進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

特許庁のシステム開発汚職、猶予付きの有罪判決

特許庁のシステム開発をめぐる贈収賄事件で、収賄罪に問われた同庁の先任審判官の志摩兆一郎被告と、贈賄罪に問われたNTTデータの元社員の沖良太郎被告の判決公判が2010年9月14日、東京地方裁判所で開かれた(関連記事)。東京地裁の河村俊哉裁判官は志摩被告に懲役2年、執行猶予4年、追徴金約256万円の有罪判決を言い渡した。沖被告は懲役10カ月、執行猶予3年の有罪判決だった。

 河村裁判官は志摩被告の判決理由として「公正中立な立場が求められる特許庁の審判官でありながら、特定の企業に便宜をはかるため、長期、多数、多額の賄賂を受け取っていたことは軽くみることはできない」と話した。沖被告の判決理由は「自ら主導して賄賂の供与を繰り返すきっかけを作った」とした。

 執行猶予を付与した理由として河村裁判官は、「両被告とも前科はなく、事実を認めて反省し、謝罪の気持ちをあらわにしている。志摩被告は公務員を失職することになり、沖被告は所属していた企業から解雇処分を受けた。酌むべき事情はあると考え、今回に限り刑の執行を猶予するものとする」と述べた。

 判決によると、志摩被告は2005年8月から2009年11月までの間に、次期基幹システムに関する情報の見返りに、沖被告から66回のタクシー代(合計約256万円)を受け取った。


http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100914/351970/

裁判といえば押尾被告の話。世間は民主党代表選挙で紙面は埋め尽くされている日に
6月に発覚した贈収賄事件の判決が言い渡されました。
裁判に詳しくはありませんが、スピード判決から見ると
贈収賄双方とも起訴事実について争う様子はなかったように思います。
おそらくこれで刑は確定するでしょう。

特許庁によれば他にも「日立製作所」と「東芝ソリューション」
が接待をしていたようで、収賄側の職員もこの判決に合わせて
二名を懲戒免職、上司は戒告処分となりました。

「日立」「東芝」は該当社員を「厳正処分」にするとコメントしています。
でもこういう場面での「厳正処分」は、この場限りで、
半年もすればしっかり出世している場合が結構あります。

贈収賄ともに家族の生活もかかっているし、実刑は免れたようですが
これだけコンプライアンスが喧伝されながらまだまだこのような事件が
起きるとは、本当に情けないと思います。


関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する