進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

ベトナムの2000ドン札

ベトナムにも2000単位の紙幣があります。
2000ドンといいます。
2000ドン紙幣
人物像はあら懐かしや「ホーおじさん」です。
日本円換算は控えましょう。
韓国もそうですが、現地での使用感覚と
レート感覚が違うようです。

2000ドンで、ホーチミン
(サイゴンでも通じるそうです)の市バスに
乗れたり、新聞が買えるようです。
食事は安い食材が買える程度。

もっともかっての日本同様
同国は経済成長中。
インフレも進行しています。
ネットでチェックしても物の値段が
ドンドン上がっていくのが判ります。


老雄の微笑が語る若き国
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

どうもはじめまして、コメントを頂いたホッパーです

日常で見つけた些細な小ネタ記事にまともなコメントを頂くとは思いもよらず。。
さて、本題として、あの写真はご指摘の通り、食券の券売機です。当時、5000円札しか持ち合わせておらず、わざわざ両替して貰って昼食を取ったというのは苦い思い出で(苦笑
2000円札ではなく、5000円札を使えるようにして欲しいと思ったものです。

個人的な意見を述べさせていただきますと、
2000円札と言うのは日本においては需要に乏しく、使いにくい単位である上に、
既に発行が停止している今、記念紙幣としての意味合いが高いため、普及は難しいのではないかと思います。

バトルホッパー | URL | 2010年03月06日(Sat)21:51 [EDIT]


Re: どうもはじめまして、コメントを頂いたホッパーです

こちらこそ。わざわざ拙ブログへのコメント有難うございます。
二千円札は使いにくいというのは、マスターも使い始めたときはそうでした。
心理的にプレッシャーが掛かるのです。
でも、慣れれば特にどうという事はありません。
五百円札から五百円硬貨に変わったときも同じでした。

二千円札はいまでも金融機関で両替されていますので、
これからも二千円札は続くでしょう。
個人的には「事業仕分け」の対象にならなくてよかったです。



2000円マスター | URL | 2010年03月07日(Sun)06:57 [EDIT]