進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

こんな映画を観た「南極物語」

「南極大陸」に触れたのだからこの映画にも触れないといけない。
公開当時のコピーは「あの感動をもう一度!」。
でも「タロ・ジロ生存」の話はマスターの生まれる前の話。
ちょっとズレたコピーのように思われた。

置き去りにされた犬たちの演技ばかりが思い出される。
高倉健が主演とはこの記事を書くためにレビューを見るまで忘れていた。

氷が割れて海に沈む犬。首輪を切り新天地へと向かっていく犬。・・。
大ヒットしたそうだが、マスターが観たのは日曜夜とあってか
観客は半分も入っていなかった。

それよりも当時の週刊誌は
「売上新記録と言うがフジテレビは大量の前売り券を
広告会社に買わせて、仕方なく社員たちは銀座のホステスたちにばらまく。
劇場は彼女たちで一杯だ。」と大人の論理の風説をばらまいていた。

黛敏郎は「題名のない音楽会」で
「あの『チャーン、チャーンチャチャーン』の繰り返しだけの
つまらぬ曲に何億も払ったそうだ。」と
ヴァンゲリスの「名曲」にケチをつけていたのを思い出す。

勿論マスターは映画館で正規料金を支払ってみました。
(1983年7月ごろ? 記憶では春ごろと思っていたが
 公開は7月なのですね。記憶はあてにならない。王子シネマ?)

宵寒や右奥の歯が痛みだし


南極物語 [DVD]南極物語 [DVD]
(2001/11/21)
蔵原惟繕、高倉健 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。