進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

2000円札に怒ったりフリーズしたり

連れ合いがある店で2200円の買い物をした。
小銭と千円札の持ち合わせがなく、二千円札を二枚差し出した。
とたんに店員は愛想笑いを凍りつかせ
「200円はないのですか。」と絶叫。
連れ合いは「すいません。今はこれしかないのです。」と平謝り。
もちろん1800円のおつりはもらえたが、行使時に
平謝りしないといけない紙幣とは困ったものである。

一方のマスター。
駅売店で100円の新聞を買うのに二千円札を使用。
売り子の女性はカウンターに置かれた二千円札をみて
そのまま数秒動かなかった。
ようやく無言で1900円の釣銭を渡される。


ハンディを背負うというのはどういうことか知りたければ
二千円札の普及にまい進すべきだ。

紙幣一枚暑苦しく感ず人もあり
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

やはりそうでしたか

タイトルから内容は想像しておりましたが,困ったものですね.特に,「200円はないのですか」と絶叫するとは,とても商売をやっている人間とは思えません.

昔からの国民性なのか,最近そうなったのかは分かりませんが,想定外の物事に出くわした際に怒ったりフリーズしたりする人が多過ぎるような気がいたします.そして,そうした人々が,この失われた20年の間にも淘汰されなかったことが不思議でなりません.

SS | URL | 2010年08月13日(Fri)08:47 [EDIT]


ハンディと言う語がでてきて意味深です。
なんとなくわかる気がします。

多数派の意見に流されていては、日本の国は危ういと思います。2000円札にそれほど抵抗感を覚える国民を見ていると、無菌状態になれすぎ適応力をなくした免疫の弱った死に体に見えます。

ハゲナルド | URL | 2010年08月13日(Fri)19:01 [EDIT]


Re: やはりそうでしたか

休み明けで業務処理が多く返事が遅れて申し訳ありません。
おそらく「昔」からでしょう。
敗戦とともになすすべもなくなった65年前もそうです。
あるいは徳川300年の治世が黒船で崩壊したように。
現在と明治初期は時代についていけない人は自殺の道を選びました。
戦時中は「玉砕」ということで新しい道を選ぶのを拒否。
日本人は変化に順応と自画自賛していますが、
それは一部の人で大多数はかなり保守的な発想だと思います。




> タイトルから内容は想像しておりましたが,困ったものですね.特に,「200円はないのですか」と絶叫するとは,とても商売をやっている人間とは思えません.
>
> 昔からの国民性なのか,最近そうなったのかは分かりませんが,想定外の物事に出くわした際に怒ったりフリーズしたりする人が多過ぎるような気がいたします.そして,そうした人々が,この失われた20年の間にも淘汰されなかったことが不思議でなりません.

2000円マスター | URL | 2010年08月17日(Tue)06:30 [EDIT]


Re: タイトルなし

返事が遅れて申し訳ありません。
先の戦争も「開戦派」という多数派に押されたものと
現在では理解されています。

最近海外勤務を嫌がる、あるいはウオッシュレットでないと
トイレができない人が増えていますが、
一億総こぎれいの行く末は暗いことを認識しないといけません。







> ハンディと言う語がでてきて意味深です。
> なんとなくわかる気がします。
>
> 多数派の意見に流されていては、日本の国は危ういと思います。2000円札にそれほど抵抗感を覚える国民を見ていると、無菌状態になれすぎ適応力をなくした免疫の弱った死に体に見えます。

2000円マスター | URL | 2010年08月17日(Tue)06:35 [EDIT]