進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

国民健保督促状その2 げにお役所仕事の種は尽きまじ(再設定)

仕事納めの28日。
上司に事情を話して勤務先から電話。
(上司も役所の杜撰な仕事ぶりには呆れていた。)

市役所の保険課に、無職・無収入だと税金などに違いが
あるはずなので関係部署に電話を回してほしいと依頼。

折り返し、徴税課から来た説明電話。
「マスターさんの税金は勤務先で計算をして支払われている
はずですので、追徴などの心配は無いはずです。
(すると市役所ではまだこちらの支払った税金額を確認していない。
企業からの申告額を鵜呑みにしているわけだ。請求と納金額の
照合などやっていないわけで呆れる。もし、デタラメな納金を
したらどうするのだろう。これでは年金窓口納入ネコババが
起きるわけだ。)


すいませんが、年末にもらった源泉徴収票のコピーが必要です。
つきましては、こちらから送付用封筒を郵送しますが、
昨日27日で当市役所からの郵便物の発送が終了していますので
年明け1月4日の郵送となります。

(郵便は年中受け付けているではないか、役所が開いているのならば
郵送終了日は役所の業務終了日と一致するべきだ。
自分たちのミスなのに、謝りのコトバ一つ言わないで、
自分たちで勝手に決めた「郵送終了日」で郵送できないとは。
民間ならば終業当日まで郵送業務はやっているし、
もし営業時間外でもこのようなミスならば、とりあえず自腹で切手を
買って返信用封筒をポストから投函するものだ。
役所に文句をいっても何もしないのは自明なので、我慢した。)」


源泉徴収票を送れなんて、自分たちの管理能力の欠如を
曝しているようなもの。呆れてまた物がいえない。
(続く)


2012年2月1日追記
アクセスが確認されたので再設定をいたしました。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する