進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今月の2000円札両替

いつもの月末より慌ただしく、両替が遅れた。
出先でまだ両替をしていないのに気が付く。時刻は14時45分。
銀行が閉まるギリギリの時間である。

目に付いた銀行に飛び込む。
勿論口座を開いている銀行ではないので両替機は使えない。
カウンターで両替票を書き、順番を待つ。
出納関係の仕事についたことはないので、閉店ギリギリの銀行は始めてだ。
いくつかある窓口の殆どですでに精算業務が始まっている。
一つしか開いてない窓口では、前客の処理が長引いている。
空席の窓口に奥からマスターと同年代の男性(たぶん副支店長クラスだろう)
が出てきてマスターの案件を受ける。
両替票を見せると「え!2000円札?」と驚かれる。

男性行員の「昔取った杵」は確かなもので、迅速に両替を済ませた。

待っている途中で15時が過ぎ、「新世界(家路)」のチャイムメロディーが流れ
入り口のシャッターは閉められる。
退出はシャッターの脇の防火扉に女子行員が立っていて、
扉を開けて、CDコーナーに出る。
入室のときも通過したはずだが、別な場所に出たような錯覚を覚えた。

タイプ音静かに響く秋近し

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。