進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

こんな映画を観た「泥の河」

某批評家に「減点法ならば満点」と言わしめた映画。
つまり、「悪くはないけど冒険はない。」
小栗監督のデビュー作です。
まだ「昭和30年代」にノスタルジアを持っていない
時代の作品です。
「三丁目のナントカ」に感動した方は、迷わずに
この作品もレンタルしましょう。

どう考えても貧乏の真っ最中は希望が持てないのに
人はどうして過去を美化したがるのでしょうね。

「月光」よ静かに流れよ寒の入り

(1982年7月5日テアトル吉祥寺)


関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する