進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

故・角川源義邸 一般公開へ 句会もできます(追記あり)

大手出版社の創始者で、俳句に造詣が深かった故・角川源義さんの自宅の寄贈を受けた東京・杉並区では、
この住宅を俳句や短歌などを楽しむための施設として整備することになりました。(中略)
遺族から住宅の寄贈を受けた杉並区では、この住宅を愛好家の人たちが俳句や短歌、詩などを創作したり
発表したりできる施設として整備することになり、平成20年度中の完成を目指しています。
杉並区まちづくり推進課の齋木雅之課長は「四季折々の植物が楽しめる趣のある環境の中で、
多くの人たちが俳句や短歌などを楽しめる場所にしたい」と話しています。


先ほどNHKの「首都圏ニュース」で伝えていました。
FI2622355_2E.jpg

一般公開されたら早速しばらくご無沙汰している句会の皆さんに声をかけて、
この由緒ある家で句会を開いてみたいと思います。

嬉しけるニュースと共に春来る

イメージは角川邸です。

2010年4月10日追記
この記事にもアクセスが確認されました。
現在は勿論「角川庭園・幻戯山房 「すぎなみ詩歌館」 」という名称で公開されています。
句会はまだ開いてません。残念です。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する