進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

西丸震哉氏死去

「41歳寿命説」など一般の人にも知られていた
登山家の西丸震哉氏が5月24に死去された。


西丸氏の業績を展示している長野県大町の「西丸震哉記念館」の
ホームページで発表されたのが6月26日である。

登山や食品問題について多くの著作があり、
マスコミも記事やインタビューが多く出ていたのにもかかわらず
死亡記事・追悼記事は日本山岳会のページに連絡事項扱いで
載ってるのを確認できたに過ぎない。

おそらく西丸氏の「遺志」で
徹底して記事の掲載を遠慮しているのではないかと思われる。

「1959年以降に出生した日本人は、食品が汚染・加工されているので
41歳までしか生きられない。」という「寿命説」は発表当時
センセーションを引き起こしました。

マスターなどまさに「1959年以降」に引っかかっているので
もしやと思いましたが、幸い今に至るまで元気です。

他にも登山関係のユニークなエッセイを残しています。
マスターも何冊かは読みました。過去記事で触れています。

死因など不明ですが、1923年生まれと高齢ゆえ大往生だったと思います。

改めてご冥福をお祈りいたします。


盂蘭盆やなつかしき人の訃報しる



関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する