進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

勤務先から自宅まで歩いてみる1

初秋の休日を利用して、ダイエットと災害時の帰宅訓練を兼ねて
勤務先から自宅へ歩いてみることにしてみた。
歩行コースはグーグル先生に設定してもらった。
コースを地図に鉛筆でトレースすればOK。
とりあえず早朝、電車で勤務先前に向かう。
いよいよ歩行開始。7時15分である。

しばらく歩くと尾竹橋で隅田川をわたる。
09190002.jpg
隅田川と荒川(放水路)に囲まれた地帯は再開発が遅れていて、
古い建物が残っている。そのうちの一軒の洋品店が店じまいをするらしく、
古いワイシャツをただで配っていた。
09190003.jpg
マスターもなるべく大柄のシャツを選んで持ち帰る。
※帰宅後開いてみたが、首回り、胴回りとも窮屈で着れなかった。
このシャツが作られたころのマスター(たぶん高校生?)ならば
ちょうど良いサイズだったのに。時は無情である。

やがて、ルートは荒川河川敷を歩く。
親子での早朝野球が行われている。オヤジ達は「巨人の星」に洗脳された世代。
自らの体力涵養も良いが、子供たちの体力低下も憂わないといけない。
09190004.jpg
千住新橋で荒川を渡る。
橋のわきに「田中屋釣具店」という聞き覚えのある店名が。
ひょっとしてキャンディーズの田中好子さんの実家?
09190007.jpg

キャンディーズ全盛のころ、週刊誌に載っていた釣具店の写真は
古い木造平屋建てに大きなペンキ書きの看板がある典型的な下町の商家だった。
「東京暮らしならば、きっと出かけただろう。」と
スーちゃんのファンのマスターはその当時思った。

帰宅後調べてみると、そうらしい。
今はスーちゃんのお姉さん夫婦が家を継いでいて、
ますます盛業中とのこと。今でもファン詣でがいるようだ。
海釣りと川釣りの道具の区別がつかないから、すぐにわかるらしい。
09190008.jpg
田中屋釣具店を過ぎるとすぐに右折。
地図をみると、これから綾瀬・亀有とほぼまっすぐに進むようだ。

白球を追いし父子に秋の風
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する