進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

フィリピンの2000ペソ紙幣

2000円札サーチをしていたら、
フィリピンでも2000ペソ紙幣があることを知りました。
2000ペソ
もっとも「建国100周年記念に限定30万枚で発行」という事で
一般人の入手は現地でも難しいそうです。コレクター頼りだそうです。

紙幣の説明:
 表には宣誓式のエストラーダ第13代大統領
 裏はフィリピン国旗を振るラモス第12代大統領

「あれ、フィリピンの独立は戦後では。」とマスターも一瞬思いました。
調べて思い出しました。1898年米西戦争に乗じて一旦独立をしているのです。
その時の首班のアギナルドの名はマスターも高校時代に教わりました。

勿論、独立派の後ろ盾のアメリカは、「独立」後一転して独立派を弾圧をして
こんどはアメリカの植民地になる訳です。

何かとアメリカの影響が強く、かってはハワイのように「米州編入論者」も多かった
フィリピンですが、「独立」記念日を米国からではなくスペインからに
しているのは感慨を覚えます。

ちなみに現在2000ペソ≒4050円ほどです。
韓国同様ドル連動制を採用しているのか、円高ペソ安傾向です。

これだと、現地のメイドさんの月給程度。
あるいはセブ島などの、外国人に人気のリゾート地の住宅の一月の家賃程度だそうです。
ただ、どのサイトを見ても「貧富の差が激しい」ので
「物価が安いからと、成金暮らしはするな。」とコメントしています。
あと「医療費など贅沢費は日本以上」なので、この辺の不便を
承知しないと「快適なフィリピン暮らし」を楽しめないそうです。
 
風邪をおし介護のために買い物へ
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する