進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

惻隠の情(追記あり)

前日の記事を書いていて思い出した事があります。

それはマスター入社時の研修の時、複数の社内講師が
「仕事が出来ない人は職場に必ずいる。
でも、そういう人をからかったり、馬鹿にすることは厳に慎んで欲しい。
仲間として優しく接するように。」
と述べたことです。

「仕事が出来ない」ことで、全人格を否定したりすると
「出来ない人」が影で行っている地味な仕事に手抜きが生じ、
企業の構造が崩れるのを恐れていたのでしょう。

勿論、当時も今も「からかう。馬鹿にする」手合いは社会のどこにもいます。
でも、その言葉はマスターの心に残って、
たとえ裏切られようとも今に至るまで実践しています。

さて、「グローバル化」の現在。
「仕事が出来ないのは『自己責任』。辞めてもらいたいのが本音。
年上だろうが、いじめて馬鹿にしてからかい、
辞表を提出させるように仕向けるのが君たちの仕事。」

なんて一席ぶっている先輩がいるかもしれません。

現在の社会状況を見ていると、苦しみに喘いでいる人をよそ目に
「他人を押しのけて稼げ。負けてしまえばオシマイ。」というのが
社訓・家訓となっている組織体が多いように思います。

どんどんと蒸し暑くなりこの国は

FI2622537_1E.jpg

2010年4月2日追記
この記事にも「惻隠」のキーワードからアクセスがありました。
なお研修の写真は、ネットで拾ってきた物でマスターの勤務先ではありません。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する