進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

こんな映画を観た「ブレードランナー」「トロン」

これも「出世映画」の一つ。
「SF大作」として公開。しかし暗い話と暗い画面に観客は幻滅。
マスターが観たのは、そのころ。
その後ビデオの普及で、「百回みた」(マスターの知人)というような
コアなファンが現れる。いまでは「傑作映画」の名を世界的にほしいままにしている。

冒頭、日本語と日本人が溢れる近未来のロスアンゼルスが日本のオタクに受けたのかと
思ったが、世界的に「ウケテ」いるようで何がなんだかわからない。

宇宙での作業のために作られた寿命ニ年の
「レプリカント」たちの反乱を抑える話。

ともかく、暗い映画館で暗い画面の暗い話を聞くのだから、いい加減眠くなる。
でも、ハリソン=フォードと対決したレプリカントのモノローグは秀逸であった。
そこだけ目が覚める。

個人的には百回どころか、また見る気も起こらない映画。

「トロン」は過去記事で述べています。そちらをご覧ください。
(1983年5月8日 飯田橋ギンレイホール)

少しずつ日差し増したり春の朝

ブレードランナー 最終版 [DVD]ブレードランナー 最終版 [DVD]
(2002/07/05)
ハリソン・フォードルトガー・ハウアー

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する