進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

高川山に出かける

秋の一日。大月の外れの高川山に出かけた。
一般的には大月のひとつさきの初狩駅から登るが
今回は大月からの縦走コースを選んだ。
11030001.jpg
8時過ぎに大月駅を出発。
ネットでコースは調べており、大月市立中央病院に向かう。
病院の少し先が登山道である。
(逆光なので都留市側から撮影)
11030003.jpg
標識にあるように、防空監視所跡へ向かう。
車道が切れて、ジグザグ道を尾根に取りつくとすぐに監視所跡である。
戦時中、ここに聴音機を設置。敵機来襲に備えた。
聴音機の設置場所あとである。
11030004.jpg
この小さな町も’45年8月13日に空襲に遭っている。
日本は8月10日にポツダム宣言を「国体護持」を条件に
受諾を連合国側に通告。
それへの「力での返答」とも受け取れる。
慌てた日本は再び御前会議を開き「無条件受諾」を決定する。
「国体=天皇国家主義」維持のためにまたもや犠牲が出たことは
痛恨の極みである。

参考に聴音機の写真。
レーダーの開発・配備に遅れていた日本はこういう旧式兵器に
頼っていたのである。
聴音
尾根道をかなりのアップダウンをしながら登る。
この山域の特徴である。
こういうことは「百名山」追いかけだけしていればわからない。
11時過ぎ山頂着。富士山が美しい。
11030006.jpg

狭い山頂は、初狩からの登山者で一杯である。
11030007.jpg
帰路は初狩駅へ。
急坂の急降下である。12時ちょうどに初狩駅着。
何もない駅前だ。下山祝いは大月駅に途中下車しておこなおう。
11030008.jpg

秋風や監視所跡の石の壕
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する