進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

高額紙幣が出来て喜ぶのは強盗と偽札作りだけ

今朝から悪天のせいばかりでなく体調が思わしくありません。
早朝、出勤の連れ合いを見送った後、PCの前に座り
二千円札関係のチェックを始めたところ
またもや「二千円札などより十万円紙幣を出してもらいたかった。」
という書き込みを見つけてしまったのです。

最近、わが国でも「体感治安」の悪化が指摘されています。
もし、十万円紙幣など発行されたら、銀行強盗の決まり文句
「使用済みの一万円札をトランク一杯に用意しろ。」は
「使用済みの十万円札をトランク一杯に用意しろ。」となります。
強盗の実入りは確実に十倍増。将に究極のマネーゲーム。

諸外国では最高額紙幣はかっては銀行間の決済などに用いられていました。
しかしそれらもオンライン化で廃れています。

逆に近くにいる外国暮らし経験者に尋ねてみてください。
多くの国では最高額紙幣での支払いを拒否する場合が多いです。
ブログのサーチだと理由は(順不同)
1.めったに見ないため真贋がわからない。
2.外国ではキャッシュレス化(クレジット・デビットカード)が
 普及しており、高額紙幣を使用する機会が少ない。
 そのため高額紙幣はますます見られず、1.の状況になる。
3.日本と違い少額の買い物は事前に小銭を用意しているのが常識で
 飲み物などを売店で買うとき、高額紙幣は平気で拒否される。
 またキャッシュレス化が進んだ国だと、少額でもカードで
 支払える場合が多くなっている。

といった理由が挙げられます。
マスターとしては、稿を改めますが「コンビニATM」などという代物は
止めるべきだと思います。
なお、サイドバーにあるリンク先でイギリス暮らしの方が
「5万円札なんて作っても、使う人がいるのかしら。」と書いています。
高額紙幣が嫌われる国で暮らしている人たちの「常識」でしょう。


日本でも駅の売店も電子カード対応が進んでいます。
スーパー・タクシーもクレジットカードが使えるようになりました。
(大阪のタクシーは以前から使えましたが、東京はダメでした。)

ソースは確認できませんでしたが、以前政府も
高額紙幣の発券予定はないと言明していました。
おそらく上記理由による物でしょう。

さすがに腹巻に現金を巻いての海外旅行は影を潜めましたが
もうすこし「紙幣の持ち歩き方」については一考が必要でしょう。

ストーブに抱きつきたしや窓のそば
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する