないが、なぜこれほどまで使われないのか、正直なところわからない」と途方に暮れている。

(2007年5月14日3時1分 読売新聞)

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

----
「わからない。」なんて澄ましている場合じゃないですよ。日銀さん。
だから市中銀行から「お公家さん」とからかわれるのです。

民間企業では、いまや在庫は利益の敵。
カンバン方式を自分の企業に合う形で導入して在庫を極力減らしています。

対応策はほとんど過去記事で書きましたが、
米国で普及している、出金は20ドル札のみのATMの日本版を
普及させるのも一法です。

弐千円札しか出なくても、最近の月末月初給料日やゴトウ日の
銀行の混雑振りにうんざりしている人ならば、並ぶ人が少ない
ATMでも飛びつきます。世の中「スピード」の時代です。
金種のわがままなど言っていたら競争に負けるだけ。
サット出金、次のアクションへすばやく動くのが、勝利の方程式。

でも、日本の銀行はそうゆう発想をする人は採用しないし
受験もしません。邦銀はまだまだ苦しみが続くでしょう。

人々の関心薄まる春かなし





匿名希望 | URL | 1970年01月01日(Thu)09:00 [EDIT]