進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

萬有製薬 経営陣に内紛の兆候か(追記あり)

20日朝刊12面より 記事は一段のベタ記事
記事要旨
1.管理部門社員に100人の早期退職募集。来年春までには順次退職。 
 親会社のメルクによる世界的人員削減策の一環。
2.同社は9月30日付で前社長が退任、米本社副社長が暫定的に
 社長就任。「メルク萬有」への社名変更も中止して
 不安定な経営状態が続いている。


おそらく、記者が読者に伝えたかったことは2のほうだと思います。
それで、拙記事のタイトルは新聞本紙とは差し替えました。

世界的な製薬業界の巨大化・再編に遅れまじと、
自ら提携先のメルク傘下に入って上場廃止となり
「名より実」を選んだはずの同社。

世界規模のリストラでは現地法人の首切りが多いのは
日本企業も日常茶飯事におこなっていることです。
もはや、特に問題にすることはない。

調べてみると、前社長は萬有からの内部昇格ではなく、
メルク傘下に入ったときにスカウトされた人材のようです。

その「改革社長」が、後継者も決めず突然の辞任。
このベタ記事には事実関係を割くスペースはありません。
「不安定な経営状態」の具体例をマスターはじめ、
部外者は知りうる方法はありません。
(だれか教えてください。)

かって磐石の財務体質を誇った同社。
一般社員の士気に影響がでているのか心配です。

今後、このような事態は、外資系以外でも起こるのではとの
懸念から敢えてアップいたしました。

ブログ見る「北」と「山」から雪便り




2010年8月6日追記

アクセスが確認されたので復旧しました。
萬有はその後も本社移転、地方営業所の閉鎖・駐在所への格下げ、
研究所の閉鎖と容赦ない世界規模でも見直し=リストラを進めています。
経営陣は少しは落ち着いているようです。

でも、かっての独立系日本企業の面影は消えているようです。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する