進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

仙台市内定期観光バス巡り5(画像復旧)

さて、「青葉城に来たけど何も無いじゃねえかー。ツマンネー。
という観光客たちの長年の怨嗟の声に、
呑気なのにプライドばかり高い仙台人もようやく気づいたのか、
近年「青葉城会館(天守台にあるレストラン・式場)」に
併設する形で「青葉城資料展示館」を作った。
FI2622194_1E.jpg

ここの呼び物は、CGで再現されたかっての青葉城を
シアターで見られることである。
みやげ物屋兼食堂の二階に向かう。
あの世(?)の政宗と従者が
かっての青葉城を説明する形でCGは進行する。
もちろんマスターも初見である。
青葉城全景。
FI2622194_2E.jpg

大広間など、もちろん
実際にはほかにもたくさんの
建物が再現されている。
天皇や将軍が来られたときの部屋も
用意されていたそうだが
結局使われることはなかったそうである。

FI2622194_3E.jpg

建築されることの無かった
天守閣も再現するサービスぶり。

FI2622194_4E.jpg


このほかにも、当時の仙台の中心地
「芭蕉の辻」の再現CGもあり意外と面白かった。
FI2622194_5E.jpg

芭蕉の辻は、奥州街道と青葉城に向かう大町が
交差する要衝で、四隅には商家であるが
隅櫓形式の建物が建てられていた。
江戸時代を通じて、維持管理に伊達家
から出資されていたようだ。
「仙台市街戦」最後の拠点と位置付け
られていたのだろう。
明治以降、援助が無くなり、
その後これらの櫓は次々と焼失。
最後に残った一隅も、仙台空襲で焼失した。

青空に映えるはかなき四つ櫓

(仙台市内定期観光バス巡り6に続きます)
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する