進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

机の上の携帯電話

母の容態が思わしくないことを月曜日出勤後、上司に報告。
万一の場合は早退することを許可を得る。

その後、父から電話があり食事も少し食べたりしたそうで
「これは『呼び出し』はなく、当初予定通り連休に見舞いが
出来るのでは。」と楽観視した。

しかし、それから幾日も立たない夕方、机上の携帯に
着信と留守電が入っているのを確認。再生する。

電話は父からで「先ほど主治医の往診を受けたが
『この状態だと、今夜か明日早朝が危ない。』と言われた。
早めに帰省するように。」という内容だった。

早速、上司に報告。仕事は念のため前倒し進行をしておいたが
携帯のほか、生家の電話・ファックスなども伝え、いつでも
連絡が取れるように段取りをつける。

連絡が定時退勤時間ギリギリだったので、
結局普段と同じ退勤時間となる。

自宅に帰宅。すでに帰宅していた連れ合いと共に慌てて荷造り。
再び都内に戻り、最終一本前の仙台止まりの新幹線に飛び乗る。

危篤の報窓の外は秋の夕
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。