進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

耳毛の話

マスターは耳毛が生えている。
実際に「耳毛」という概念を知らない人もいるので説明すると。
耳たぶから外耳にかけて、産毛でなく黒い毛が生えているのである。
場所柄、密生しており、外から見ると品よく見えない。

耳毛が生えていると困る事が少なくても二つある。
一つは、汚い話だが耳垢が溜まりやすい。
普通、耳垢は自然と外耳の入り口方向に排出されるので、
あまり奥深く、頻繁に耳かきは使用しないように現在は指導されている。

でも、マスターの場合、耳毛が邪魔をして耳垢が外耳道に溜まるのである。
幼少時から他の人に耳垢を取ってもらうと
「耳毛がすごいですね。耳垢も溜まっています。」と必ず言われた。

中学校一年の健康診断の時、耳鼻科医は所見欄に「耳垢」と書いた。
担任教師の説明では「病気ではないが、一度耳鼻科に出かけて取ってもらうように。」
という事である。

夏休み。耳鼻科へ出かけた。「病状」を説明すると、医師は針の無い注射器状の
モノを持ち出した。それに水を吸い上げ、耳穴に押し込む。
耳の下にはシャーレが用意された。
医師が「注射器」を押すと水が耳穴の注ぎ込まれた。
隙間から水がシャーレに落ちる。
「耳掃除」のあとシャーレを見ると、耳垢がいくつもプカプカと浮かんでいた。

その後も耳鼻科に治療に出かけると、大概最初に「耳洗浄」を受ける。
                                      (続く)

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する