進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

2000円札使用可の券売機があるシロクマカレー

二千円札サーチをしていたら、某氏のブログで
「シロクマカレーという店で二千円札が使える券売機を発見。意味がない。」
というコメントを見かけた。
該当店のサイトを見ると三軒茶屋らしい。
たまたまそちらの方面に用事ができたので、券売機のチェックがてら食べに出かけた。

久しぶりの三茶。場所がわからない。次に用事が控えているので焦る。
見つけてみれば何でもない。世田谷通りの分岐点脇の「すずらん通り」という
マスターが入り浸りそうな飲食店が集中している小路の入り口である。
土地勘があればすぐわかるロケーション。隣は「餃子の王将」。
2012021911280000.jpg
店内はカウンター席のみ。13時過ぎだがほとんど客で埋まっていた。
券売機はなさそうだ。ガセネタか。
牛筋カレーとトッピングでほうれん草を頼む。

よくあるカレー店のように、ルーの上に無造作にほうれん草が
置かれているのかと思ったら、
ルーと一緒に煮込んで出てきた。
一人ずつルーを小型フライパンで温めているようだ。
だからこういう小技ができるのだろう。

ルーの味はマイルドで旨味がしみていて合格点である。
ルーが美味しいので、ご飯の方が少し残ってしまった。
もう少しルーを増やしてほしい。
辛みが足りなければ、カウンター上の辛み油をかけるようだ。

ピッチャーの水はレモンを浮かしている。
スプーンの匙部分は紙ナプキンで包まれている。
薬味は自分で取る形式。福神漬けか。

一見細かいところにこだわりを見せているが、
BGMが経費削減のためかFMなのは興ざめ。
店内もやや雑然とした雰囲気である。
トータルでの細やかな気遣いが欲しい。

支払いは券売機でなく入口のレジであった。
700円程度だったので小銭で支払う。
入口に辛み油の小袋、割引券、丸めたカレンダーが置いてあったのでいただく。
帰宅後、カレンダーを開く。
2012021909180000.jpg
なぜか紙が粘着して上手く開けず使い物にならない。
こういうところの細やかさが欲しい。
スタッフは客視線で、店のサービスチェックをしているのだろうか。
ルーは美味しいので残念である。

肝心の券売機だが、もう一度該当ブログを見たところ、
大阪の長堀橋店のようである。カレー一杯で大阪まではちょっとね。

※ちなみに店のサイトも一年近く更新していない。
 三茶の店しか書いてないので勘違いをしたのである。
 いくら味覚本位でも、こういうところで店のイメージが評価されると思うので
 本部はもっと気遣いを考えてほしい。

今年から春が来るのがつらくなる



関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する