進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

仙台市内定期観光バス巡り4 青葉城址天守台 追記あり(画像復旧)

こちらの過去記事より続く
さて、経ヶ峰を後にしたバスは一旦、評定河原橋を渡る。
甲子園の予選が行われる評定河原球場を右側にみて(ガイド説明なし)
一旦市内に戻り、再び大橋で広瀬川を渡り青葉城址へと向かう。

車窓左側に日本で始めて近代スケートが行われた五色沼を
みて、空襲焼失後再建された隅櫓で左折、仙台城址の
天守台へと向かう。

「途中城跡の石垣が見えますが、新しく見えるのが多いです。
これは近年崩落を防ぐため、石垣を取り外して修復したときに
洗浄したためです。ちょっと有り難味が薄れてしまいました。」

ガイド「青葉城址といって、城の遺構はありません。
明治初期に「維持不可能」ということで取り壊されました。
残った二の丸は失火で、大手門は空襲で焼失しました。
また、天守閣ははじめから作られていません。
理由は青葉城そのものが山城で仙台市内が見渡せること、
徳川幕府に遠慮したことなどが挙げられています。
築城当初は天守閣が予定されていたようで
そのための予算も取っていたそうですが、
天守閣不建築ということで、あまったお金を
本殿に使用して、大変立派な本殿を作ったそうです。
なお天守閣建設運動はありますが、
現在仙台市では天守閣を建設する予定はなく、
あくまで青葉城址ということにしています。」
FI2622193_2E.jpg
ガイド「この碑は仙台出身で旧制二校で教鞭を取った
詩人、土井晩翠の代表作『荒城の月』の歌碑です。

この歌碑ができたときは晩翠は生きており、除幕式にも
出席しました。『大変感慨深い』という感想を残した
数ヵ月後、晩翠はこの世を去りました。」

(マスター注:土井晩翠は仙台生まれで仙台の最高学府
(東北大)を卒業、有名になっても生涯仙台を離れない
という、近代仙台人の理想を具現した人なので
「伊達政宗」と同列に扱われているものと思います。
もと「細横丁」といった晩翠旧居近くの通りは
近年「晩翠通り」と改名されました。)
FI2622193_3E.jpg

「伊達政宗騎馬像です。自らが開いた仙台市街地を見ています。
最初に昭和13年に設置されましたが、戦時中供出されました。
戦後、再建の際『また供出されないように』との想いから
コンクリートで作られ、平和主義の世相を反映し
姿も穏やかな裃での立ち姿(平和像)にしましたが
市民の評判は悪く、元の騎馬像を再建しました。
なお、平和像は正宗前居城の岩出山に設置されています。」

「ところで伊達政宗の甲冑は映画『スター・ウォーズ』の
ダース・ベイダーのモデルだそうです。」

騎馬像を撮影する観光客。
FI2622193_4E.jpg

なお、この天守台からは現在も
仙台市街が一望できる。

マスターの出かけた街だと、
ソウルやフィレンツエで類似した
市街一望の場所がある。

FI2622193_5E.jpg

「これは日清戦争の戦勝記念塔です。
搭上の鳥は何でしょう。」
(客から「タカ、ワシ」といった声が上がる。)
残念ながらトンビです。
勲章にも使われており、軍人に関係ある
からだそうです。

(マスター注:近くにある故人政治家の像は
ガイドは無視してくれた。あの「政治家像」は
「仙台の恥」という市民は多い。)


政宗も満足してるかセミがなく

TITLE: 仙台市内定期観光バス巡り5
URL: http://www.doblog.com/weblog/myblog/2450/2622194#2622194
IP

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。