進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

個室ビデオ店火災と生活保護

以前、テレビ番組で「男性の場合、生産年齢ならばまず
生活保護は支給されない。」とキャスターが言っていた。
それは病弱ながら生活保護がもらえず餓死した男性の
ルポのときであった。

今回、容疑者が生活保護を受給できたのが当初不思議だった。
その後「いつも使用している睡眠薬がなくイラついた。」との
供述がマスコミに流れたことから合点がいった。
容疑者は「うつ病」か他の精神疾患の診断を受け「仕事に就けない」
と判断されたのだろう。

今回の事件では折角の支給金をギャンブルに使い、
家賃や正業に就くための資金には使わなかったようだ。

民間の保険の支払のように、これからは領収書を堂々と見せられる
マトモな支払にのみ、生活保護金の支払を認める方法に
変えたらどうだろう。
支払拒否額はプールしておけば、急なマトモな出費のときに
使用できる。

マスターの身近にもかってサラ金に追われて家屋敷を
失った人がいる。こういう人を見ていると、まとまったカネが
入ると目の色を文字通り変えてまたギャンブルに行くのである。
行政もそういう「人間の弱さ」に配慮して、あげっぱなしは
止めるべきだ。

なお、上記記事は一個人の思いつきなので、あまり
突っ込まないでください。

同僚が皆帰る後夜食取る


AUTHOR: HARUHIKO DATE: 10/08/2008 05:36:05 その意見については、どうcheckしていくかという問題はあるもの、漠然と給付すればいいものではないという意見は頷けます。
実際、本来生活苦で支給されずに、そうでない人に保護費が支給されるというのは、制度自体の意義にも問われます。それに病院移送費問題でも同様ですし。本来出すべきところに出さずに、そうでないところに出てしまった現実。

せめて家賃だけ現物給付にするとか、代行して家賃を払うとかしないと、こういうロス(無駄)は後を絶たないでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する