進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

こんな映画を観た「八甲田山」

原作は本作公開頃(マスターが高校生ごろ)に読了。たぶん兄の蔵書だった。
映画版は原作と違い、無事踏破する弘前の部隊も丹念に描いている。
力作であり、見て損はしない。でもやはり回想シーンの多さは気になる。
橋本忍氏によれば「吹雪シーンは灰色の連続で、映像的に
単調になるので青森の四季を入れた。」と説明するが
緒形拳演ずる地元出身下士官が
初夏の八甲田のお花畑で遊ぶシーン以外は不要と思った。

日本映画「最後の大作」の呼び声も高いが
日本映画の悪癖「回想シーン」でも「大作」である。

吹雪のシーンの撮影は大変だったろうが、
カメラワークは全体的に凡庸で、もうひとひねり欲しかった。

今は亡き芥川也寸志が音楽担当というのも懐かしい。

梅雨空や暗き影なす雑木林



八甲田山 特別愛蔵版 [DVD]八甲田山 特別愛蔵版 [DVD]
(2004/06/23)
高倉健、北大路欣也 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。