進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

2000円札を作った男 垣水孝一氏

体調不良のため更新が遅れています。申し訳ありません。
2000円札産みの親といえば小渕首相を思い浮かべる人は多いでしょう。
しかし、小渕さんだけではこのお札は発行できません。
大蔵省の協力があってこそ発行できたのです。
その大蔵省側の中心人物の一人が垣水孝一氏です。
垣水
氏は2000円札が不評なことについて
「活用を推進すべき小渕恵三首相が印刷前に倒れてしまったので流通しなかった。」
と出身の旧制富山高校のOB会で述べています。

すると、後任の「そのまんま体育会」森首相は2000円札は嫌いだったのかもしれません。
時の総理たちに通貨政策の失敗の原因を押し付けるかのようにも見える
言い方はどうかとも思えますが、やはり市中銀行が及び腰なのが原因でしょう。
勿論いままでの紙幣単位で国民は満足していた事も。

垣水氏は幼いお子さんを小児ガンで亡くされています。
そのため、現在は「財団法人がんの子供を守る会」
理事長を高齢にも関わらず務めていらっしゃいます。
興味のある方は、アクセス願います。

政界の混迷悲し実朝忌

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する