進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

マスターメタボ対策始める

勤務先が健康指導にここ数年熱心で、
「健康指導管理」なるものをはじめた。
幼少時から健康雑誌に目を通していたマスターが
被験者に手を挙げたのは言うまでも無い。

まず、
1.至近の健康診断で問題がある数値をリストアップ、
 基本方針(目標体重、血圧な)どが示される。
2.次にCBT(ネットを使用した試験)で性格・生活習慣をチェックして
 自分なりの減量・減塩方針を策定。
3.産業医のチェック・カウンセリングで目標達成という手順である。

現在2段階目である。
マスターの場合身長173センチ、体重72キロで当然ややメタボである。
目標数値は67キロ。これは入社間もないころの体重である。
いままでも70キロまでは瘠せた事があるが、ここまでやせるのは
きつい。

CBTは結構面白かった。
性格テストで「負けず嫌いか」などの設問があり。
「はい。」と答えると。
「減量を始めたことを皆に話しましょう。」といったアドバイスが出るらしい。

マスターの場合、
いままでもそこそこ気をつけていたことがあるが、
やはり意外な盲点も指摘された。


例えば、通勤時には立って電車に乗ること。
マスターは幼少時から「空席があればサッサと座る主義」なので
これだけでもずいぶんカロリーを使うことが理解される。
あるいは「ゴロゴロしていることが好き。」なので
「間食を取りたくなったら、部屋の整理整頓・掃除を始めて
 食欲を減らしカロリーを使う。」という指示は
痛いところをついている。

新人で入社したころ
周囲の第一印象は「瘠せた奴が入社したな。」だったマスター。
その後僅か一年で、会社の水が合ったのか(それなのに偉くなってないが)
あっという間に10キロも太って現在に至る。

「負けず嫌いなので、減量を言いふらしましょう。」との指示もでていますので
皆さんに公表する次第です。

新しきカラダよ目覚めよ朝涼し
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する