進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

前宮城知事の浅野史郎氏、急性白血病で入院

史郎


 前宮城県知事で慶大教授の浅野史郎氏(61)が4日、急性白血病で東京都内の病院に入院した。詳しい検査をした後、化学療法で治療し、骨髄移植の準備もするという。テレビ出演などの予定をすべてキャンセルした浅野氏は「厳しい戦いですが、勝ち抜いていくつもりです」と周囲に報告した。

 支援者ら関係者によると、浅野氏は5月末に、ウイルスが原因の成人T細胞白血病と診断された。5年ほど前にウイルス感染が分かり、経過観察をしていたが、最近、急性化して白血病の発症が確認されたという。


過去記事で触れていますが、浅野氏はマスターが暮らした学生寮の先輩です。
何か手伝えないかと骨髄バンクのサイトを見ましたが、マスターには輸血歴があるので
ドナー登録は出来ないそうです。
浅野氏本人に役立たなくても、これを機会に白血病に考えてみるのも良いでしょう。

成人T細胞白血病は治療しても予後はよくないそうです。
でも一人の人間として闘病生活を過ごし、再び元気な姿を見せてください。

それから、「2ちゃんねる」はおろか「mixi」にまでも、「ザマミロ」とか「左翼。死ね」
といった書き込みをする人が多いです。
日本人の精神はいつからそういう「敵の死」を願う発想に堕落したのでしょう。

あの太平洋戦争の末期。米国のルーズベルト大統領が病死したとき、
日本の鈴木貫太郎首相はわざわざ米国民に弔辞を贈った史実を思い出してください。
(まもなく自殺するヒトラーは、ルーズベルトを罵るコメントを出したのと対照的です。)


病状を心配するや竹落葉
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する