進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

こんな映画を観た「ヒトラー最後の12日間」

ベルリンでヒトラーが自決するまでの経緯を描いた映画は
これまでも単独もの、大作の一部で描いたものを含めればそれなりに
日本でも公開・ソフト化されており、マスターも数作を観ています。

この映画も日本公開時より見たかったのですが、
このほどレンタルで鑑賞いたしました。

「ヒトラー最後の日々」物は生き残りの証言者、脚色によりますが大同小異です。
今回は女性秘書の視点・ドイツで製作されたことが目新しいでしょうか。

軍装・作法などはやはり「本国」での製作であり考証がよくなされているのは
外国人であるマスターも容易に感じました。

ベルリン陥落モノの本に必ず出てくる「少年兵と老兵が並んでパンツアーファースト
を塹壕で構えている写真」を元にしたであろうエピソードは
軍事・第三帝国オタクにとっては面白いでしょう。
少年の両親か祖父母かDVD版では良くわかりませんが、彼らが
ナチス政権奪取前には共産党員か支持者であったエピソード
(それ故に彼らはベルリン陥落直前に親衛隊に殺害される。)は、
ナチス政権奪取まで、ドイツは共産党とナチスの勢力が拮抗していた
のを頭に入れておけばより理解できます。

ヒトラーが最後に撮影されたユーゲントたちへの叙勲シーンも再現されています。

ベルリン市内に追い詰められたドイツ軍将兵が
酒色に耽るシーンは事実ではないようですが、映画のモチーフ上効果的です。

個人的には以前ビデオでみた、ヒトラーの警護兵と官邸のエアコン・電気係の
視点からみた映画の方が全体的な出来は良かったように思えます。

またしても雨の週末銀杏濡れ



ヒトラー~最期の12日間~スタンダード・エディション [DVD]ヒトラー~最期の12日間~スタンダード・エディション [DVD]
(2006/11/10)
ブルーノ・ガンツ、アレクサンドラ・マリア・ララ 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する