進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

金曜日はカレーライスの日

マスターが進学で上京した最初の一年半お世話になった、
仙台育英会五城寮(すでに閉鎖)。
その寮では毎週金曜日の夕食はカレーライスの食べ放題だった。
食欲旺盛な二十歳前後の若者たちが集う場なので
寮生皆もりもりと食べていたのを思い出す。
メンチカツや豚カツを買ってきて
カツカレーやメンチカレーと洒落込む人もいた。

もっとも「カレーライスは受け付けない」という人もいて
その人は金曜日は外食されていた。

カレーライスに抵抗のある人というのを初めて知り、
そこから世間にはいろいろな人がいるという考えを
得たのは寮暮らしの功徳の一つかもしれない。

なぜ、「金曜日はカレーの日」だったのか、
当時の寮生はだれも理由を知らなかった。

理由に気がついたのは比較的最近のことである。

戦後、五城寮が再開したときの、初代舎監先生は
山梨 勝之進 先生だった。
ネットで調べればすぐ出てくる、旧海軍の名将である。
リベラル派だったが、それでも公職追放に遭い、
このような学生寮の舎監をされていたそうだ。

おそらく山梨舎監が長年勤めていらっしゃた
旧海軍の艦隊勤務では、「金曜の夕食はカレーライス」と
決まっていたので、その習慣を持ち込められたのだろう。

OB会にでると、山梨舎監の薫陶を受けられた先輩たちは
どこか違うように思える。

次回のOB会では、マスターの両親の世代でもあるこれら古参OBの
皆さんに山梨舎監の思い出話をいろいろと聞いてみよう。

薫風を胸に吸い込む朝が来た

(早朝更新なので朝を詠う句が多いですね)




関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する