進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

宇部市ときわ公園で白鳥・ガン殺処分 ペリカンは切羽2

高病原性鳥インフルエンザの発生で、常盤公園から美しいハクチョウ類が姿を消し、放鳥飼育されているのは43羽のペリカンだけになった。宇部市は残された財産を守るため、厳重な監視を続けている。自由に飛べる13羽は、順次飛べないように切羽処置を施す。久保田后子市長は、今後の飼育の在り方などについて、市民や専門家を交えて協議の場を設けたいとした。

 15日朝には全庁で黙とうし、次の命を守るために犠牲になったハクチョウたちに哀悼の意を示した。市民課の朝礼に参加した久保田市長は「宝物を失った寂しさ、悲しさなど、市民の気持ちをしっかりと受け止め、感染拡大を防ぐためにはこの判断しかなかったということを、各自が正確に説明してほしい」などと訓示した。
 庁内の出入り口には「市民の皆様へ」という文書を張り出し、各課の窓口にも経過や今後の対応、お願いなどを記した文書を置いた。
 14日に本庁で開いた防疫対策本部会議では、常盤公園での防疫、監視態勢の確認、市民への説明について、現状認識と情報共有を図った。同本部は最高の危機レベルを保ったまま継続し、ときわ湖水ホールに置く現地対策本部も引き続きペリカン、野鳥の状況を監視することとした。
 久保田市長は「ウイルスを拡散させないため、徹底防御する。辛うじてペリカンを守っているが、リスクは高く、危機は忍び寄っているという認識で厳重監視。養鶏農家に広げないため、最大限の手を尽くす」と述べた。今後の飼育について「科学的な事実を正確に伝えながら、飼育するのかしないのか、野鳥の湖にするのかなどの議論をしていく。困難にくじけず、議論の中から希望を見いだしたい」と話した。野鳥や水鳥と自由に触れ合えるのが常盤公園の最大の魅力だったが、世界的に鳥インフルがまん延している中で、大きな転換期を迎えている。
 常盤公園は3月4日まで一部施設を除き、立ち入り禁止となっているが、13日午後3時55分以降、周遊園路で2人、防疫措置区域で親子2人を発見し、事情を説明の上、消毒を行い、園外へと誘導した。周遊園路への侵入者の通報があり、警察と職員で捜索したが、発見できなかった。
 教育委員会からは児童・生徒の様子が報告された。発達段階に応じた説明を要請したところ、14日までに大きな動揺はなく、スーパーバイザー(臨床心理士)は派遣していないという

http://ubenippo.co.jp/2011/02/post-1712.html

こちらも元気に公園上を飛翔していたペリカンの動画があります。
(埋め込みがうまくできないのでリンクにしました。)

これからはこのようなペリカンの飛ぶ姿が見られなくなるとは残念です。

一匹の鳥が感染したからと言って、全数処分はひどいとは個人的には思います。
しかし、ヒトの世界はどうでしょうか。
「反独裁・民主化」を訴えるヒトを「ウイルス汚染」とみなし、
「殺処分」「切羽」をためらわないのも我らヒト属です。


春遠し失われたる生たちよ

なお、隔離されたペリカンにもいざこざが発生して
またもや犠牲がでました。

常盤公園、ペリカンけがで死亡 仮鳥舎内で"いさかい"
 高病原性鳥インフルエンザから守るため、常盤公園内3カ所での分離飼育が始まったペリカンにアクシデントが発生した。仮鳥舎に収容していたモモイロペリカン1羽が20日、足のけがが原因で死亡。鳥同士のいさかいがエスカレートしたものだが、宇部市ではこれまでの環境が一変し、ストレスになったのではとみている。

 インフル対策が思わぬ災難をもたらした。久保田后子市長は「懸念していたことが起き、大変残念なことだが、リスクを分散するためにも一定のことをしなければならない。残されたペリカンたちを守りたい」と語った。
 21日に市役所で開かれた防疫対策本部会議では、現在の状況や対応について情報を共有した。ペリカンへの影響を考え、湖上からの監視はやめ、22日以降は全て陸上(1日6回)から行う。養鶏農家に対するフォローも徹底するよう指示があった。
 20日午前9時前、白鳥大橋たもと(菖蒲苑近く)に設置した仮鳥舎内で、モモイロペリカンの5歳の雄が右足にけがを負っているのが見つかった。獣医師が処置したが、約3時間半後に死亡を確認。失血死だった。県中部家畜保健衛生所と協議の上、事故死のため、簡易検査はしなかった。原因となった気性の激しいペリカンは、鳥舎から島に設置したネットへ移した。
 死亡した野鳥とコクチョウが強毒タイプに感染していたため、予断を許さない状況は続いている。市は残されたペリカンを感染の危機から守ろうと、ペリカン島の他に、噴水池と白鳥大橋たもとに仮鳥舎を緊急設置。野鳥と接触できないよう、保護したペリカン20羽を収容した。2カ所の鳥舎では相性などを見ながら入れ替えをしている。


http://ubenippo.co.jp/2011/02/post-1727.html
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

もう、常盤公園で動物を飼うのは諦めた方がいいかと思います。
飼う資格も無い。
治療の為の羽切でなく、処分の為の羽切、保護ではなく監禁なのだから。
広い場所、快適で健康的だと養鶏場でもインフルは出てないと聞いた事があります。
むしろ囲う事により、ペリカンにも来年はインフルが出るかもしれませんね。今回のようにわざわざ調べたらですけど。
個人的には、白鳥はあれから蔓延もせず今も元気でたくさんが泳いでいただろうと思っております。
元気な鳥、人間だって、生き物は強いんですよね。
野鳥でも、たまたま弱ったものが風邪に倒れただけ。
酷い事をしますよね。

匿名希望 | URL | 2011年02月23日(Wed)01:19 [EDIT]


Re: タイトルなし

はじめまして。
他の「重大ニュース」の陰になってしまいましたが、
本当はもっと報じるべきです。
 ブロイラーの「殺処分」一辺倒の是非も含めて。
ペリカンだけが生き残れたというのも今一つ解せません。
宇部市当局は「時間がない中の緊急事態」を隠れ蓑に
説明責任を怠っているのは明白です。

この事件があるまで「ときわ公園」を知りませんでしたが
近い将来、必ず訪れます。
改めて鳥たちの冥福を祈ります。

2000円マスター | URL | 2011年02月23日(Wed)21:43 [EDIT]