進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

相撲部屋シゴキ致死事件へのテレビ桟敷の反応

この手のテレビ・ラジオのインタビューに出演された方なら
ご存知のように、「生放送」でも事前に打ち合わせをして
「不正規発言」が出ないようにメディアは腐心しています。

今日のタイトル事件に対する反応はまさに「予定調和」
そのものでした。

視聴者から見て、いかにも角界を擁護しそうなコメンテーターが
「シゴキも愛情の内。スポーツマンなら当然。あまり騒がないほうが。」というと
それを受けて、「絶叫派」は、
「アンタは判っていない。シゴキという言葉自体、問題なのだ。」と諫める。

いうまでも無く、これらのやり取りは「事前打ち合わせ」通りです。
誰をヒール(悪役)に仕立てるか「打ち合わせ以前」に決める場合もあります。

もちろん、「シゴキ」を擁護してはいけません。
かって「シゴキ」を受けた一人として、このような理不尽な
「愛情表現」は一刻も早く日本社会から消え去ってもらいたい。

登山界はすでに1960年代にシゴキ問題が顕在化して、
現在、中高年から登山を始める人は大勢いるのに、
彼らを導くべき学生時代からの登山者は一貫して減り続けているのも
この「シゴキ」の問題があるからこそなのです。

古酒をあおりつつ辛いニュース見る


関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する