進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

古代エジプトの猫の石灰岩像発見

ねこ


 エジプトのアレクサンドリアで、猫の姿をした古代エジプトの
女神バステトを祭ったと見られる神殿の遺跡が新たに発見され、
約600個に上る猫の石灰岩像が発掘された。
 遺跡を発見したエジプトの考古学者チームによると、
この神殿はプトレマイオス3世(在位紀元前246~同221年)の妻
ベレニケ2世が建立したものだという。
 古代エジプトの人々は猫を大切なペットとして飼育していた。
個人墓の壁画には猫の姿が描かれることも多く、
人間と同じ処理を施された猫のミイラが神殿に埋葬されることもあった。
 発掘チームを率いたエジプト最高考古庁のモハメド・アブデルマクスード氏は、
「アレクサンドリアで発掘された遺物としては100年間で最大級の発見」と話している。


プトレマイオス朝といえば、かのクレオパトラの時代。
「古代エジプト」ではなくすでにギリシャ・ローマの時代です。
要するに、古代エジプトの「ネコ信仰」がギリシャ人の血を引く
プトレマイオス朝時代でも続いていたという事では「大発見」だそうです。

でも、このネコは神様らしからぬ写実的な像です。
日光の「眠り猫」を思わせます。

大寒や朝鳴き止まず野良の猫
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する