進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

2000円札 旧500円札下回る 流通枚数減『不便』定着で悪循環(画像復旧)

東京新聞2008年1月12日 朝刊

 世の中に出回る二千円札の枚数減少に歯止めがかからず、
すでに発行されていない旧五百円札の枚数を大幅に下回っていたことが十一日、分かった。
昨年十二月末現在で二千円札の流通枚数は一億五千万枚なのに対し、
現在も市中にある旧五百円札は二億二千万枚。政府の肝いりで登場した二千円札の存在感は薄れる一方だ。
(中略)
日銀は「使ってもらうことで便利さを実感してもらえたら」との姿勢だが、
使われないから浸透しないという悪循環に陥っているのが現状だ。

 一方の旧五百円札は五百円玉が定着した後の一九八〇年代半ばに印刷がほぼ終了。
現在は古銭商で扱われるほか、各家庭のタンスの中で保管されていると日銀はみている。

 海外では二十ドル紙幣など、二の付く紙幣が広く流通している。
日本で浸透しない理由について三菱総合研究所の後藤康雄主席研究員は
「二千円札がほとんど手元にこないため、生活に浸透しない」と話している。

FI2622333_1E.jpg

とうことで、死蔵されている500円札より流通量が少ないという
大変悲しい現実が発表されています。

何度も書くように、まずはやる気のない銀行に、出金は2000円札のみという
ATMを、何台もATMをおいている店には一台は置いておくべきです。
そうすれば、並んでいる人の少ない2000円札専用機を、時間が惜しい人は使用します。
それからいまだ自動両替機で2000円札が両替できない銀行が多すぎます。
全て2000円札両替可能な両替機に交換すること。
これらの方法で流通量は必ず増えるでしょう。

佐儀長の炎に負けるな二千円札

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する