進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

二千円札の活用アイディア

自民党さんにそろそろ提言を送ろうかと思います。
締め切りは書いていませんが、
今月中に送るのがインパクトとしては強いでしょう。

とりあえず、下書きとして、この記事を書きます。
それを清書してメールを送りたい。

1.一般商店で「当店は二千円札をおつりに入れさせて
 いただきます。不要の方は申し出てください。」
 と書いたポスターを作成・掲示することを援助。


商店では「客が嫌がるから。」と二千円札をおつりに
出さない店が多いです。この悪循環を断ち切らないといけない。
実は商店主が考えるほど、二千円札を客全員が嫌がるわけではないのです。
「二千円札が回って来ないから使いようがない。」という人も多いのです。
日本人の「相手が嫌がることは(特に商売上)しない。」という
発想が逆効果となっているのです。
最近の領土問題などまさにその「逆効果」現象です。
と言っても、いくら法律で強制通用ができる紙幣とはいえ、
嫌がる人に押し付けるのは良くないです。
あくまでも「拒否」はできる旨書き添えた方が良い。

2.バスの両替機に二千円札対応を増やす。
 もしくは運転手に両替を義務付ける。
 

 交通機関の券売機は曲がりなりにも二千円札対応機が普及しています。
 しかし、バスの場合は皆無です。
 他の高額紙幣でもそうですが、それでこそ、二千円札対応の意義があります。

3.二千円札対応の券売機は結構普及していることを周知徹底させる。

 けっこう「切符ひとつ買えないお札などいらない。」と
 思っている方が多いのです。
 発行から早十年、小駅で券売機が一つしかないところでも
 古い二千円札非対応の券売機ならば交換時期です。
 是非、二千円札対応機に変換させましょう。
 都会の複数の券売機がある場合は、必ず一つは二千円札に
 対応しています。これはほかの高額紙幣も同じです。

以上思いつくままにあげてみました。
マスターの真面目な性格そのままの正攻法ばかりです。
他にもゲリラ的方法はあると思います。たとえば。

次期紙幣改正には二千円札に人物像をつけるというのもありか。
この場合、一般に知られていない人物を発掘するのも良い。
新渡戸稲造もそうだったのではないか。

沖縄が出たのだから、北方領土絡みで、間宮林蔵・高田屋嘉平・最上徳内
などを出したらどうだろう。
ロシアに「柳腰」などしなくてもよいのは「歴史的に証明」されたばかりである。

徳川幕府を倒して成立した現政府が旧幕側の人物を出せば
会津などいまでも「新政府」に遺恨を持つ地域で利用運動が起きるのでは。
また、そういう地域の「融和政策」にもなると思う。

新紙幣は新造を発表しても現紙幣の在庫が無くなるまで
生産はさせないのは勿論である。
新紙幣のデザインが魅力的であれば、在庫をなくすため現紙幣の流通が増えて
その勢いで新紙幣にバトンタッチができる。


皆さんもいろいろ考えて、自民党に提言しましょう。
 
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する