進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

北杜夫氏死去 氏の東北大学時代の逸話

小説「楡家(にれけ)の人びと」やユーモアあふれるエッセーの「どくとるマンボウ」シリーズなどで知られる作家の北杜夫さんが、24日亡くなりました。84歳でした。

北杜夫さんは昭和2年、東京に生まれ、東北大学医学部に在学中から小説を書き続けました。大学を卒業後、船医として水産庁の調査船に乗り込んだ体験をユーモラスに描いた「どくとるマンボウ航海記」が昭和35年にベストセラーになったほか、同じ年に発表した、ナチスに抵抗する精神科医を描いた「夜と霧の隅で」が芥川賞を受賞し、作家として本格的に活動を始めました。その後も、自身の家系をモデルにして三代にわたる精神科医の一族の没落を描いた「楡家の人びと」や、明治時代にブラジルに入植した日本人移民を取り上げた「輝ける碧き空の下で」などの純文学作品でベストセラーを生み出す一方、ユーモアあふれるエッセーや紀行文なども手がけました。父親は歌人の斎藤茂吉で、平成3年から平成10年にかけて発表した、4部作の「斎藤茂吉伝」で大佛次郎賞を受賞しました。北さんは、最近は若いころに集めた昆虫の標本を集めた展示会を開くなどの活動を続け、去年、人気シリーズの最新作「マンボウ家の思い出旅行」を出版しました。今月1日には長野県軽井沢町で開かれたトークショーにも出席しましたが、今月23日に体調を崩して入院していました。

北杜夫さんと同人誌の製作を通じて知り合い、60年余りにわたって親交のあった、作家の佐藤愛子さんは、「北さんと私は互いに20代で文学を志し、作品の批評をはじめ何でも言いたいことを言い合える仲で、肉親のような親しみを感じてきました。同人誌のほかのメンバーはすでに亡くなっていて、突然の訃報を悲しみ合う仲間もおらず、今はただ喪失感に襲われています」と話しています。

ドイツ文学者で、北杜夫さんと親交があった東洋大学名誉教授の岡田朝雄さんは、「今月1日に北さんとお会いしたときはお元気な様子だったので、突然の知らせにただ、びっくりしています。北さんは硬派の文学でも多くの名作を残したが、一方で日本文学にユーモアを取り入れて成功した希有な作家だった。ご冥福をお祈りします」と話しています。

北さんと長年にわたって親交があり、対談を行ったこともある動物研究家でエッセイストの畑正憲さんは、「北さんの書く文章は大騒ぎをしないのにくすくすと笑えるユーモアがありました。私も『どくとるマンボウ航海記』以来の大ファンで、北さんに傾倒していました」と話していました。そのうえで、「昨年、電話をしたときも元気そうだったので、思いもよらず、本当にショックです。小さなマンボウを剥製にして送ろうと思って用意していましたが、畏れ多いこともあってなかなか直接会えず、生前に渡せなかったのが残念です」と話していました。

北さんと同じ大学病院に勤め、同人誌での活動を通じて60年近く親交がある、小説家で精神科医のなだいなださんは、「ことし8月に軽井沢にある北さんの別荘で会ったときには、私にお見舞いの品を贈っていただき、元気だったのに非常にショックです」と話しました。そして、「北さんの書く文章は、父で歌人の斎藤茂吉の影響もあって、和歌のようにことばを一つ一つ選んでいる印象がありました。それでいて文章も本人もユーモアがあり、一緒にいて、思わずこちらも笑ってしまうような人でした」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111026/t10013511501000.html

実はマスターの亡父は東北大学の学生時代、北杜夫(斉藤宗吉)氏と面識があったようです。
もっとも北氏は大学卒業直後に仙台を去り、さらに作家へと転身しているので
その後の付き合いはなかったようです。

父に客人が来て、北氏の話になると、いつも以下の二つの逸話を披露していました。

1,彼は大学の講義は遅刻の名人だった。
 階段教室の講義のとき、すでに講義が始まっているのに、
 弊衣破帽姿で教室の奥の扉を開けて現れ、
 中央通路を堂々と下駄を鳴らしながら降りてきて、最前列にどっかりと座ったものだった。
 勿論彼が斉藤茂吉の息子であることは学生も教授も知っていた。

2.あるとき担当教授が学生達を自宅に集めて食事を振舞った。
 敗戦直後の食糧不足の時代ゆえ、たいした物が出なくても
 学生たちは喜んで料理を平らげた。
 ところが一人、料理にほとんど箸をつけない学生がいた。
 斉藤氏である。
 おそらく有名歌人で東京の有力医院長の息子なのだろうから
 幼少時代から美味い飯を食っていて、田舎料理は口に合わなかったのでは。

いま、この記事を書きながら気が付きました。
北氏は自分の事を「躁うつ病」と診断していましたが、
1.の豪胆さは躁状態の時 2.は「うつ」状態の時の状態だったのでは。
いくら田舎料理でも食料不足時代にあまり好き嫌いはいえなかったはず。
「うつ」で食欲が無い時期だったと考える方が理解しやすいです。
北氏が自らを「躁うつ病」というのは後年の作家時代ですが
症候は若き日から現れていたのかもしれません。

秋深し煮込み蒟蒻醤油色
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する