進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

介護用品の販売現場

母の環境の変化に伴い、新たな介護用品を買いに出かけた。
「ザ・モール」内にある介護用品店が近場では充実している。

だが問題がある。
どこの介護用品販売店でもそうだが、
介護用品を買いに来るのは、本人か
外に出られない本人に代わって買いに来る健常者達である。

自分で何を買いたいのか上手く伝えられない人。
頼まれた品物(商品名)がなく、代替品を探すにも判らない客たちである。
レジにパートが一人いればオーケーというわけにはいかない。
的確な商品知識を持った店員が他に一人は必要である。

しかし、その店員が一組の客と対応している間、
レジ係りは手持ち無沙汰となる。

「客」が的確な説明を求める商品に通暁している店員は常に不足している。
今までの、ドラックストアのロジックでは対応がちぐはぐになっている。

介護用品の説明を出来る販売士の資格があるそうだ。
ヘルパーでは荷が重いという人が、ヘルパーでの一定経験が必要な
この資格を取るそうである。

しかし、現状はそのような悠長なことは言ってられない。
ヘルパー経験は「実習」程度にして、
商品知識を持っている販売士の養成が急務だと思う。

梨の実をすりおろして匙に盛る

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する