進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

12月8日の映画「1941」

毎年恒例の日米開戦モノの紹介です。

当時有名になったばかりのスピルバーグ監督が
「真珠湾攻撃直後に『次は西海岸だ』と
恐れおののいたアメリカ人を描いた映画を製作中」
という外電が流れたとき、誰もがシリアス劇を想像しました。
しかし、蓋を開けると、ジョージ・ベルーシが
半狂乱で夜のロス・アンゼルスを戦闘機で飛び回るだけの
バカ騒ぎ映画。批評家も一般観客も腰砕け。
大ヒットを見込んで連日のように新聞にのった
有名人たちの似顔絵の下に「1941は面白い」というコピー
をつけた広告が空しさを感じさせるだけでした。

冬霧に慌ておののく西の国



関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する